コラム

 公開日: 2015-10-02  最終更新日: 2015-11-05

IT機器の純正品(正規品)と社外品(非純正)、どちらを買うべき?

高価な純正品、そのわけとは?

●IT機器類には充電器やケーブル、パーツ類など様々な関連部品がありますが、IT機器に限らずメーカー純正品というものはどれもかなり高価です。

●しかし、高価だから品質が良いのかと言えば必ずしもそうではなく、「互換性の問題が発生しない」、「保証が効く」というあたりが最近では純正品の存在意義の大きな理由のようです。

●また、メーカーにとっても純正部品類の利益率はかなり高く、”おいしい”商材として魅力のあるものになっていて、自動車でも、家電製品でもラインナップはかなり充実しています。

●それでも高額な純正品に手が出ない場合は、サードパーティ製などの安い社外品を購入することに落ち着くわけですが、格安品はものによっては不具合が起きたりトラブルが起きたりすることも少なくはありません。また、互換性を謳っているはずなのになぜか合わない、物理的に取り付けられないなど問題が出る場合もあります。それらのリスクを回避したい場合は、やはり純正品の購入という結論しかなくなるわけですが、大きな価格差を考えてしまうとなかなか難しい選択となります。

●安物は所詮「安物買いの銭失い」ということで片付けられる問題だと思いますが、わずかでもお金を出したからにはある程度機能して欲しいと思うのが人情というもの。

●どう考えても高過ぎる純正品を買わされて悔しい、社外品が安かったけどもすぐに壊れて悔しい・・というようにどちらを買ってもすっきりと心の整理が付かない選択を迫られるのはなぜでしょうか?

●それは、純正品と社外品の選択の考え方がどこか間違っているからです。

単に安いというだけで社外品を選択するリスク

●社外品の購入は前述したようにいくつかリスクを伴います。そのリスクそのものが正規品との価格差なわけでして、そのリスクを自分で吸収できると言う自信があれば社外品の選択は間違っていないでしょう。多少収まりが悪くても自分で加工したりして取り付けられるようなスキルがあれば社外品でも問題は少ないでしょう。しかし、リスクをとりたくない場合は純正品一択となります。

●そういったリスクマネジメントが出来ないのに社外最安パーツを購入したり、行動パターンが常に価格に依存していると、問題があった場合それ以外の部分でリスクを抱え込むことになります。たとえば、加工や他パーツが必要になり納期が間になわなくなるなど、そのリスクの換算額が価格差を超えると損失となってしまいます。

●分かり易く例えてみましょう。近所よりも大根が1本30円安いスーパーのチラシを見つけて5キロ離れた隣町まで車で買いに行ったとします。燃費がリッター10kmならば往復でガソリンを1リッター使いますから約120円以上かかったことになって大根1本では近所で買うよりも90円以上の損失となってしまいます。4本で同等、5本買ってやっと近所のスーパーより30円「お得」になります。

●ところが、5本買ったのはいいですが食べ切れなくて1本だめにした時点でトントンです。しかし、それだけではありません。

●タイヤもオイルも消耗・劣化しますから総体での経費はもっと掛かっています。さらに潜在的には事故の確率が高くなるなどのリスクも存在します。つまり「お得な大根作戦」はこれでは失敗なのです。

●このように、「調達」というのは実価格だけではない総体や潜在部分を見通せるかどうかなのです。

純正品と社外品、どう選ぶか

●純正品の価格を100%、社外品の価格をその50%とします。単純計算で、社外品ならばたとえ壊れても純正品の価格で2回買える計算です。社外品が30%とします。そうすると3回は買えます。20%では5回です。また、そのパーツの性質がどうであるかによってリスクを計算します。消耗品とそうでない場合もリスク割合が違うと思います。

●きちんと計算すれば、どこにどんなものを使うのかが判断出来ます。純正品の価格を基にして考えることで社外品が壊れたとしても悔しい思いをしなくてすむのではないでしょうか?

●しかし、社外品が70%とか80%と価格差が小さい場合は純正品を購入したほうが良いでしょう。壊れた場合「純正を買っておけばよかった」と大変悔しい思いになります。

●毎日使うものならばやはり正規品、何度も使わないというのならば社外品、消耗品ならば社外品、耐久性を重視する場合は正規品・・・というようにマネジメントすることで費用対効果を上げることができます。

●社外品を購入する場合は互換性、材質などを精査しリスク管理を怠らなければ純正品でなくとも、リスクは最小限になり、経費削減にもつながるでしょう。

九州インターワークス
「本当にそのシステムは必要ですか?」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/cost.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。●トラブル防止の為...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ハードウェアに強く、短時間で的確な対応とアドバイスを提供

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マイベストプロ福岡・佐賀セミナーでITセキュリティーの講師をさせていただきました
イメージ

 事業者のためのITセキュリティー講座 ●先日開催されたマイベストプロ福岡・佐賀セミナーで講師として「事業者...

[ 話題 ]

Windows10へ更新後、リカバリできない、リカバリに失敗する場合の原因と解決法とは
イメージ

 最近の機種は、今までの知識や復旧方法が使えない ●Windows8以降のOS搭載機では、BIOSがUEFI化されたものが大...

[ 事例 ]

機械がすぐに壊れてしまう、機械が言うことを聞かない原因と意外な事実
イメージ

 何かの仕業なのか? ●昔「グレムリン」という映画がありました。機械にいたずらをする西洋に伝わる妖精をヒン...

[ 情報 ]

ネットで利用請求画面表示が出て消えない、どうしたらいいのかその対処法
イメージ

 Web利用に詳しくない人を怖がらせ、従わせる手法 ●インターネットでいろんなページを閲覧中に、人の興味を引...

[ 情報 ]

おそいWindows7、更新失敗(アップデート失敗)問題、解決したようです
イメージ

 これで直った!Windows7の更新トラブル ●以前から問題となっていたWindows7のアップデートバグによるトラブル...

[ ノウハウ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ