コラム

 公開日: 2014-07-03  最終更新日: 2014-08-01

習字道具 ~下敷きについて~

子供たちと書道を楽しく学んでいる幸山緑風です。

今回は習字の道具の中でも、あまり皆さんが重視していないと思いますが、
下敷きについてです。

下敷きは習字を書くときに必要な大切な道具です。

下敷きには、「フェルト下敷き」と「ラシャ下敷き」があります。
今は手軽な習字セットには、ラシャかフェルトにビニールが貼ってあるものがありますが、
これは、少し書きにくいと思います。

「フェルト製」は羊の毛を集めて作ってあり、シワがつきやすく、洗濯は出来ません。

「ラシャ製」は羊の毛を織って作ってあり、耐久性があり、シワになりにくく、洗濯も出来ます。(手洗い)

教室では、ラシャ下敷きを使用しています。



私の考えとしては、どちらでも良いのですが、たたみ方というか、しまい方が大事だということです。
とにかく折れ線がつくと、凸凹して、とても書きにくいのです。

折りたたんで、セットの中にいれるのではなく、くるくると巻いて、入れるのが、1番良いと思います。
ラシャ下敷きの習字セットはシワにならないので、2つ折りにしているものもありますが、巻いておくのが、1番良いと思います。

きれいな平らな下敷きで書くのと、凸凹している下敷きで書くのは、大違いです。

筆や半紙も大切ですが、1度お子さんのセットの中の下敷きを確認してみて欲しいと
思います。




幸山緑風習字教室 http://ryokufusyuji.com/

この記事を書いたプロ

幸山緑風習字教室 [ホームページ]

講師 幸山緑風

福岡県福岡市西区周船寺1丁目13-32 [地図]
TEL:080-3954-4083

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

5

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
イベント出張
イメージ

○ 墨遊び・はがき作り・1文字作品などのイベント出張承ります。    ☆うちわ作り・年賀状・ミニ色紙・短冊等を気軽に楽しく体験してもらいます。   ...

出張教室
イメージ

~出張教室~○幼稚園、保育園、保育施設、学童保育などに出張教室を行います。○硬筆 鉛筆の持ち方,書き順もしっかり指導し、字に興味を持ち、楽し...

 
このプロの紹介記事
幸山緑風 こうやまりょくふう

書に親しみ、自分らしく書くことを楽しんでほしい(1/3)

幸山緑風さんは、日本習字の師範として、福岡市西区に「幸山緑風習字教室」を構え、子ども達ひとり一人の顔を見ながら書道の楽しさを伝えています。 書道をはじめたのは3歳の頃。「従兄弟のお兄さんが通っていた書道教室に興味本位でついていったんです...

幸山緑風プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

子供達ひとりひとりの個性を大切にして書の楽しさを伝えます

会社名 : 幸山緑風習字教室
住所 : 福岡県福岡市西区周船寺1丁目13-32 [地図]
TEL : 080-3954-4083

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

080-3954-4083

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

幸山緑風(こうやまりょくふう)

幸山緑風習字教室

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
飲酒運転撲滅しよう!!  SDD全国こども書道コンクール
イメージ

今年も残り4週間となりました。1日1日を大切に丁寧に過ごしたい気持ちはいっぱいですが、毎日があっという間...

[ 生徒さんの作品 ]

新しい生徒さんの作品
イメージ

教室を移転して、2ヶ月以上経ち、ようやく落ち着きました。ここ2ヶ月でまたたくさんの子供さんが体験に来て...

[ 生徒さんの作品 ]

留守家庭子供会のみんなとうちわ作り
イメージ

子どもたちと書を楽しんでいる幸山緑風です。昨日が始業式だった生徒さんも多く、糸島市のみんなもあと少し...

[ イベント ]

教室移転のお知らせ
イメージ

 ~ 残暑お見舞い申し上げます~まだまだ暑い毎日が続いています。また、私の大好きな北海道では台風の被...

[ 教室移転 ]

2016 生徒さんのオリジナルうちわⅠ
イメージ

夏休みもみんな元気にお教室に来てくれています。普段の課題や、夏休みの自由研究に習字を選んで、一緒にお稽古...

[ 生徒さんの作品 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ