コラム

 公開日: 2015-05-28  最終更新日: 2015-11-04

IT機器トラブルの20~30%はこれで一発解決!その簡単な方法とは?

突然のトラブルで焦って思考停止してしまう。

●パソコン・タブレット・プリンタ・無線ルータ・その他周辺機器などを使っている最中に様々なトラブルが生じることがあります。

●印刷できない、ネットがつながらない、エラーが出る、ファイルが開けない、周辺機器が使えない・・・など、トラブルが突然起きると「壊れたかもしれない、ウイルス? 寿命かな?」など様々なことが頭をよぎって、焦ってしまうことがあると思います。

●トラブル相談で電話をいただくユーザーの多くは、突然の事で焦っているためどうして良いか分からなくなり、思考停止状態に陥って、トラブルになった状況そのままの状態で電話をかけて来られます。

●そんな時、まずは冷静になってもらってソフトウェアの再起動やOSの再起動を促すのですが、案外それだけで解決するトラブルもあります。しかし、OSやソフトウェアのトラブルではない、機器的なトラブルでも2~3割方は「あること」で解消してしまうことがあります。

●その「あること」とは一体何でしょうか? それは特別難しくも、面倒でもなく、意外と簡単に誰にでもできる方法です。

「電源を切る」ではなく電源を「外す」

●その方法とは「電源を入れなおす」ということ。

●これは単にパソコンを終了操作したり本体のスイッチボタンを押してOFFにするということだけではなく、コンセントを抜く、テーブルタップのスイッチを切る、または電源ケーブル自体を本体から抜く・・ということです。パソコンの場合はいきなりコンセントを抜くと問題がありますので、電源スイッチを4秒以上の長押し操作で電源をが切ります。その後、コンセントからプラグを抜きます。

●特に周辺機器のトラブルはそれだけで全トラブル数の2~3割は改善することが、これまでの数多くのサポートの事例で実際に判明しています。

●なーんだ、そんなことか・・・という方もおられると思いますが、簡単なことでも、そういうことを知らない、焦って思いつかないユーザーにとってはあれこれ悩んだり、おもむろに修理業者に依頼したりして、無駄な時間やコストの発生の原因になっていることがあり、そうならないためにもトラブルの初期対応で知っておいたほうが良いことのひとつなのです。

●機器類にトラブルが起きたとき、まず真っ先にユーザーがしなければいけないことはスイッチを切ったあと「電源を抜く」ということです。

●ではなぜ、電源を抜くことでトラブルが解消することがあるのでしょうか?

※電源を元から抜く

ちゃんとした根拠がある

●もしかしたら、修理屋がサポート代金を課金しやすくするための「パフォーマンス」のひとつだとか、「おまじない」とか「気休め」、「プラシーボ効果」と思っている人もいるかもしれませんが、全くそんなことはなくこれにはちゃんとした根拠があります。

●今時のIT機器類は、以前の機械のようにメカだけで作動しているわけではなく、OSとは関係のない機器内蔵の制御プログラム(ファームウェア)によってコントロールされています。

●機械はその制御プログラムの支配下にあります。本来はそのプログラムは外部から改変できない固定仕様なのですが、ユーザー設定領域が確保されていて、ユーザーの利用用途などに応じて可変部分のプログラムの設定を変更することができるようになっています。

●このプログラム容量は時代と共に大きくなって、今では一昔前のパソコン並みのものも出てきています。

●制御プログラムも当然「プログラム」ですからバグ発生や処理が追いつかない、過負荷などによって機能不全に陥ることもあります。その時、パソコンがフリーズするのと同じように機械も制御不能になってしまいます。そうなると、何々ができなくなった・・などのトラブル発生となるのです。

●前回のコラムで、スイッチをOFFにしても電源がつながっていれば、機器の本体の内部には常に電圧がかかっている・・ということをお話しました。

●制御プログラムは、スイッチOFFでも通電している電源によって普段は設定などが保持されています。そのためスイッチを切っただけではプログラムの異常も保持されたままになっています。

●その状態を解消するには、本体の電源自体を元から抜いて回路への通電を絶ち、メモリからプログラムの異常を揮発させる必要があります。

●その後、再度電源を投入すれば初期化されて正常なプログラムが再読込される仕組みになっているため異常が改善されることがあるのです。

※無線ルータのネットワークプロセッサとメモリ。
電源の入れなおしでユーザー設定を消すことなくリセットできる。
しかし、初期化ボタンを押すと「工場出荷状態」になりユーザー
設定も消えてしまう。

初期化の注意点

●そのようにして、解消できる機器類はプリンタ、ルータ・モデム、パソコン、その他IT機器のほぼ全般に渡ります。

●内蔵充電池で動作しているタブレットなどでは完全放電、または完全充電することで回復することがあります。※頻繁に行うと充電池が劣化しますので注意してください。

●ここで注意したいのは、電源を外しても大体の機器類はユーザー設定値が初期化されることはありませんが、完全な初期化(工場出荷状態に戻す)などの操作を行った場合はユーザー設定値も消失します。特にルータなどは接続契約の資料を失念されている場合、設定が復旧できなくなりインターネットが接続できなくなってしまいます。

●バックアップ電池などが内蔵されているものはその電池を抜く、リセットスイッチなどがある場合は押すことで初期化できますが、工場出荷状態になる可能性が高いので注意が必要です。

●以上、注意点を守れば、トラブル発生の際にまず「電源を切る、抜く」ということは解決の基本中の基本です。

●それでも改善しない場合、他の方法を試してみたり専門家やサポートエンジニアへ相談されることをお勧めいたします。

九州インターワークス 注目のページ
「パソコンの安定化対策」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/antei.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。●トラブル防止の為...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ハードウェアに強く、短時間で的確な対応とアドバイスを提供

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マウスカーソルが勝手に動く、飛ぶ!何が起きているの? その原因と対応方法
イメージ

●先日の実際のサポート事例です。ノートパソコンで文章入力中にたびたびマウスカーソルがあちこち飛んだり動いたり...

[ 事例 ]

マイベストプロ福岡・佐賀セミナーでITセキュリティーの講師をさせていただきました
イメージ

 事業者のためのITセキュリティー講座 ●先日開催されたマイベストプロ福岡・佐賀セミナーで講師として「事業者...

[ 話題 ]

Windows10へ更新後、リカバリできない、リカバリに失敗する場合の原因と解決法とは
イメージ

 最近の機種は、今までの知識や復旧方法が使えない ●Windows8以降のOS搭載機では、BIOSがUEFI化されたものが大...

[ 事例 ]

機械がすぐに壊れてしまう、機械が言うことを聞かない原因と意外な事実
イメージ

 何かの仕業なのか? ●昔「グレムリン」という映画がありました。機械にいたずらをする西洋に伝わる妖精をヒン...

[ 情報 ]

ネットで利用請求画面表示が出て消えない、どうしたらいいのかその対処法
イメージ

 Web利用に詳しくない人を怖がらせ、従わせる手法 ●インターネットでいろんなページを閲覧中に、人の興味を引...

[ 情報 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ