コラム

 公開日: 2016-01-04 

2016年始動

あけましておめでとうございます。
旧年中は皆様には格別のお引き立てをいただき素晴らしい一年となりました。
本年一年間もどうぞ吉源工務店を宜しくお願いします。


吉源工務店では、世間より一足早く今日より営業しております。

「一年の計は元旦にあり」

吉源工務店は今年はとにかく計画を立てます。
そして実行します。



今朝から吉源工務店内での話題はもっぱらお正月何して遊んだ!?
こればかりですね。
吉源工務店は12月30日~1月3日の5日間お休みをいただきました。
この間、私もよく遊んだ!
糸島に行って牡蠣小屋に行ったり、カウントダウンに行ったり、意外によかったのが北山ダムのアスレチックここは無料だし子供はとにかくはしゃぐはしゃぐ!
新年あけては、初詣に近所の高宮八幡にいきました!
おみくじを引いたところなんと「凶」が出てしまいました。
ちょっとがっかりでした。。。



子供たちの笑顔だけでありがたいことです。

この子のこともそう、社員さんや係わるいろんな方のお子さんもたくさんの可能性がある。
それを考えたら頑張るしかないですね。



そういえば新聞にこんな記事がありました。「今後の政治は、若い人対高齢者になる。」可能性があるという話です。
お正月の間に少し考えていたのですが、選挙権が18歳からになります。
私たちは所得の40パーセント近く税金を払っていますが、この税金、若い人に使われれいるのは、ほんの数パーセントです。使える税金のほとんどはお年寄りの医療費や社会保険になっています。
もし若い人が支持する議員が増え、若世代に使う税金が増えれば、社会はとんでもない変化があるかもしれない。。。
それも私たちが作るかもしれない可能性ですね。



毎年、飯盛神社に祈願に行っておりましたが、今年から紅葉神社にしました。
ここが一番近かったのになんで今まで行かなかったんだろう?
習慣って怖いですね。

ここで、おみくじを引いたところ大吉でした!


本日も年初めより長い文をお読みいただきありがとうございます。
本年もがんがん頑張ってまいりますので応援よろしくお願いします。

この記事を書いたプロ

株式会社 吉源工務店 [ホームページ]

一級建築士 庄野崎源太

福岡県福岡市城南区荒江1-35-6 Uハイムマツマル1F [地図]
TEL:092-844-0564

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
庄野崎社長1

口コミで仕事が繋がる、丁寧・真摯な注文住宅の工務店(1/3)

吉源工務店には、注文住宅に関するだけでも、年間400件もの問合せがあります。大手ハウスメーカーや地元の小さいところまで合わせると、星の数ほどある工務店の中から、吉源工務店が選ばれる理由は何でしょうか。もちろん注文住宅の自由度やローコスト、外...

庄野崎源太プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

吉源工務店の家への考え方 

会社名 : 株式会社 吉源工務店
住所 : 福岡県福岡市城南区荒江1-35-6 Uハイムマツマル1F [地図]
TEL : 092-844-0564

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

092-844-0564

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

庄野崎源太(しょうのざきげんた)

株式会社 吉源工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
10月なのに?!
イメージ

また、台風が来るという天気予報になっています。。。しかも猛烈な勢いだということ。沖縄ではすごいことにな...

慰安旅行に!
イメージ

吉源工務店は社員で行う行事と吉源工務店の仕事を協力していただく協力会社さんの懇親深めるための吉源会という協...

久しぶりの天気!
イメージ

台風も去って久しぶりの天気!今日は新宮で1棟上棟していますが、この日に合わせたように良い天気です。大...

2016 アジェンダ
イメージ

毎年ですが、1年前の今頃から年末にかけ、つぎの年の吉源工務店の指針となるアジェンダを作成します。アジェン...

また、台風。
イメージ

数日前から、当社の工務が台風、台風とあわてて言っております。今年も2度目?3度目?台風の時期ですね。。。...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ