コラム

 公開日: 2014-10-13  最終更新日: 2015-12-25

PC・スマホ・ネットでやってはいけない4つの間違い

わかっているようで実践できていないIT常識

●ITで自己流が間違いであったりリスクになったりすることをこれまでもコラムでお話してきましたが、もう少し具体的に今問題になっている4つの「ITのやってはいけない」をご紹介したいと思います。

1.メールのリンクをクリックしない。

●これはフィッシング詐欺に遭う可能性が非常に高くなるためです。信頼あるところからのメールと間違えてしまうことは良くあることで、巧妙になってきている手口に引っかからないためにもメール内容、リンク先、URLを直接クリックする習慣を無くしましょう。うっかりミスを誘うのが今時の不正アクセスの手口です。


※メールリンクを直接開かず、コピーした後テキストなどに張り付けて本当に元のURLと同じであるか確かめる。

2.IDパスワードを使い回ししない

●最近の情報漏えい事件でも問題になりましたが、漏えいの中にパスワードが使い回されている事によって被害が拡大しているパターンが多いということです。たとえば、憶えるのが面倒だからと言ってYahoo!とgoogleと楽天とSNS、その他全部同じIDパスワードだとしたら、一蓮托生「ぶっこ抜き」に遭います。

3.1か所だけのデータバックアップ

●たとえばUSBメモリや外付けHDDなどの運用の問題が多いのですが、データがそれだけ、そこだけにしかない状態にしているのは間違いです。それではバックアップの意味がありません。データは最低でも2箇所に同じものが存在しているという状態ではじめてバックアップという意味が成立します。



●USBメモリにバックアップを取っていたけど出て来なくなりました・・・とかファイルがおかしくなって消えました・・・と言われてデータ復旧依頼にお越しになられる方がいますが、元のデータは?と伺うと、全部この中です・・と言う。1か所だけにしかデータがないのはバックアップではありません。ただの保存です。

●元データがあってこそ、その複製をバックアップと呼ぶのです。要するに、PCの中や光学ディスクに元データがあって、それ以外にUSBや外付けHDDへ同じデータを書き込んでいく、それがバックアップです。間違えないようにしましょう。

4.「更新してください」と表示がでてうるさい

●インターネットのコンテンツではFlashやJava,PDFなどを使用したものも多く、それが無いとまともに表示が出来なくなったりします。多くはAdobe社のソフトウェアなんですが、これらはシェアも大きくセキュリティー面で狙われやすいので頻繁に更新(アップデート)されています。

●ところがその催促の表示が出ているにもかかわらず何なのかわからない為に
「いつもX(バツ)で閉じています」とか「表示されないようにどうにかしてください」
という間違った判断をしている人がかなりいます。
以下については特に対応を怠らないように注意する必要があります。

○Adobe社のソフトウェア全般
○Java
○Windowsアップデート
○セキュリティーソフトの警告表示


Adobeの更新は必ず行う。

●以上の4つは最低でも対応しなければいけないものです。
それ以外に、インストールした他のソフト類の更新も必要ですが偽ソフトやスパイウェアなどが出すトラップ(罠)と間違えないようにしてください。

●以上、最近の動向も踏まえた4つの犯しやすい間違いをご紹介しましたが、たくさんのことが出来なくても安全のためにこの4つ位はせめて理解と対応をしてください。

九州インターワークス 注目のページ
「パソコンの常識、ウソ・ホント」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/truestorys.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。コラム[おそいWi...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ハードウェアに強く、短時間で的確な対応とアドバイスを提供

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
Microsoftになりすましたフィッシングメールに注意 リンク先をクリックしてはいけません
イメージ

 文面は稚拙ですが注意が必要 ●MicrosoftのOffice認証に問題があるかのような以下のような内容のメールが出回...

[ 時事 ]

家庭または会社のPC端末を複数で共用して使う場合やっておくべき3つのこと
イメージ

 理想は一人一台 ●本来ならばパソコンなどの端末は「パーソナルコンピュータ」というその名が示すとおり個人一...

[ 情報 ]

ITサポートの現場からエンジニアが見た、聞いた、体験した今年2016年の3大ITニュース

 1.Windows10 無償アップグレード期間終了 ●Windows10の無償アップグレード期間が7月に終了しました。しかし...

[ 時事 ]

年末はパソコン・周辺機器も大掃除。電子機器の清掃、3つの注意点とは
イメージ

 電子機器の掃除は慎重に ●パソコンや周辺機器もトラブル防止のために1年に1回は大掃除したほうが良いのは言う...

[ 情報 ]

キュレーションサイトなどインターネットの情報は、発信元を良く確かめて
イメージ

 まとめただけ・・・では上質な情報とはならない ●最近、キュレーションサイトというネット上の情報をまとめた...

[ 時事 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ