プロTOP:山内督雄プロのご紹介

窓から見直す省エネルギー(1/3)

山内督雄 やまうちただお

夏の猛暑対策はコレで決まり!

 昨今は、地球温暖化のためか、夏の暑さは年々厳しくなっていて、室内にいても高齢者が熱中症で倒れるといったことがあるほど。一方で、最近は夏でもエアコンの温度を高めに設定するなど、厳しい省エネが求められています。そこで注目なのが、窓からの熱の流入を防いで冷房の効率を高めるガラスコーティングです。

 「夏の暑さは60%が窓から入ってくるんですよ」と話すのは、全国住宅火災防止協会(ZEST)の九州事業部でもある「山内吹付」の代表・山内督雄さん。防火・防水や遮熱・断熱などのために建物を塗装・コーティングするプロです。「窓ガラスを特殊塗料でコーティングすることで、窓から入ってくる熱を抑えるんです」。山内さんが常務理事を務めるZESTでは、特殊金属幕を形成するガラス用遮熱断熱塗料「クリアルマイサニーKO」を使った窓ガラスのコーティングを推進しており、これによってガラスの透明度を損なうことなく日射の中の赤外線を60〜80%カット。その結果、室内の温度上昇を2~5℃ほど抑え、夏場の消費電力の50%を占めるエアコンの使用量を20%程度減らすことができるといいます。

 これだけの遮熱効果がありながら、可視光透過率は85%もあり、室内はほとんど暗くなりません。左の写真は同社の事務所前で撮影したもので、後ろにある扉のガラスは比較のために右はコーティング済み、左コーティングしていません。写真では分かりにくいかもしれませんが、実際に現場で見比べてみても、ほとんど違いが分かりませんでした。

<次ページへ続く>

【次ページ】 暑さだけでなく、紫外線や寒さもカット

山内督雄プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

窓ガラスの遮熱コーティングで冷暖房の効率化による省エネを実現

会社名 : 山内吹付有限会社
住所 : 福岡県北九州市小倉南区中吉田3−12-13 [地図]
TEL : 093-475-0115

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

093-475-0115

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

山内督雄(やまうちただお)

山内吹付有限会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ