コラム

 公開日: 2015-12-23  最終更新日: 2015-12-27

YouTubeで動画を見ていたらいきなり警告の表示が!どう対処すればいいの?

いまだに無くならない迷惑バナー・ソフト・点検ツール

●下記の表示は先日、あるユーザーの方のパソコンを診断している際にYouTubeの動画の中に表示されたものです。



●表示された場所は動画のウィンドウ内の広告欄。内容はあたかも警告を表示してくれているように見えて、実はこれ自身がマルウェアへの誘導元になってます。

絶対にクリックしてはいけません。

●しかし、なぜYouTubeというメジャーなWebサイトでこのようなインチキソフトへの誘導が表示されるのか、疑問ですね。運営側は何をやっているんだ、責任者でてこーい!と化石のようなギャグ(年がバレます)のひとつでも年末ですし言いたくもなりますよね。

●実際の被害数が膨大な数になっていても、ユーザーは報告自体を面倒だと思ったり、報告の方法がわからないので、実際の被害件数はカウントになかなか反映されず、矮小化される傾向にあります。そのため運営側の対応がスルーされる原因の一因になっているのです。以前も話題にしたように、この問題は多数の被害が実際に確認されなければ、広告出稿が拒否されにくいこと突いて行われているのが特徴。というよりも、そういうことをわかった上で確信犯的に行われる手法なんです。

以前のコラム
有料だから大丈夫?最近の悪徳商法、詐欺の手口とは

●特にITは広告収入という財源が最も重要視されていますので、運営側も薄々はわかっていても背に腹は変えられず、なんとなくスルーしているようなのです。

Microsoft表記について、問い合わせてみた

●以前、Microsoft Partnerという表記を伴った悪質なアドウェア被害が多発した際に、Microsoftのサポートへ電話で直接問い合わせたことが有ります。
「Microsoft Partnerという表示を併記して、このようなインチキどころかウイルス相当のソフトが出回っていることについて把握をしているのか?」
という問いを投げかけてみました。すると
「その事実関係は日本マイクロソフトにも報告が上がってきているから、把握はしている」
と、事実自体があることは分かっているようでした。しかし、
「世界中で2万社以上あるPartner企業のどこがどんなソフトを世に出しているのか・・・ということは事実上調査のしようが無い」
とのこと。しかし、報告数が多いものについては出来る限りの対応をしているとも言っていました。

●確かに、例えば日本のメーカーもMicrosoftのパートナー企業であったりしますが、独自にパソコンへ入れているそのメーカー製のプリインストールソフトの責任をMicrosoftが負わされるというのも理不尽な話です。


※Microsoft Partner企業は世界で2万社以上。ネームバリューで信用させようとする手口に乗らないように。

ユーザー自身で自己防衛する必要がある

●わかりやすく言えば、○○というメーカーの製品を売っている取扱小売店が○○取扱と書いてある営業車に乗ってやってきて、□□というメーカーの商品取付けを行ったとします。その取付が悪くてクレームになったら、その責任は小売店にあって、当然○○というメーカーにはありません。小売店は様々なメーカーの品物を扱っていますので、○○というメーカーはそこまで管理責任は問われません。

●ということはこのような問題はやはりメーカーや行政任せではなく、ユーザー側の正しい理解次第ということになるのです。

●このように、ITについても一般の訪問販売やネット通販、振込め詐欺への対応のように、ユーザー一人一人が見る目を養い、知識や回避策を知っておく必要があります。

●何でもかんでも疑ってかかれとは言いませんが、目の前のものが確かなのかどうか自分で決められない場合は専門家という味方がいます。ネットの偽情報や偽対策ソフトで2次被害に遭う前に相談してください。

九州インターワークス 注目のページ
「パソコンがおそい、固まる主な原因」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/osoi.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。●トラブル防止の為...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ハードウェアに強く、短時間で的確な対応とアドバイスを提供

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マウスカーソルが勝手に動く、飛ぶ!何が起きているの? その原因と対応方法
イメージ

●先日の実際のサポート事例です。ノートパソコンで文章入力中にたびたびマウスカーソルがあちこち飛んだり動いたり...

[ 事例 ]

マイベストプロ福岡・佐賀セミナーでITセキュリティーの講師をさせていただきました
イメージ

 事業者のためのITセキュリティー講座 ●先日開催されたマイベストプロ福岡・佐賀セミナーで講師として「事業者...

[ 話題 ]

Windows10へ更新後、リカバリできない、リカバリに失敗する場合の原因と解決法とは
イメージ

 最近の機種は、今までの知識や復旧方法が使えない ●Windows8以降のOS搭載機では、BIOSがUEFI化されたものが大...

[ 事例 ]

機械がすぐに壊れてしまう、機械が言うことを聞かない原因と意外な事実
イメージ

 何かの仕業なのか? ●昔「グレムリン」という映画がありました。機械にいたずらをする西洋に伝わる妖精をヒン...

[ 情報 ]

ネットで利用請求画面表示が出て消えない、どうしたらいいのかその対処法
イメージ

 Web利用に詳しくない人を怖がらせ、従わせる手法 ●インターネットでいろんなページを閲覧中に、人の興味を引...

[ 情報 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ