コラム

 公開日: 2012-07-29  最終更新日: 2014-08-01

企画設営研修

当社新入社員さんの最大の課題。今年24年生も昨日、企画設営研修をしていただきました。








今年は、田北君がリーダーをやってくれました。

企画の内容は、今まで吉源工務店を頑張ってくれた、3年目になる柴田君と坂田さんをお祝いするという趣旨の物でした。


本当は、先月開催予定でしたが、なかなか、良い企画が生まれず、また、話し合いが進まず。昨日やっとこのイベントが開催にこぎつけました。


私は、よくわかってなかったけど、24年生よくまとまっていたな!
だからですが、よいできになっていた。

本人達も満足したんじゃないかと思う。
(まあ、100パーセントじゃないから、反省も必要ですが。)

田北君、みんなをなかなかまとめられず、苦しかった2ヶ月だったと思う。
その苦しい中にまとめあげたからこそ田北君、成長したと思う!


指導したのは、去年の進入社員の小松君達。この指導を通して彼らもまた一回り成長した。
特に、小松君は大きくなった!







柴田君と坂田さんもう3年目なんです。

坂田さんの最初の印象は、なんか、ふわっとして会社を続けてくれるんだろうか?と思ってたけど、これがなかなか、見た目じゃわからないけど、よく頑張る子で、片付けもピシーッとしてるし、事務所内のことであれば、どこになにがあるかなど、だいたいわかるようになってくれた。
図面も、的確で早い!!

出来る人になってくれた!!!


柴田君の最初印象は、笑顔はいいけど、仕事は、全然という感じでした。
ただ、秘めたるものというか、夢があったんじゃないかな。
仕事は、なかなか覚えれず、怒られ当初は苦しんでた。
でも、小松君など、後輩が入るにつれどんどん頑張った。
それにほんと、真面目です。


後輩の小松君や堀君もすごい頼る
いい男になった!!



職人さんたちと話してたら、

「吉源は、活気があって楽しい。」

と言ってくれてました。

そういうのって嬉しいですよね。







いつもお読み頂きありがとうございます。
今後もがんがん頑張りますので、応援お願いします!





この記事を書いたプロ

株式会社 吉源工務店 [ホームページ]

一級建築士 庄野崎源太

福岡県福岡市城南区荒江1-35-6 Uハイムマツマル1F [地図]
TEL:092-844-0564

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
庄野崎社長1

口コミで仕事が繋がる、丁寧・真摯な注文住宅の工務店(1/3)

吉源工務店には、注文住宅に関するだけでも、年間400件もの問合せがあります。大手ハウスメーカーや地元の小さいところまで合わせると、星の数ほどある工務店の中から、吉源工務店が選ばれる理由は何でしょうか。もちろん注文住宅の自由度やローコスト、外...

庄野崎源太プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

吉源工務店の家への考え方 

会社名 : 株式会社 吉源工務店
住所 : 福岡県福岡市城南区荒江1-35-6 Uハイムマツマル1F [地図]
TEL : 092-844-0564

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

092-844-0564

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

庄野崎源太(しょうのざきげんた)

株式会社 吉源工務店

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
7月22日、23日は完成見学会!
イメージ

蒸し暑い!現場に行けばみんな汗びっしょり 私も汗だくですが笑えます。現場は不快指数が高い! 涙ま...

体育の日
イメージ

今日は、荒江にいますが、駐車場が満杯。近所で体育祭があってるんでしょう。体育祭もよく考えれば、学校もあ...

声が。。
イメージ

10月になりました。気持ちのいい季節になりましたね。ただ、自分事ですが、ここ数日、声がかれています。 涙...

衆院選挙!
イメージ

先日ある市議会員の先生と飲んでる時に、先生が「今回の選挙は〇木先生が厳しい。」「先生は何も悪くないが、...

休みが多い!
イメージ

最近休みが多くないですか?先週は、祭日が2日もありました。これでも、日本は働きすぎなんでしょうか?!不...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ