X(旧Twitter)広告の費用相場はいくら?広告の種類・コスト計算方法・出稿のメリットが丸わかり

※本サイト・記事にはPRが含まれています
Twitter広告の相場はいくらくらい?

Twitterは拡散性に強みがあるSNSです。利用者数も2022年現在では5000万人を超えていると言われ、多くのユーザーに広告を表示させることで、認知拡大につなげることが可能です。

企業としてTwitter広告を活用している事例は数えきれないほど多く、B to Cビジネスを展開する企業はもちろんのこと、B to B領域でも上手に活用している企業も少なくありません。

ポイントを押さえて出稿することで、コストパフォーマンスが高い認知拡大・契約獲得につなげるポテンシャルを秘めているのがTwitter広告なのです。

この記事ではTwitter広告の特徴や種類について、初心者にも分かりやすく解説しています。

最後まで読んでいただくことで、Twitter広告を活用して自社のサービスや商品を、多くの人に届けることができるでしょう。

■あわせて読みたい:
>> Twitterのアカウントの作成方法│手順~注意点を解説【初心者でも簡単にできる】
>> Twitterのフォロワー分析が丸わかり|分析方法やおすすめツールを解説

Twitterでは、タイムラインや検索結果に広告を出稿できる

"Twitter広告"とは、その名の通りTwitterを活用して広告を出すサービスのことです。主にTwitterの"タイムライン"や"検索結果"等に、広告を出すことができるようになっています。

Twitterは世界中で使われている代表的なSNSの一つであり、月間のアクティブユーザーは2019年の時点で約3.3億人だといわれています。

Twitter市場の大多数を占めているのはアメリカですが、その次に多いのが日本になります。市場規模が大きいからこそ、Twitter広告を活用することで多くの人にリーチさせることが可能という訳です。

また、Twitterではさまざまな機能が毎年実装されていますが、基本的に先行してテストされるのはアメリカと日本です。広告機能に関しても新しい機能が実装されると、世界中で日本が先行して活用することができる、というメリットがあります。

Twitter広告の種類

  1. プロモツイート
  2. プロモアカウント
  3. プロモトレンド

Twitter広告の種類としては、主に3つに分けられます。

中でも一番目にすることが多いのは、プロモツイートではないでしょうか。

タイムライン等に気軽に流れてくるプロモツイート等には、必ず「Promoted(プロモーション)」と記載されているのが特徴です。

プロモツイート

"プロモツイート"は、主にタイムラインへの広告表示を意図した広告です。

実際にはタイムライン以外にも、プロモトレンドの検索結果やアカウントのプロフィールにも、広告が表示されるようになっています。

また、プロモツイートは通常のツイートと比較して、投稿画面の左下に必ず「プロモーション」という文字が表示されます。

通常のツイート同様にいいねやリツイート、コメント等ができるようになっているため、ユーザーとコミュニケーションを取ることも可能です。

プロモアカウント

"プロモアカウント"は、現在フォローしていないユーザーに向けて、「おすすめユーザー」として表示させる広告です。

広告の狙いとしては、フォロワーを効率的に増やすことが挙げられます。

タイムライン以外にも、Twitter機能のあらゆる場所に広告が表示されるため、費用対効果は高いといえます。

プロモトレンド

"プロモトレンド"は、その名の通りトレンドに指定したハッシュタグで、表示させる広告です。

キーワード検索した際にも広告表示されるようになっており、ユーザーが広告ハッシュタグを利用することで、認知度を上げる狙いがあります。

また、プロモトレンドには、「プロモーション」というタグが付きますので、すぐに見分けられます。

Twitter広告の入札方法

  1. 自動入札
  2. 上限入札単価
  3. 目標入札単価

Twitter広告の入札方法には、主に3つの種類があります。

基本的にはどれも"オークション形式"を採用しており、選んだ入札の種類によって広告費用が異なりますので注意しましょう。

自動入札

"自動入札"は、広告主が入札額を設定する必要がなく、あらかじめ指定した予算内で自動的に入札額が最適化される方法です。

面倒な入札額の設定がない分、初心者でも気軽にTwitter広告が打てる、というメリットがあります。

注意点としては、手動の方が費用対効果が高いということも多々ありますので、検証が必ず必要です。

上限入札単価

"上限入札単価"は、実際に支払う金額の上限をあらかじめ決めておく入札方法です。

上限を最初に決めておくことで、設定した金額以上の課金がされることはありません。

予想外の広告費用がかかる心配がないのが大きなメリットですが、金額を低く設定しすぎると落札されなくなるため、注意が必要です。

目標入札単価

"目標入札単価"は、1日の中で発生した単価の平均額が、指定した目標単価になるように最適化してくれる入札方法です。

例えば、目標単価を1,000円に設定しておくと、平均単価1,000円でコンバージョンを最大取得できるように、システムが自動調整してくれます。

目標入札単価は、入札額の上限を決めないため、高い確率で広告が出せるという点が大きなメリットです。

しかし、目標単価の設定が低過ぎると、平均単価も比例して低くなり、なかなか入札できなくなることがありますので注意しましょう。

>> Twitter運用ツールの決定版「SocialDog」の詳細はこちら

Twitter広告の費用計算方法

Twitter広告の費用に関しては、自身で計算する必要があります。

具体的なTwitter広告費用の計算方法としては、主に4つです。

  1. 広告費の予算から計算する
  2. リーチしたい人数から逆算する
  3. 損益分岐点から計算する
  4. 目標売上から計算する

自身がどのような目的でTwitter広告を活用するのかによって、計算方法が異なるため、まずは利用目的を明確に定めることが先決です。

また、以下のような計算を行えば、Twitter広告費用を簡単に割り出すことができます。

  • 目標:10,000人にリーチする
  • 広告出稿金額:1クリックあたり50円
  • 予算:500,000円

実際にTwitter広告を出す際には、費用対効果を計測しながら、取り組むようにしましょう。

Twitter広告の費用相場

  • プロモツイート:エンゲージメント達成ごとに40円〜80円
  • プロモアカウント:フォロワー1人獲得につき40円〜100円
  • プロモトレンド:価格は240万円ほど(※ あらかじめ金額が設定されており、24時間限定でトレンド欄に表示される)

上記のTwitter広告の費用相場は、あくまでも目安です。

オークション形式なので常に価格が変動しており、実際には具体的な費用相場を算出することはできません。

また、プロモトレンドに関しては、他の種類とは異なり24時間限定なので、特徴を考慮した上で検討するようにしてください。

詳しいTwitter広告料金の詳細に関しては、公式サイトの「Twitter広告の料金」をご確認ください。

Twitter広告の費用対効果は?

Twitter広告は他のSNSよりも拡散力に優れており、二次拡散が狙えるため非常に費用対効果が高いといえます。

Twitterには"リツイート"と呼ばれる機能があるため、一度リツイートされるとそのアカウントが抱えているフォロワー全てに、リーチさせることができます。

また、"引用リツイート"と呼ばれるコメントを付けてリツイートする機能も拡散性があるため、二次拡散としては期待大です。

その他、2017年からはTwitter上で"いいね"を押したツイートが、そのアカウントのタイムラインにも表示されるようになりました。

そのため、Twitter広告にいいねが付くだけでも、二次拡散が狙えるようになったということです。

>> Twitterのインプレッション数とは?確認方法・分析ツール・増やし方を解説

Twitter広告のやり方

Twitter広告を実際に行う際には、広告用アカウントが必要になります。

すでに広告を出すためのアカウントを持っている場合は、「キャンペーン成作ツール」を活用することで広告が出せます。

Twitter広告の目的に合わせて、さまざまな細かい設定ができるようになっているため、ご自身の目的に合わせて広告出稿してみてください。

目的を選択して最適な出稿を

Twitter広告活用のコツ

  1. 目的と広告費の発生ポイントを明確にする
  2. 効果測定を定期的に行う
  3. ターゲットを明確にする
  4. 適切な予算・入札額で広告を出す

Twitter広告を活用する上でのコツは、大きく分けて4つ挙げられます。

中でも、定期的に効果測定を行うことは、決して忘れないようにしましょう。

ただ単に広告を流すだけでは、費用がかかりすぎてしまいます。どのくらいの効果が出ているのかを測定し、検証しましょう。

目的と広告費の発生ポイントを明確にする

Twitter広告を行う前にまずは、しっかりと広告を行う目的を決めることが大切です。

キャンペーン成作ツール」では、最初に広告の目的を設定する画面が表示されます。

広告の目的に合わせて、どのような広告の種類を出すのかが分かれてくる上に、どのような人に広告を届けたいのかにも影響します。

また、広告の目的が変われば広告費の発生ポイントも変わってくるため、その点も注意が必要です。

例えば、目的が「フォロワーを増やすこと」であれば、Twitter広告費はフォロワーが増えるごとに発生します。

このように目的に合わせて広告費の発生ポイントも変化しますので、必ず覚えておきましょう。

効果測定を定期的に行う

Twitter広告を出すのであれば、必ず定期的に効果測定を行うようにしましょう。Twitterの公式ツールからデータをエクスポートして、エクセルやスプレッドシートでデータ蓄積・分析をおこなうと効果的です。

効果測定を行うことで、どのくらいの成果が出ているのかを、ハッキリと把握することができます。

ただ単に広告を流すだけでは、全く意味がありません。データを確認しながらPDCAを回すことで、より大きな費用対効果を得られるよう努めましょう。

あわせて読みたい

ターゲットを明確にする

日本ではLINEの次に、利用者が多いとされているTwitterですが、中でも10代から20代の利用者が全体の過半数以上を占めています。

そのため、Twitter広告を活用する際には、若い年齢層をターゲットとして、戦略を立てることをおすすめします。

また、ターゲットを定める際には、できるだけ届けたい相手の特徴を明確にすることで、費用対効果を高めることができるでしょう。

適切な予算・入札額で広告を出す

Twitter広告を初めて出す方は、最初はどのくらいの予算をかければ良いのか分からないことが多いです。

そのため、初期は低予算で試験的に検証を行いつつ、データ分析に時間をかけながら改善していくことをおすすめします。

最初から大きく予算をかけてしまうと、無駄な費用になりかねませんので、くれぐれも注意してください。

Twitter広告まとめ

Twitterは大変拡散力のある、魅力的なSNSの一つです。

上手くTwitter広告を活用することで、高い費用対効果を得られると共に、広告費の削減にも繋がることでしょう。

また、実際にTwitter広告を出す際には、必ず定期的に効果測定を行いながら、自身でも広告の最適化を行うようにしてください。

より多くの人にTwitter広告をリーチさせるために、最善を尽くしましょう。


Twitterのアカウント運用において不可欠なのが、データに基づいたPDCAの高速回転です。

SocialDog(ソーシャルドッグ)国産ならではの分かりやすい画面UIと豊富な機能、問い合わせ対応の丁寧さなどで好評を集めています。

お客様とのコミュニケーションはファン獲得への近道であり、そういう意味でTwitterはうまくはまれば強力なビジネスツールになります。しかし漫然と運用していても大きな効果は見込めないうえ、「炎上」などのリスクも伴います。フォロワーの反応を適時分析し、良質な関係性を築いていくことが成功のポイントといえるでしょう。

SocialDogでは、「個人向け」と「企業向け」を想定したプランを用意しています。つまり、プライベート・ビジネスユースそれぞれに合ったプランを選択可能ということです。

これからTwitterアカウント運用管理をしっかりやっていきたい、そんな思いを抱いている人にはSocialDogの活用がおすすめです。

まずは、トライアルから始めてみましょう!

>> SocialDog(ソーシャルドッグ)

当サイトは第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、A8.net、もしもアフィリエイト、Linksahre、バリューコマース、afb、レントラックス、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト、Adobe アフィリエイト、Wix アフィリエイト、Coursera Affiliate Program)を利用し、紹介料などの収益を得ています。収益はサイト閲覧体験の改善費用やより有益な情報提供のための取材費用に使用されます。
  • この記事を書いた人

dice

Adobe製品のお得な買い方、スキルアップのためのオンライン学習プラットフォーム情報、デジタルマーケティングの基礎知識など、大人の学びに役立つ情報を発信していきます。コストパフォーマンス高いスキルアップ・リスキリングのお供に。

人気記事

デジハリでAdobeCCを安く購入する方法 1

デザインや動画編集などのクリエイティブな作業に必要不可欠なAdobe Creative Cloud (以下、AdobeCCと略します)を契約すると、IllustratorやPhotoshopなど複数の ...

Courseraの認定証・修了証明書に意味はある?転職・就活に役立つ?メリットやオススメ講座を解説 2

世界最高峰の企業や大学が講座を提供していることで知られている「Coursera(コーセラ)」。 専門講座やプロフェッショナル認定を受講すると、就職・転職に効力を発揮する修了証明書や認定証を取得すること ...

複数のノートパソコンがデスクの上にある 3

リモートワークが一般的になってきて、会社以外の場所で仕事を行うことが増えた人も多いのではないでしょうか。 会社や自宅のパソコンで契約しているAdobeのライセンスを、その他のデバイス(パソコンやタブレ ...

AdobeXDのスタータープランは無くなった?誤報です!正攻法でダウンロードする方法を解説 4

Adobe XD の無料版が使えなくなる? そんな噂を聞きつけて慌てて検索している方に朗報です。Adobe XD はまだまだ無料で使い続けられます! とはいえ、従来のように無料で使い続けることができな ...

コーセラ(Coursera)とは?特徴や料金、登録方法までわかりやすく解説 修正 5

世界の有名大学の教員による授業や有名企業のスタッフによる講座をオンラインで受講できるサービスとして、社会人や大学生に注目されているMOOCs(ムークス)。   その中でも圧倒的規模を誇る、教育プラット ...

-X(旧Twitter), デジタルマーケティング
-