コラム

 公開日: 2014-09-27  最終更新日: 2018-05-17

外付HDDのトラブル!バックアップ出来ていると思って実はできていなかった例

バックアップには様々な運用形態がある

●昨日サポート依頼があったのは、ネットワーク簡易NASのトラブルです。データが読み出せなくなったということでデータを復旧して欲しいと言う依頼です。

●簡易NASと言うのは、ネットワーク上で使用するファイルサーバで、価格はさほど高額ではなく設定も簡単で手軽なため、様々な所で数多く使用されています。

●今回のNASは内部にHDDが2台入った"RAID"(レイド)という方式のものです。通常のUSB外付けHDDなどの外部記憶装置は、HDD構成としては1台のみです。RAIDという方式は複数のHDDで構成されていて様々なメリットがあるために、データ保護の信頼性からこちらの方式を選択する場合も多いようです。

●本来、バックアップというのは同じデータが複数箇所に存在していて初めてバックアップたりえます。ところが、外部記憶装置にしかデータが存在しておらず、ただのデータの保管場所にしているのにそれを"バックアップ"と言って運用している危うい状況にあるユーザーも多いのです。

●確かにOSと同じHDDではない外部へ保存しておけば、OSが起動しなくなった際にデータを巻き込まなくて済みます。しかし、外部とは言えHDDも機械ですから故障ですべてデータを喪失してしまうおそれがあるため、複数のHDDを使うRAIDにしてリスク回避を図ります。


※今回持ち込まれた簡易NAS ただの機械ですので壊れることもあります。

●さて、今回持ち込まれたものですが、確かにHDD2台でRAIDで運用されています。しかし最初に気が付いたことは、設定が"RAID0"になっていたということです。

●HDD2台以上で運用するRAIDには2種類あって
RAID0(ストライピング)
RAID1(ミラーリング)
があります。

●RAID0(ストライピング)は2台のHDDにデータを交互に書き込んで高速性を確保しようというもの。メリットは一度に2倍の速度で読み書きが出来るのでアクセス速度が速い、そして2台の容量を足し算できるので大きな容量を使えることです。デメリットは高速性からくる発熱が多く酷使するような状態になること、故障も多くどちらか片方が壊れてしまうとデータが全く復旧できなくなることです。

●RAID1(ミラーリング)はデータを書き込む際にHDD2台に全く同じデータを書き込むというもの。これならばどちらかが故障しても、片方には必ずデータが生きていると言うわけです。ただし全く同じデータを書き込みますからHDDの容量は2台でも1台分です。それにデータ保持は故障の際だけの期待であって、誤消去やウイルス被害については2台が全く同じデータ状況になるため影響は避けられません。

●RAID0はリスクよりも高速性を活かしたメリットを最優先に考えて運用する方法。たとえば大容量のデータを高速転送し頻繁にやり取りする動画編集などに有利です。 RAID1は、アクセス速度や容量よりも故障の際にデータの保持を最優先に考えて運用する方法です。

●このように、それぞれの方式は用途も挙動も全く別のものになるために両方のメリット、デメリットには共通性がありません。運用する前にどちらを目的で使うのかしっかりとした方針で使わなければ、どちらも満たさない結果となって導入した意味がほとんどなくなってしまいます。


内部には2台のHDD。RAID0、1は2台のHDDを使用して生じるそれぞれのメリットを活かす。

設定一つで勘違い運用。悲劇はそこから始まる

●調べてみるとこのメーカーのこの機種はデフォルト(標準値)がRAID0になっていて、RAID1を使いたい場合は設定を手動で変えなければならないようです。

●ところが、デフォルトのままRAID0のストライピングRAIDで運用されていました。HDD1台が物理的に壊れてしまい、データが読み出せなくなっています。これではバックアップの意味がありません。

●HDDから発生する音から、プラッタ上をヘッドが引きずっている音がしますので通常では回復不可能。ラボ作業でもおそらく望みは薄く、かかる費用次第では復旧断念となりそうな状況です。

●依頼者の話ではこのNASは以前、業者が持ってきて取り付けて行ったということですが、設置した業者もRAIDのモードなどをきちんとオーナーに確認せずに、そのまま取り付けて帰ったしまったようです。

●バックアップ目的ならばやはりRAID1で運用するべきで、もし今回のトラブルがRAID1で起こっていたら片方のHDDは生きていますのでデータは復旧可能でした。

●バックアップはこのように設定1つで御破算になってしまうことは珍しくありません。何でも業者任せにせず少しでも意識を高めていただき、未然にトラブルを回避できるようになれば不必要なリスクを被らずに済みます。

●外付けHDDのみが頼り・・という状況で運用されているバックアップ環境もいろいろと問題です。「機械は壊れるもの」ですから過度な依存は危険。バックアップやデータ管理についても自己流ではない確かな情報を積極的に取り入れて運用していくことも必要です。

九州インターワークス 注目のページ
「パソコンがおそい、固まる主な原因」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/osoi.htm
「パソコンの安定化対策」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/antei.htm
「パソコンとほこり」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/hokori.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

お知らせ
イメージ

当プロ(古賀 竜一)、または社名(あんしんパソコン相談室 九州インターワークス)の関係者であるとか、知り合いであるなどとかたって行われた第三者による違法また...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

的確な判断で現状復旧を優先するITトラブル解決の専門家

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
JIJICOに寄稿しました。今回のテーマはITセキュリティーとリテラシー
イメージ

 ITセキュリティーとリテラシーとの関係 JIJICO 2018年6月10日セキュリティーソフトは必要?ITリテラシーを...

[ 情報発信・告知 ]

パワーポイントビューワー2010のダウンロードが終了。その後の対応策を考えてみる
イメージ

 Microsoft公式ページでは提供終了 ●Officeがインストールされていないパソコンでは、ワード、エクセル、パ...

[ 知って得するITノウハウ ]

商品評価サイトに専門家による分析記事で監修協力した内容が掲載されました
イメージ

●月刊誌「家電批評」のWeb版ともいえる「360.life 」に私が監修、協力させていただいた記事が掲載されました。家電...

[ 情報発信・告知 ]

印刷ミスはなぜ起きる?印刷時の失敗、トラブルの根本原因を探る
イメージ

 誰にでもある印刷時のミス ●プリンタで印刷する際に失敗することは誰にでもよくあることです。私も印刷で失敗...

[ 専門家からの提言と考察 ]

JIJICOに記事が掲載されました。テーマはSNSなどの実名公開、顔出しとITリテラシーです
イメージ

JIJICOに、IT関連記事を寄稿いたしました。掲載された記事は以下の通りです。●「SNS等ネット上の実名公開・顔...

[ 情報発信・告知 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ