コラム

 公開日: 2015-10-05  最終更新日: 2015-12-14

マイナンバー、これだけは注意しておきたいIT関連での問題点とは?

●マイナンバー制度が始まり、国民一人一人に通知が送られてきます。しかし、その取り扱いについてITとの関連での危険性などがまだまだ十分周知されているとは思えません。そこで、ユーザーの行動パターンを知り尽くしたITサポート現場ならではの観点で、これだけは注意しておきたいというマイナンバーとITとの関係を挙げてみたいと思います。

ネットで入力を促されても絶対に入力しない、リンクを踏まない、相手に教えない

●インターネットやメールで様々なサービス、情報ツールを装いマイナンバーを入力させようとするものが必ず出てくると思います。そういうものに入力・送信してしまうと、「マイナンバーとメールアドレス」、「マイナンバーとIPアドレス」、「マイナンバーと入力済みの個人情報」などがネットの仕組み上、同時に関連付けられて内容がどこかへ送られることになってしまいます。

●これは、ページなどの設置者に知られてしまうだけにとどまらず、SSLではないページ、要するにセキュアでない通信だった場合はネット上で第三者に傍受されてしまう可能性もあります。また、公衆無線LAN環境でセキュリティー設定がない場合、さらに危険性が増大してしまいます。

●マイナポータルなど正式なサイト以外で入力を求められても絶対に入力しないことです。特に正式な公的機関名であってもマイナンバーをネットで問い合わせの連絡が来ることは絶対にありません。もしそれが本当にその実在の公的機関であったとしたらそれは大変な不祥事となります。そのくらい取り扱いや管理についてはとても厳しく決められています。

●また、実在の公的機関に似せた名称の送信者メールやWebサイトにも気をつけましょう。リンク先などを絶対にクリックしないように注意が必要です。とにかく「ネットでマイナンバーは入力しない」と何度も自分に言い聞かせましょう。

データとして保存、管理することも注意が必要

●また、パソコン内にデータとしてマイナンバーを記録しておくと、ウイルスなどの被害に遭った場合、流出してしまう恐れもあります。それから、パソコンやタブレット、スマホ、USBメモリ・HDDなどの外部記憶装置の廃棄の際に十分にデータ消去が行われていないと、記録したマイナンバーデータが復旧されて流出につながります。

●できるだけ端末内にはデータとして残さないようにしたほうが良いでしょう。特に、今時の傾向なのが何でも写真に撮って保存しておくという習慣です。スマホや携帯、タブレットでいつでも見れるようにとカードを写真に写して保存することも絶対にやめましょう。

●まさかとは思いますが、マイナンバーと他のネットサービスのIDなどと混同して相手に通知したりしないようにしてください。今でさえ、アカウントの混同が原因でパソコンへログインできなくなったなどのトラブルがたくさん発生していますので、十分考えられます。マイナンバーはパソコン、インターネット、メール、プロバイダのIDとは関係のないものですから、誤って送信や通知をしないようにしましょう。

●日常生活でも、コンビニなどのコピー機で印刷してそのまま忘れたり、カード自体を落とすなど紛失にもに注意です。自宅の複合機の場合、住民票をコピーしたりする際にスキャンでPCへ取り込んでしまうと前述のようにPC内にデータが残ることになります。

●また、発行当初は珍しいからとみだりに他人に見せたり、机のデスクマットにはさんだり・・というのも危険です。

ついに管理型社会到来!明るい未来が待っている?

●私は自身のホームページで約10年以上前から、「これからは、生活に密着したいろいろな物にコンピュータが浸透してきます。コンピュータの怖さは、これからが本番です。」と言ってきました。

●インフラ化した今、それがようやく現実のものとなろうとしています。「知らなかったでは済まない、起きてからでは遅いのです。」とも言いました。

●データ管理される世の中がどうなっていくのか、以前からSF映画では警鐘も含んで表現されてきましたが、もうこれからはSFではなく現実世界の話に移行します。

●マイナンバー制とは、国民の利便性向上という側面もありますが管理する側の都合によるものも多く、無関心、無意識、軽視は「管理される」ことに対して無防備に委ねることになります。

●あんしん、安全は天から降ってくるものではなく、やはり、自分の管理は自身で行い自己防衛をしていく必要があります。そういう意味でもネットリテラシー向上はこれからますます必要なのです。

「あんしんパソコン相談室」
なぜセキュリティー対策が必要か?
パソコンを使用する人に必要なこれからの常識
http://www.kumin.ne.jp/kiw/antei.htm#g

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。●トラブル防止の為...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ハードウェアに強く、短時間で的確な対応とアドバイスを提供

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マイベストプロ福岡・佐賀セミナーでITセキュリティーの講師をさせていただきました
イメージ

 事業者のためのITセキュリティー講座 ●先日開催されたマイベストプロ福岡・佐賀セミナーで講師として「事業者...

[ 話題 ]

Windows10へ更新後、リカバリできない、リカバリに失敗する場合の原因と解決法とは
イメージ

 最近の機種は、今までの知識や復旧方法が使えない ●Windows8以降のOS搭載機では、BIOSがUEFI化されたものが大...

[ 事例 ]

機械がすぐに壊れてしまう、機械が言うことを聞かない原因と意外な事実
イメージ

 何かの仕業なのか? ●昔「グレムリン」という映画がありました。機械にいたずらをする西洋に伝わる妖精をヒン...

[ 情報 ]

ネットで利用請求画面表示が出て消えない、どうしたらいいのかその対処法
イメージ

 Web利用に詳しくない人を怖がらせ、従わせる手法 ●インターネットでいろんなページを閲覧中に、人の興味を引...

[ 情報 ]

おそいWindows7、更新失敗(アップデート失敗)問題、解決したようです
イメージ

 これで直った!Windows7の更新トラブル ●以前から問題となっていたWindows7のアップデートバグによるトラブル...

[ ノウハウ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ