コラム

 公開日: 2015-05-01 

パソコン・タブレット、故障の本当の原因とは?その3「機種依存性の故障」

前回のコラム
"パソコン・タブレット、故障の本当の原因とは?その1「消耗」"
http://mbp-fukuoka.com/pc-pro/column/8386/

"パソコン・タブレット、故障の本当の原因とは?その2「自然故障」"
http://mbp-fukuoka.com/pc-pro/column/8403/

「機種依存性の故障」とは

●今回は、機種依存性の故障について解説してみたいと思います。

●これまで2回にわたりサポートの現場で遭遇する「消耗」と「自然故障」を取り上げてみましたが、それらはどちらかといえば避けようがないことや不運が重なった末の結果という性質のものでした。機械である以上、そのような原因で寿命よりも早く壊れる個体が存在することもありますが、その場合壊れる箇所はあくまでもランダムで、予測が不可能であることが特徴です。

●しかし今回、最後に取り上げる「機種依存性の故障」とは、ある一定の機種や機種の中の特定ロット、あるいは特定の部分で起きる特有の症状や故障のことを言います。不具合や故障の症状、起きる箇所がほぼ同一で、発症時期なども近似しているのが特徴です。

●この「機種依存性」の故障というのはほとんどがユーザーの責任ではないことが多く、知らないでいることで不利益を被ることもありますので、是非知っておいて欲しい故障原因のひとつです。

●商品のユーザーレビューなどで同一機種のユーザーが、同じような症状に悩まされているという話題で発覚することが多いようです。その原因としては、特に不良率の大きいロットや部品が使用されているために起きています。

実際の例

●実際の例では一時期大問題になった不良電解コンデンサ問題です。あるメーカーの電解コンデンサの一部ロットで内部に不純物が混入し、数年で破裂や液漏れが発生。機能を失ってメインボードが動作しなくなるという症状が頻発しました。

●この問題が深刻だったのは、メインボードメーカーの多くがそのコンデンサメーカーから部品供給を受けていたため、パソコンのメーカーを問わず発生し、世界中に広範囲で被害が及んだことでした。

※液漏れした電解コンデンサ。
トラブルは世界的な広がりとなった

●また、最近ではIntel社の6シリーズチップセットに不具合が見つかって、出荷早々に世界中で全数回収ということも起きています。

●しかし、これらはメーカーとしてリコールを宣言して回収や保証対応などをきちんと行い解決が図られています。

●ところが問題なのが、大きな問題にはならない狭い範囲で起きるリコールにならない機種依存性のトラブルです。

機種依存性のトラブルの多くは保証対象にならない

●ひとつの事例として、こういうことがあります。
ある国内メーカーのノートPCの特定型式に数年で不具合を起こす不良チップが使われていたため、起動しないなどの同様の症状を起こすトラブルが相次いでいることが確認されています。

●その不具合が保証期間を過ぎたころに発症するために、メーカーでは有償修理対応としているのですが、その修理金額があまりにも高額なため、ユーザーやネットの有志がたまりかねて調べたところ、明らかに同じ箇所の部品品質が問題で起きる不具合(機種依存性)というのが判明したのです。

●そうなると責任はメーカーにあるのではないか、そうであれば無償修理して欲しいという主張は善良なユーザーならば当然です。それでもメーカーとしてはあくまで自然故障であるとして一貫として有償修理対応を譲らないとのこと。

●そうしたメーカーの対応にユーザーの不満が爆発していて、そのメーカーは今後買わないなどの厳しい意見が寄せられているようです。でも、この問題がそれだけで回避できるかというとそうではありません。メーカーが違うからといって同じような機種依存性の問題を抱えている製品が存在しないわけではないからです。

※基板上のチップに特定の不良品が
使われていることがある。(写真は資料)

●そのような機種依存性のある機器はかなりの数が存在しているものと見られますが、そういうものが存在することを知らなかった場合、購入してしまうと不利益を被ってしまいます。

●避けられるリスクはできるだけ避けたほうが良いのは言うまでもありません。

●これからは、購入前に必ずネットのレビューなどで機種依存の故障やトラブルがおきていない機械であるかどうかを確かめることが賢い消費者となります。

●安いのを見つけた!などという値段だけが判断材料の買い物は、賢い消費者でもなんでもなく、このご時勢「飛んで火に入る夏の虫」となりかねません。

九州インターワークス「サポート・サービス内容」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/naiyou.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。●トラブル防止の為...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ハードウェアに強く、短時間で的確な対応とアドバイスを提供

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マイベストプロ福岡・佐賀セミナーでITセキュリティーの講師をさせていただきました
イメージ

 事業者のためのITセキュリティー講座 ●先日開催されたマイベストプロ福岡・佐賀セミナーで講師として「事業者...

[ 話題 ]

Windows10へ更新後、リカバリできない、リカバリに失敗する場合の原因と解決法とは
イメージ

 最近の機種は、今までの知識や復旧方法が使えない ●Windows8以降のOS搭載機では、BIOSがUEFI化されたものが大...

[ 事例 ]

機械がすぐに壊れてしまう、機械が言うことを聞かない原因と意外な事実
イメージ

 何かの仕業なのか? ●昔「グレムリン」という映画がありました。機械にいたずらをする西洋に伝わる妖精をヒン...

[ 情報 ]

ネットで利用請求画面表示が出て消えない、どうしたらいいのかその対処法
イメージ

 Web利用に詳しくない人を怖がらせ、従わせる手法 ●インターネットでいろんなページを閲覧中に、人の興味を引...

[ 情報 ]

おそいWindows7、更新失敗(アップデート失敗)問題、解決したようです
イメージ

 これで直った!Windows7の更新トラブル ●以前から問題となっていたWindows7のアップデートバグによるトラブル...

[ ノウハウ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ