コラム

 公開日: 2014-12-09 

スマホ、タブレットの音声認識の誤認識を防ぐ3つの方法

●スマホ、タブレットの音声認識のレベルは実用域で問題ないレベルに達しているのは確かですが、人によっては上手く認識されないなど個人差が随分あるようです。

●これは、話し方の癖や使用方法に何らかの問題があることも多いですが、ちょっとした工夫次第で誤認識を避けることができます。

●今回は音声認識の的中率を上げる3つの方法についてお話したいと思います。

1.話す言葉自体が正しいかどうか再確認する

●人によってその言葉自体が思い込みや間違いなどで、違った言葉になっている為に誤認識されてしまう場合があります。たとえば、「シミュレーション」ですがこれを「シュミレーション」と発音すると検索結果が違ってきてしまいます。

●地名や人名なども間違いやすく、うろ覚え(「うる覚え」ではない)で間違っている、町を「まち」「ちょう」で違う、濁音が付く、付かないで違う・・・など結構ちゃんと知っていないと音声認識は反応してくれないことがあります。

※言葉自体が間違っていないか疑ってみる。

2.声の大きさよりも発音をゆっくりはっきりと

●たとえば、「上場会社」と入力する際に適当に言っていると「ジョジョ 会社」などと出てきてしまいます。これはやはり読んで字のごとく「じょうじょうがいしゃ」とはっきりと言うことで一発認識します。

●「ビビック」と言っても「ミミック」と認識されたりするのも口の開きが足りないためです。だからと言ってあまり大声も誤認識の元になります。声の大きさではなく、正確な滑舌が正しい認識のためには必要です。

●「ちょっとオーバーかな?」というくらいの話し方が正確に認識されやすくなります。また、早過ぎるのも音声認識は苦手です。なるべくゆっくりと話してください。

●英語の表記の場合、間違いやすいのは英語発音で音声認識をしてしまうこと。OSは日本語対応で、音声認識プログラムやエンジンも日本語ベースになっているので、ネイティブ発音で入力しても認識されません。英語版の端末ならば良いのですが日本語の端末ではNGです。試しにやってみると空耳アワーのような結果になって面白いです。

※口をあけてゆっくりはっきりと。

3.周囲の音やマイクとの距離に留意する

●騒がしいところで音声認識を使用すると雑音のために正確な認識がされません。また、本体(マイク)と口の距離をなるべく近くすることが必要です。

●そして、やはりタイミングも大事で、音声認識ボタンをタップしたらすぐに話さないと、周囲の雑音などが優先されて「認識できません」となってしまいます。

●複数語検索の場合は、スペースに相当する部分を確実に間を置いて次の言葉を続けます。間の取り方が短すぎても長過ぎても誤認識の元です。

※マイク(本体)が口から離れていると雑音が入ったり
して正確な認識ができない。

●音声認識は便利で、一度使用したらその便利さに結構ハマる機能です。高齢の方などはこの音声認識があることが、タブレットやスマホ導入の最大の動機になったと言われる方が多くいます。ただでさえパソコンタイピングは障壁となるのにそれをスマホ、タブレットでやらなければならないとなると、とても入力は無理だと思われても仕方がありません。しかし音声認識なら私にもできるかも・・と前向きな気持ちにさせるには十分です。

●その意味でも音声認識は、端末導入の切り札的機能であることは間違いないでしょう。

九州インターワークス「サポート・サービス内容」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/naiyou.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。コラム[おそいWi...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ITの導入から運用管理・保守まで一貫した対応

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
格安SIMでスマホのコスト削減を実現できる!しかし、SIMフリースマホには3つのデメリットがある
イメージ

 スマホ代を安くするには ●毎月かかるスマホ料金。1台であればそう負担に感じることはないという方もおられる...

[ 知って得するITノウハウ ]

Windows10への無償アップグレードは今からでもできる!その可能な条件とは
イメージ

 Windows7の修復か、10へのアップグレードか ●先日のサポート依頼で、Windows7の調子が悪いので見てほしいとい...

[ Windows10の情報 ]

汎用USBメモリの歴史はここから始まった。USBメモリの原点、その現物はこれだ!
イメージ

 今や家電雑貨になったUSBメモリ ●簡単便利なUSBメモリ。今では容量も32GB、64GBは当たり前、価格も2~3千円程...

[ ITテクノロジー、イノベーション ]

ITインフラにも影響がある太陽フレア発生、影響を見える化したWeb情報
イメージ

 強力な太陽フレアがITに与える影響 ●先日、強力な太陽フレア発生が発生し、大量のプラズマ粒子が地球に到達し...

[ ITで今起きている問題と課題 ]

PCの異常な停止、終了の原因は熱伝導トラブルだった!放熱改善の事例
イメージ

 グラフィックスボートのトラブル ●先日のサポート事例です。パソコンが起動している際に突然画面がブラックア...

[ ITサポートの事例と実例 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ