コラム

 公開日: 2015-12-01  最終更新日: 2015-12-14

パソコン起動時に自動で立上がるソフトが多過ぎ!削除しても問題ない?

"プリインストール"という ビジネスモデル

●前回、メーカー製PCのソフトウェアに脆弱性が見つかったという話題を取りあげました。今回はメーカー製PCに付属(プリインストール)されているソフトウェアは果たしてユーザーにとってどのような存在なのか、これまでのサポート事例や経験で分かってきたことを話してみたいと思います。

●以前、周辺機器に付属のソフトウェアについて解説をしましたが、同じような問題が実はメーカー製PCにもあります。

●ソフトウェア会社とメーカーの利益が一致するこの"プリインストール"というビジネスモデルはパソコンの普及黎明期から続いていて、最近は更に拍車が掛かっているように見えます。

●しかし、このプリインストールソフトがユーザーにとってメリットになっているかというと、必ずしもそうだと言えないようなのです。

●確かに、年賀状ソフトやDVD閲覧ソフト、ゲームなどはあると便利ですが、その他のものになると第一使い方が分からない、使いにくい・・というものも多く、使われていないものがほとんどなんです。

"パソコンがおそい"原因になっている

●かといってそのままにしておいて問題ないのかというと、そういうわけには行かないのが"常駐"問題です。パソコンが起動する際にそれらのプリインストールソフトが自動的に起動し常駐するものがあります。常駐の何が問題かというと、その量です。メーカーや機種によっては何十個というソフト類が起動して、バックグラウンドに常駐するのです。

●最近ではメーカー自体が保守やサポートのための独自のユーティリティーソフトを常駐させる傾向にあり、今回のDellやLenovoの問題ではその脆弱性が問題になりました。

●この常駐物は一つ一つの容量は大したことが無くても、数が多ければそれだけメモリを占有します。その上、最近では起動時にネットワーク接続で同期したり情報をやり取りするものも多く、そのようなものがOSの起動時に同時にワラワラと動き始めるため"パソコンの立ち上がりがおそい"という現象を生んでしまうのです。

●メーカーもそのことは十二分に承知だと思いますが、多少のパフォーマンスを犠牲にしても、このビジネスモデルを止められない事情があるのだと思われます。


※上図は先日サポート依頼があったパソコンのタスクに表示された常駐物。起動時から動作が困難になるほどの事例。ものすごい数の常駐物にはメーカーのプリンストールソフトだけでなく周辺機器の付属ソフト以外にも、マルウェア、ウイルスなどがいくつも確認できる。これは決して珍しい事例では無い。このような事例を挙げると、一部の特殊例だけを大げさに言ってユーザーを脅かし、ビジネスにしているかのように批判する意見がすぐに出るようだが、1年中こういうものを見ている側としては、あまりの現状とそのような一般の意識のギャップにとても驚かされる。

Microsoftのツールで改善できる

●このような場合にはOS側のスタートアップ編集などを行う必要があり、一般ユーザーでは対応が難しい場合もありますが、Microsoftからこの問題を解決するツールが出ています。

診断ツール Fix it : パソコンが重い、パソコンの動作が遅い問題 (Windows Vista、7)

チュートリアル途中で、起動させないソフトの選択画面が出てきます。該当のソフトにチェックをすることでスタートアップ起動を外せます。遅いパソコンも多少はこれで改善すると思います。

●ひとつだけ、注意したいのは、スタートアップから外すだけですから、常駐はしなくなりますがプログラム自体は入ったままです。メーカー付属のソフトウェアも脆弱性が出たりバージョンアップが必要になったりしますので、インストールされている物については定期的なメンテナンスが必要です。もし、使わないものや必要がなければアンインストールしておきましょう。

●アンインストールは"コントロールパネル"の"プログラムと機能"から削除したいプログラムを右クリックして"アンインストール"をクリックでOK。その後パソコンを再起動させてください。

●アンインストールしても多くのプリインストールソフトは再度インストール可能ですから、なくなってしまう心配はする必要はありません。

九州インターワークス 注目のページ
「パソコンがおそい、固まる主な原因」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/osoi.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。コラム[おそいWi...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ハードウェアに強く、短時間で的確な対応とアドバイスを提供

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
Microsoftになりすましたフィッシングメールに注意 リンク先をクリックしてはいけません
イメージ

 文面は稚拙ですが注意が必要 ●MicrosoftのOffice認証に問題があるかのような以下のような内容のメールが出回...

[ 時事 ]

家庭または会社のPC端末を複数で共用して使う場合やっておくべき3つのこと
イメージ

 理想は一人一台 ●本来ならばパソコンなどの端末は「パーソナルコンピュータ」というその名が示すとおり個人一...

[ 情報 ]

ITサポートの現場からエンジニアが見た、聞いた、体験した今年2016年の3大ITニュース

 1.Windows10 無償アップグレード期間終了 ●Windows10の無償アップグレード期間が7月に終了しました。しかし...

[ 時事 ]

年末はパソコン・周辺機器も大掃除。電子機器の清掃、3つの注意点とは
イメージ

 電子機器の掃除は慎重に ●パソコンや周辺機器もトラブル防止のために1年に1回は大掃除したほうが良いのは言う...

[ 情報 ]

キュレーションサイトなどインターネットの情報は、発信元を良く確かめて
イメージ

 まとめただけ・・・では上質な情報とはならない ●最近、キュレーションサイトというネット上の情報をまとめた...

[ 時事 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ