コラム

 公開日: 2016-02-04  最終更新日: 2016-02-17

どうする?Windows10への更新、サポートの事例でわかってきた実情と更新へのヒント

Windows10公開から半年、高まる完成度

●Windows10が公開されて半年以上になりました。Windows10は1年間に限ってWindows7/8.1から無償でアップグレードが可能ということで、早速導入された方も多いと思います。スムーズに移行が出来た方もおられるようですが、中には間違えて導入してしまった方や、導入したけれどもトラブルになった方など、関連したサポート依頼も多くその内容も様々です。

●画面にはしつこい位の更新への誘導表示が繰り返されるようになりました。あまりにうるさいので、根負けして導入に踏み切るべきかどうか真剣に悩んでおられる方も多いと思います。

●先日、MicrosoftはWindows10への更新優先度を格上げしました。これはいつでも更新できるようにOS側でファイルなどのダウンロードを行う・・ということのようです。これにより強制的に導入されるといった話がネットにあがっていますが、更新の選択はユーザー自身で判断して行うような仕組みとなっています。強制的に突然アップグレードされてしまうわけではないようです。

●そういった今のこのタイミングで、Windows10への更新はどうなのか、これまでのサポート事例からわかってきた実際の現状と対策、更新へのヒントなどを述べたいと思います。


※Windows10導入に成功したPC。Windows7初期型でも快適になる。

導入成功、導入不可がくっきりと分かれてしまう

●前振りではデバイスドライバ(制御ソフト)については問題が少ないとの話だったはずですが、実際にはアップグレードで様々な問題が起きています。

●まず、元環境が32bit OSだった場合、アップグレードしてもデバイスドライバがないという信じられないことがありました。それも、2年前のそう古くはない機種で起きています。また、もっと古いとなおさらで、メーカー製PCをアップグレードした場合、デバイスが独自仕様のものが多く、スペックを満たしているのに導入できないということもありました。

●特にノートPCではデバイスとソフトウェアが紐付けとなっているものや、デバイスそのものが機種専用の場合などでは、グラフィックスドライバが見つからずに表示に問題が残った例がありました。

●アプリケーションも対応しない場合も多く、やむなくWindows7へ戻す事になった事例も多数です。言われていたような導入の気軽さは誇大表現に近く、思ったよりWindows10の導入のハードルは高いようです。

●そんな中でWindows10の導入がうまく行って正常に稼働し、快適になった・・と喜んでいても、どうしても使いたいアプリケーションが動かず、泣く泣く以前のOSに戻さざるをえないという場合があります。こんな場合ほど悔しい物はありませんね。ハードウェアに振り回された後にソフトウェア対応にも問題・・という二段階の障壁になってしまうわけです。これはどうすることも出来ないのでしょうか?

デュアルブートでソフトウェアの問題を解決

●Windowsは"デュアルブート"と言って複数のOSを同じPC本体に導入することが出来ます。起動時にOS選択をして切り替え式で使用できるというものです。

●これならば、Windows10とその他のWindowsが1台のPCで使用可能になります。10で動かないソフトは以前のOSで使用できますのでWindows10導入を諦める必要はありません。


※起動時にどちらのOSので起動するか選択することができる。


※同じPCに2つのOSのを導入できるのが「デュアルブート」。これでソフトウェアの運用問題は解決。

●複数のOSを1台のPCに入れて大丈夫なのか?と思われるかもしれませんがデュアルブート自体には危険性や問題はほとんどありません。ただし、導入には専門的な知識が必要です。見様見真似でネットの情報を頼りに自分で行った場合、使用中のOSをパージしてしまう可能性があります。

●自分ではうまく出来そうにない、不安だという場合は決して無理をせず、専門家にご相談ください。

Windows10は導入がうまく行けばかなり快適なOS

●ちなみに、更新後不安定なWindows10は止まる、固まる等が頻発する傾向にあります。これは、不適合なアプリケーションやデバイスによるものと思われます。Windows10のメモリ管理やアクセス権限はセキュリティー上、より厳格になっていて、想定していないメモリアクセスに対しては敏感に反応するためと思われます。

●また、OS内の各種機能が使えなかったりするようです。しかし、導入に問題なかった場合は以前のOSと比較しても明らかにレスポンスが良く、完成されたOSとしての魅力は十分にあります。特にIEの動作には改善が見られますので、いつもネット表示でイライラしている方は更新で恩恵が得られるかもしれません。

●アップグレードする際に気をつけておきたいことが一つあります。トラブル回避のためセキュリティーソフトは一旦アンインストールしたほうが良いでしょう。

「Windows導入支援」
九州インターワークス
http://www.kumin.ne.jp/kiw/vista.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。●トラブル防止の為...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ハードウェアに強く、短時間で的確な対応とアドバイスを提供

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マイベストプロ福岡・佐賀セミナーでITセキュリティーの講師をさせていただきました
イメージ

 事業者のためのITセキュリティー講座 ●先日開催されたマイベストプロ福岡・佐賀セミナーで講師として「事業者...

[ 話題 ]

Windows10へ更新後、リカバリできない、リカバリに失敗する場合の原因と解決法とは
イメージ

 最近の機種は、今までの知識や復旧方法が使えない ●Windows8以降のOS搭載機では、BIOSがUEFI化されたものが大...

[ 事例 ]

機械がすぐに壊れてしまう、機械が言うことを聞かない原因と意外な事実
イメージ

 何かの仕業なのか? ●昔「グレムリン」という映画がありました。機械にいたずらをする西洋に伝わる妖精をヒン...

[ 情報 ]

ネットで利用請求画面表示が出て消えない、どうしたらいいのかその対処法
イメージ

 Web利用に詳しくない人を怖がらせ、従わせる手法 ●インターネットでいろんなページを閲覧中に、人の興味を引...

[ 情報 ]

おそいWindows7、更新失敗(アップデート失敗)問題、解決したようです
イメージ

 これで直った!Windows7の更新トラブル ●以前から問題となっていたWindows7のアップデートバグによるトラブル...

[ ノウハウ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ