コラム

 公開日: 2014-11-30  最終更新日: 2015-02-15

万が一という言葉のマジック。再考すべきセキュリティーの考え方

ITセキュリティーの考え方をわかりやすい例で解説

●これまでにも何度もセキュリティーについては話題にしましたが、もっとわかりやすく今のITセキュリティーの現状を、今回も車を例にして解説してみたいと思います。

●現代の自動車にはシートベルトやエアバッグ、ABSなどが標準装備されるようになっていますが、つい最近まではオプション扱いだったり高級車、高級グレードにしか装備されないものでした。

●しかし今時、安全装備不十分の車には気持ち悪くて積極的に乗る気はしないはずです。義務化になったからというよりは、それだけ安全に対する意識が実際に高まったということだと思います。

●安全対策が普及し始めた当初は「シートベルトなど面倒臭い」とか「エアバッグなんていらないから価格を安くしろ」とか「ABS? 英語はわからんわ!」など惨憺たる状況だったと聞きます。しかし、欧米の車が次々と車両の安全対策に乗り出すと、日本のメーカーも続々と追従を始めました。

●それは安全重視と言うよりも「高級外車と同じものがおらの車にも付いているゾ」というステイタスのためのアイテムとして機能し導入に成功した・・というのが正直なところでしょう。

●このように、これまでの安全対策は重要視されなかった傾向にありますが、増大するモータリゼーションの勢いの前では事故の多発など深刻な状況となって、そうは言っていられなくなってきた・・という経緯があります。分母の増大は安全対策では重要な意味があるのです。

安全対策で「万が一」という言葉は実は「起こる」事を前提としている

●「万が一のことのためにそんなことはできない・・・」

●この言葉がどれほどこれまで人々を不幸に突き落としてきたか例をあげればきりがありません。

●万に一つも起こらないと言われるような事件・事故は実際に起きていることばかり。

●万にひとつということはサンプル数が1億あれば起きる件数は1万件です。1万件なら自分にも降りかかるかもしれないと思えてきます。

「万に一つですよ・・」と言われると
「なら、起きないよね・・」となりますが
「億に1万ですよ・・」と言われれば
「それってヤバいよね・・」となるのではないでしょうか?



●示している内容は同じでも、言い方次第で感じ方が変わってくるというのは人間が如何に言葉に左右されやすいかという証拠でもあります。

●「万に一つ」・・・この言葉の落とし穴はまさにここにあります。

●安全対策において、それは「起きない」ことを言っているのではなく「起きるかもしれない」という前提で使われる言葉なのです。ですからビジネスなどで「これは万が一のためのものだから無くてもよい・・」などと起きない前提で使うのは実は「騙し」のテクニックなんです。

●万が一のために、飛行機にはフェールセーフシステムがあり車にはエアバッグ、ABS、衝突安全センサー等があります。人工衛星「はやぶさ」は万が一を考えていた設計思想で帰ってくることが出来ました。


※万が一とは「起こりうること」という前提。
安全対策はポジティブに考える。

●どれも「起きることを想定している」という事を知らなくてはいけません。

●ウイルスや不正アクセス、情報漏えい、大規模ネットワーク障害などIT関連でも近いうちにわが身に降りかかるかもしれません。

●そんなネガティブなことは考えてはいけない・・ではなくネガティブなことが起きても大丈夫なようにポジティブに対策を取っておくということがこれからのITには必要です。

NetProve ネットプローブ「情報管理サービス」
九州インターワークス
http://www.kumin.ne.jp/kiw/security.html

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。●トラブル防止の為...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ハードウェアに強く、短時間で的確な対応とアドバイスを提供

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マイベストプロ福岡・佐賀セミナーでITセキュリティーの講師をさせていただきました
イメージ

 事業者のためのITセキュリティー講座 ●先日開催されたマイベストプロ福岡・佐賀セミナーで講師として「事業者...

[ 話題 ]

Windows10へ更新後、リカバリできない、リカバリに失敗する場合の原因と解決法とは
イメージ

 最近の機種は、今までの知識や復旧方法が使えない ●Windows8以降のOS搭載機では、BIOSがUEFI化されたものが大...

[ 事例 ]

機械がすぐに壊れてしまう、機械が言うことを聞かない原因と意外な事実
イメージ

 何かの仕業なのか? ●昔「グレムリン」という映画がありました。機械にいたずらをする西洋に伝わる妖精をヒン...

[ 情報 ]

ネットで利用請求画面表示が出て消えない、どうしたらいいのかその対処法
イメージ

 Web利用に詳しくない人を怖がらせ、従わせる手法 ●インターネットでいろんなページを閲覧中に、人の興味を引...

[ 情報 ]

おそいWindows7、更新失敗(アップデート失敗)問題、解決したようです
イメージ

 これで直った!Windows7の更新トラブル ●以前から問題となっていたWindows7のアップデートバグによるトラブル...

[ ノウハウ ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ