コラム

 公開日: 2015-05-23  最終更新日: 2017-10-26

ノートパソコンのバッテリーが充電できない、すぐに切れてしまうのはなぜ?

ニッカド、ニッケル水素電池からリチウムイオン充電池へ

●以前のコラムでパソコンやタブレットの寿命についてお話した際に、バッテリーについても少しだけ触れました。今回は、ノートパソコンのバッテリーについて、もう少し掘り下げてお話をしたいと思います。

●これまでノートパソコンのバッテリーにはニッカドやニッケル水素充電池が多く使われていましたが、重さがかなりある、放電容量が小さい、メモリ効果(実容量減少)が発生しやすい、低温下で性能が落ちる・・・なども弱点がありました。

●そこで、現在主流になったのが、ニッケル水素電池の弱点をある程度カバーできる「リチウムイオン充電池」です。

●今ではパソコンに限らずほとんどの機器類に使用されるに至っていて、自動車ではハイブリッド車、以前問題にはなりましたがB787型機など航空機にも搭載されるようになっています。重量が軽い、高容量の放電容量、低温でも安定動作する、追加充電が可能(メモリ効果が起きにくい)・・などのメリットが普及の要因になっています。

●最近のノートパソコンもこのリチウムイオン電池が使用されています。しかし、リチウムイオン電池にも弱点はあります。



2~3年程度でバッテリーは寿命を迎えてしまう

●最大の弱点は充放電回数に限度があるということです。これはリチウムイオン電池の特性によるもので、民生用のものは大体同じような傾向にあります。ニッケル水素充電池にも充放電回数に限界がありますが、材質の見直しなどで今では1,500回以上が可能になるなど、まだ技術革新は止まってはいません。

●リチウムイオン充電池は一定以上のかなりの高純度が要求されるなど、材質的に超高精度なものが必要で、現時点では民生用の充放電回数を飛躍的に向上させることは難しく、メーカーでは500回前後という取説の記載が多いようです。年数にすると2~3年といったところでしょう。

●要するに、2~3年程度でバッテリーは寿命を迎えてしまうということなのです。寿命に近くなったバッテリーは、充電に時間がかかる、できなくなる、100%満充電表示になるのにすぐに切れてしまう・・などの症状がでます。

※同じメーカーの同じ形状のバッテリー。上がリチウムイオン充電池。 下がニッケル水素充電池。重さは実測でリチウムが400g、ニッケル水素が535gとリチウムが25%ほど軽い。発生電圧もニッケル9.6Vに対してリチウムが14.8Vと高い。

バッテリーの寿命・・・どうしたらよいのか?

●PCなどに限らずIT機器類のバッテリーはメーカーで定められている保守部品保有年数の期間内であれば、メーカーのダイレクトショップや通販などから購入することが可能ですから、あわてる必要はありません。しかし、価格はちょっと高め。1万円~3万円程度となります。

●問題なのは、その部品保有年数を過ぎた場合や、その期間内でもロット在庫がなくなれば廃番となってしまうため手に入らなくなることです。

●そうなると入手は困難になり、どうしても必要な場合は中古などで探すことになりますが、最近ではバッテリーリフレッシュとか再生とか称してバッテリーパック内部を別の新しいものに換装するサービスが登場しています。価格は決して安くはありませんが、どうしても欲しい場合には救いの一手となります。

●それでも、品質に疑問のある換装、再生サービスもありますから良く確かめて業者は選定したほうがいいでしょう。

●その他の方法としては、モバイルバッテリーという手段があります。ノートパソコン用の高容量のものでは2~3時間程度は稼動できるようです。しかし、このモバイルバッテリーの方法では、電源が外部接続なのでかさばる、高価である、充電時間が長い・・など、内蔵バッテリーに比べて取り回しはよくありません。

※モバイルバッテリーという選択肢もあるが取り回しはよくない。

バッテリーを外しておいたほうが長持ちする?

●ノートパソコンのバッテリーを外しておいたほうがバッテリーが長持ちするという話がネットなどでよく出ているようですが、停電などの際には装着していることで瞬時にバッテリー稼動に切り替わるため、UPS(無停電電源装置)として機能することが期待できます。大事な仕事などで使用しているノートパソコンは万が一を考えた場合、バッテリーはそのまま付けていたほうが良いでしょう。

●バッテリーの交換費よりデータが飛ぶほうがダメージは大きいということを忘れずに。

●特に大切な仕事などで使ってるノートパソコンのバッテリーは、経費を惜しまずバッテリーは消耗品と割り切って寿命が来たら部品保有年数の期間内に交換しておきましょう。

九州インターワークス 注目のページ
「パソコンの安定化対策」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/antei.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。コラム[おそいWi...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ITの導入から運用管理・保守まで一貫した対応

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
最新版Firefox57は期待通りだった!インターネットのページ表示が驚くほど高速快適に
イメージ

 早速使ってみよう! ●Firefoxの最新バージョン57が11月15日公開されました。●今回のアップデートで大幅...

[ ITテクノロジー、イノベーション ]

富士通のパソコンがLenovo製になる。PCユーザーにはどんな影響があるのか
イメージ

 業界再編まっただ中 ●今月発表された報道によると、すでにLenovoと事業統合しているNECに続き、富士通もPC事...

[ ITトレンドと話題になっていること ]

安全だと思われていたWPA2、ついに脆弱性が発見される!Wi-Fi利用者のほとんどに影響
イメージ

 Wi-Fi利用者のほぼすべてに影響 ●これまで最も安全だと言われていた無線LANの暗号化プロトコルであるWPA2。今...

[ ITで今起きている問題と課題 ]

CanonのプリンターがWi-FiでもUSBでも印刷できなくなった!その意外な原因とは
イメージ

 Wi-Fi印刷には無線ルータが必要 ●先日のサポート事例です。印刷が出来なくなったとの出張サポート依頼があり...

[ ITサポートの事例と実例 ]

格安SIMでスマホのコスト削減を実現できる!しかし、SIMフリースマホには3つのデメリットがある
イメージ

 スマホ代を安くするには ●毎月かかるスマホ料金。1台であればそう負担に感じることはないという方もおられる...

[ 知って得するITノウハウ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ