コラム

 公開日: 2015-03-01 

ずさんなIT運用と管理は経営側、従事者双方に痛手です

ほとんどが同じような状況になっている

●最近の相談でよくあるのが、会社のIT運用と管理がずさんで社員や従事者が困っているという現実的な問題です。

●小規模の事業者でも最近では数十台の端末、ネットワークがあるのですが、保守管理契約は高額なため締結しないで運用している状況が増え続けています。

●そのため、そのほとんどが同じような状況になっています。どのような状況かと言うと、

1.会社に誰もIT管理者がいない。
2.何がどうなっているか誰も把握していない。
3.トラブルが起きても原因がすぐに判明しない。
4.業務が長時間止まってしまう
5.解決した時点の情報を記録しない
6.情報がないため、管理・保守に支障が出る

と言うことが頻繁に起きていて、それがループ状態になっているのです。

●しかし、自社内だけの問題だから大勢に影響なしと結論付けたがる事業者も多いですが、社内だけの問題なら何の問題もないのかというとそうではありません。



内部だけの問題では済まなくなる

●以前相談があった事例では、事務所のメイン機に経理情報が入っていて社内ネットワークの管理運用がずさんで、どこからでも誰でもそのデータにアクセスできてしまっていたために、社員が給与台帳を閲覧。その中の数人が誰々よりも給料が少ないなど知るところとなり、結果、揉め事になって退職者を出してまった・・・と言うことが実際にありました。

●こんな事業者はそのうちに個人情報の漏洩なども引き起こしてしまう可能性もあります。

●実際にそのサポート事例では、辞めていった社員が顧客名簿をコピーして持って行ったらしいので調べてほしい・・・という最悪の結末が待っていました。

●このように、ずさんな管理は経営者、従事者双方にとって相当な痛手となります。

●ところが、多くの経営者は暢気なものでウイルスソフトが入っているから大丈夫とか、うちの社員にはそのようなのはいないとか、全く対策や対応する気配がありません。

責任のなすりあい

●実際に被害が起きると経営者は自身のずさんな管理を省みることはなく、犯人探しや懲罰などに懸命になる傾向にあり、これでは社員はたまったものではありません。

●社員や従事者も、そのような場合に責任を擦り付けられるままになる前に、経営者に環境改善を提案しておく必要があります。会議の議事録などに残しておけば、何かあったら
「だからあの時言っていたじゃないですか」といえます。

●経営者も、社員の不祥事が会社の一大事となる前に対策や対応を怠るべきではありません。

●そのために、日ごろからトラブルが起きないように、起きても迅速で的確な対応ができるように、さらにその責任を明確にしておく必要があります。

●そうしなければ何度も同じことの繰り返しが起き、弱者へその責任が押し付けられるだけで何も改善が進まないという悪循環になります。

●IT研修や講習は経営者、従事者双方にとって大きな解決策となります。社内で講習、研修を通してコンセンサスがとれていれば、何かあっても対応や責任が明確となってトラブル解決が迅速、低コストに行われるでしょう。

※ITの内部コンセンサスはこれからの課題

●これからの社内研修や講習には是非IT教育を行うことをお勧めいたします。

九州インターワークス「事業者向けIT講習・研修」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/learning.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

お知らせ
イメージ

当プロ(古賀 竜一)、または社名(あんしんパソコン相談室 九州インターワークス)の関係者であるとか、知り合いであるなどとかたって行われた第三者による違法また...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

的確な判断で現状復旧を優先するITトラブル解決の専門家

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
印刷ミスはなぜ起きる?印刷時の失敗、トラブルの根本原因を探る
イメージ

 誰にでもある印刷時のミス ●プリンタで印刷する際に失敗することは誰にでもよくあることです。私も印刷で失敗...

[ 専門家からの提言と考察 ]

JIJICOに記事が掲載されました。テーマはSNSなどの実名公開、顔出しとITリテラシーです
イメージ

JIJICOに、IT関連記事を寄稿いたしました。掲載された記事は以下の通りです。●「SNS等ネット上の実名公開・顔...

[ 情報発信・告知 ]

古いPCのWindows10でおそい操作感や表示動作を劇的に改善する簡単な方法
イメージ

 相次ぐアップデートで古いPCがおそくなった ●Windows10は約1年に一度のペースで大型更新を繰り返しています。...

[ Windows10の情報 ]

ITの専門家として取材に協力し、新聞記事に掲載されました
イメージ

 IT機器とストレスのついて取材協力 ●今日、4月22日の読売新聞全国版、「くらし」のページでIT眼症についての...

[ 情報発信・告知 ]

楽天市場からの偽の注文情報メールはただのフィッシングメールではなかった!
イメージ

 フィッシングに気づく前に不安に陥れる ●先日は、楽天カードからの偽のフィッシングメールが来たことを話題に...

[ セキュリティー対策、個人情報管理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ