コラム

 公開日: 2016-02-14  最終更新日: 2016-02-15

歴史的出来事はITでも起きている。先の見えない時代、ITの現場からの現状報告

歴史的なニュースが相次ぐ

●今年、私たちは既にたくさんの歴史的な出来事に遭遇しています。

●先日は、アメリカが重力波の検出に成功したというニュースが飛び込んできました。世紀をまたぐ大発見です。

●その前には、ニュートリノで日本人がノーベル賞を受賞。

●経済では、マイナス金利導入という日本の金融史上、歴史的な出来事を目撃することとなりました。

●このように、教科書にも掲載されるような出来事を日々目撃し、体験しているわけですが、その時代に同時にいることは歴史の生き証人となるわけですから、何か非常に感慨深いものがあります。

ITでも、ついに"それ"は訪れた

●ITではGoogleがFlash広告を全面禁止にするというアナウンスが有りました。FlashがついにWebから消える第一歩となるわけですが、小さな一歩でも人類にとっては大きな一歩であり、これも世紀をまたいでの歴史的な出来事です。

●しばらくは続いていくと思われていた"Flash"ですが、やはりマルチプラットフォームという時代の趨勢には勝てませんでした。

●その意義としては、セキュリティー上の最大の懸念材料が激減できる他に、アクセシビリティーの向上があります。つまり、様々な端末で動作するマルチプラットフォームとして"HTML5"などによる標準化が進むことになり、Flashからの開放によるユーザビリティ向上の恩恵は計り知れません。

一巡したIT端末、次に来るものは?

●ITでは東芝、富士通、VAIOが事業統合に向けて動き始めました。これも、IT業界では歴史的な出来事と言ってもいいでしょう。この十年は、IT業界にとってはまさに「光陰矢のごとし」。もう何が起きても驚かないくらい今のIT業界は流動的です。

●パソコンはもとより、スマホ、タブレットもようやく需要は一巡し、販売台数も後退局面に入っているようです。特にスマホは、携帯電話の実質ゼロ円が総務省の指導で廃止になるなど、逆風が吹き始めています。

●しかし、最も懸念されるのは、一巡してしまった端末。何種類もの端末をゼロ円で手に入れたは良いけれどそれで一体何をするのか?つまりコンテンツが追いついていません。

●SNSもいつまでも飽きずにこのまま続くことは考えにくく、既に幾つかのサービスでは陰りが見え始めているようです。

●次のコンテンツやトレンドに何がやってくるのか、IT業界はこれからが正念場といった所。

先の見えない中、プラットフォームを活かすコンテンツはあるか?

●プリンターメーカーも転換を図り始めています。EPSONが大容量インクタンクを搭載したプリンタを投入してきました。これまでの非難轟々だったインク商法からの転換といえるのかどうかわかりませんが、何もしないよりはマシです。

●液晶というデバイスだけに依存した結果、今の状況となったSHARP。とにかくそれにのせるコンテンツとは何か?入れものづくりは得意でもそこに何を乗せるのか、これからはそこを問われているわけです。

●Intelは、10nmプロセス・ルールへの移行に大幅な遅れが生じているとアナウンスしています。これによりムーアの法則が成り立たなくなってきているということも言われ始めています。これは特にIoTに関わることでもあります。

●しかし次に来ると言われているIoT時代にふさわしいコンテンツがあるのかどうか、それは何か?模索する動きは既に始まっています。

九州インターワークス 注目のページ
「パソコンの常識、ウソ・ホント」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/truestorys.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。コラム[おそいWi...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ハードウェアに強く、短時間で的確な対応とアドバイスを提供

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
残業問題、コスト削減はまずIT端末の環境改善から始める
イメージ

 軽い動作の早いPC端末は都市伝説か? ●サポート対応で遭遇する数多くのパソコン端末。そのほとんどが動作が重...

Microsoftになりすましたフィッシングメールに注意 リンク先をクリックしてはいけません
イメージ

 文面は稚拙ですが注意が必要 ●MicrosoftのOffice認証に問題があるかのような以下のような内容のメールが出回...

[ 時事 ]

家庭または会社のPC端末を複数で共用して使う場合やっておくべき3つのこと
イメージ

 理想は一人一台 ●本来ならばパソコンなどの端末は「パーソナルコンピュータ」というその名が示すとおり個人一...

[ 情報 ]

ITサポートの現場からエンジニアが見た、聞いた、体験した今年2016年の3大ITニュース

 1.Windows10 無償アップグレード期間終了 ●Windows10の無償アップグレード期間が7月に終了しました。しかし...

[ 時事 ]

年末はパソコン・周辺機器も大掃除。電子機器の清掃、3つの注意点とは
イメージ

 電子機器の掃除は慎重に ●パソコンや周辺機器もトラブル防止のために1年に1回は大掃除したほうが良いのは言う...

[ 情報 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ