コラム

 公開日: 2016-04-18 

熊本・大分の地震で被災された皆様へ

 この度の地震で被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。
 皆様のご無事と、1日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。
 
 災害によりご自宅に損害を受けたり、その修繕費用などを支払った場合には、税において各種の軽減措置がございます。
 今はそれどころでは無いと拝察致しますが、今後のご参考までにご概要をご紹介致します。

 なお、本件に関しましてメールにてお問合せをいただければ、無料にて対応させていただきます。
 税理士として、微力ながら皆様の復興のお手伝いができれば幸いです。


1.税の軽減措置
 下記(1)か(2)のうち有利なものを選択することができます。

 (1) 雑損控除
   以下のような損害額は、「雑損控除」として税金の対象となる所得から控除することができます。
   ・ 住宅や家財などについて受けた損失額
   ・ 災害により損壊した住宅や家財などの取り壊し費用、除去費用など
   ・ 災害により住宅や家財が損壊した場合で、災害のやんだ日の翌日から原則として1年以内に支払った、
    ① 土砂等の障害物の除去費用
    ② 住宅や家財などの現状回復費用(損失額を除く。)
    ③ 住宅や家財などの損壊を防止するための費用
     など。
   ・ 災害により住宅や家財などにつき現に被害が生じ、又はまさに被害が生ずるおそれがあると見込まれる場合で、災害の拡大又は発生を防止するために支出した金額

 (2) 所得税の減免
   災害によって住宅や家財に損害を受けたときは、災害減免法により所得税が軽減免除されます。
   災害のあった年分の所得金額が1,000万円以下の方で、震災によって受けた損害額が住宅又は家財の2分の1以上で、
   かつ、雑損控除の適用を受けない場合は、所得金額に応じて所得税額が軽減免除されます。
 
   具体的には、所得金額が500万円以下の方は所得税の全額が免除され、
   所得金額が500万円を超え750万円以下の方は所得税額の2分の1が、
   所得金額が750万円を超え1,000万円以下の方は所得税額の4分の1が、軽減されます。

2.給与所得者、公的年金受給者が災害を受けたときの源泉所得税の徴収猶予・還付
  災害を受けた給与所得者、公的年金受給者の方の災害による損害金額が、住宅又は家財の価額の2分の1以上で、
  かつ、その年分の所得金額の見積額が1,000万円以下である場合には、
  所得金額の見積額に応じて、源泉所得税(復興特別所得税を含む。以下同じ。)の全部又は一部について徴収猶予や還付を受けることができます。

  また、災害による住宅や家財の損害金額がこれらの価額の2分の1未満、又は、その年の所得金額の合計額が1,000万円を超える場合で、
  災害による損害金額について雑損控除の適用が受けられると認められるときには、徴収猶予限度額に達するまでの金額について、
  源泉所得税の徴収猶予を受けることができます。
 
  なお、徴収猶予や還付を受けようとする方は、給与又は公的年金等の支払者を経由して、
  災害を受けた方の納税地の所轄税務署長
  (還付を受けようとする方は直接納税地の所轄税務署長)に
  「源泉所得税及び復興特別所得税の徴収猶予・還付申請書」等の書類を提出する必要があります。

3.その他
  上記のほかに、
  (1) 申告・納付期限の延長(←今月や来月が申告期限の法人様)
  (2) 個人の予定納税の減額申請
  (3) 納税の猶予等
  など、申告手続きや納税に関しての猶予措置もございます。


 詳細につきましては、国税庁HP【災害を受けたら】もご覧下さいませ。


 皆様のご無事と1日も早い復興を、重ねてお祈り申し上げます。

福岡の武久税理士事務所
http://takehisa-office.com/
税理士 武久 国壽

この記事を書いたプロ

武久税理士事務所 [ホームページ]

税理士 武久国壽

福岡県福岡市中央区六本松3-11-25 谷口ビル403 [地図]
TEL:092-717-7050

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
クラウド会計

 クラウド会計ソフト freee(フリー)。 この度、これまでの実績が認められ、単なる「認定」から「上級」アドバイザーへと昇格致しました! 税理士事務所はど...

 
このプロの紹介記事
武久国壽 たけひさくにとし

悩める孤独な経営者と二人三脚で、未来ビジョンを形にしていきたい(1/3)

 生まれも育ちも福岡で、応援する球団もソフトバンクホークス、根っから九州男児の武久国壽さん。184cmの長身と清潔感溢れるルックスが印象的な新進気鋭の税理士です。地元の西南学院大学に在学していた頃、「将来は、大好きな旅行関係の仕事に就きたい...

武久国壽プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

クラウド会計に強い!起業と経営のコンサルタント税理士。

事務所名 : 武久税理士事務所
住所 : 福岡県福岡市中央区六本松3-11-25 谷口ビル403 [地図]
TEL : 092-717-7050

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

092-717-7050

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

武久国壽(たけひさくにとし)

武久税理士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
クラウド会計ソフト「freee(フリー)」の取材を受けました。

 クラウド会計ソフト「freee(フリー)」の認定アドバイザーとして、freee㈱様から取材を受けました。 ぜひ...

[ 税務・会計 ]

熊本・大分の地震に関して義援金や寄付金を支払う方へ

 今回の熊本・大分の地震に関して義援金や寄付金を支払う方のために、熊本国税局より、 【義援金に関する税...

[ 税務・会計 ]

個人事業主が開業届を出すメリットとは?

 個人で事業を開始した場合、税務署へ初めに提出するのが「開業届」です。 この「開業届」は、開業後1ヶ月...

[ 起業・開業・独立 ]

ありそうで無かった『小規模企業白書』

 個人事業主や家族経営の会社にスポットをあてた『小規模企業白書』。 実は、今回が初の刊行です。 『...

[ 経営 ]

DREAM GATE(ドリームゲート)
イメージ

 起業・会社設立を支援するポータルサイト「DREAM GATE」。 起業に役立つノウハウや事例、方法など...

[ 起業・開業・独立 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ