コラム

 公開日: 2014-07-28  最終更新日: 2017-01-05

パソコンが"できる"という本当の意味と3つの要素(後編)

パソコンを"使える"から"できる"ようになる要素

前編でも言いましたがサポートエンジニアから見て、パソコンが"使える"と"できる"では違いがあること、またそれには以下の3つが要素としてあることを述べました。

①パソコンの能力に見合った使い方をしている
②早くて的確な検索能力
③OSとアプリケーション、ハードウェアのバランスを考えて運用している

要素①から説明していきます。

①パソコンの能力に見合った使い方をしている


●"余裕"のある環境で運用することがパソコンの作業効率を上げる秘訣です。ですから余りに性能が低い安いパソコンで無理な作業をさせている人はどんなにタイピングが早くても、ソフトを駆使できてもパソコンが"できる"とは言えません。

●例えて言うならば、バケツでいっぱいにしなければいけないドラム缶を、マグカップで何度も注いでいるような状況に見えてきます。マグカップの動きを早くすればいいではないか・・と言ってもそれが"できる"仕事とは言えないのと同じです。

●また、動画編集や変換、画像編集などの重量級ソフトウェアはマルチコアCPUのPCで作業すべきで、他に64bitOSや連装HDDで作業領域と保存領域を分けるなど工夫ができれば、非常に快適な作業が期待できます。それをやらずして「編集が出来る」と言われても本質的に理解していないことがわかってしまいます。そこを理解してからこそ"できる"と言えます。

②早くて的確な検索能力


●これはどういうことかというと、インターネットの検索で知りたい情報を安全に確実に、それも短時間で探し出せる人は"できる"人だということです。



●ネットで検索が上手く出来ない人の様子を側から見ていると、検索技術が未熟です。全般にあきらめが早い人、短気な人、洞察力が低い、表記などにすぐに騙される・・・などでサーチ能力が左右されます。

●デバイスドライバやフリーソフトを探す際に、決して行ってはいけないようなページでそこからダウンロードをしてしまう人がいますが、危険なページをかぎわける「嗅覚」も必要です。経験と実践が検索能力を高めます。

③OSとアプリケーション、ハードウェアのバランスを考えて運用

●前編で佐々木小次郎の話をしましたが、剣豪とは剣さばきが上手いだけではダメで武士道が背景になければ達人とは認められないわけです。やはり人と道具の関わり合い方という部分にも「本質」というものがあるわけです。

●パソコンも同じ。
パソコンのハード、ソフトの役割と負荷をきちんと理解して、バランスを考えて使うと遅くなることもフリーズすることもエラーになることも少なくなります。

●デバイスドライバやファームウェア、プログラム自体の更新など最新の状態になっているかなど、ソフトウェアとハードウェアの整合性とバランスを意識し、考慮した使い方を実践することがパソコンのパフォーマンスを100%引き出せる"できるパソコンの"使い手です。



●パソコンは30万円かけた最新のモデルだけど、いつも固まる、おそい、エラーが出るという使い方をしている場合は"パソコンができる"とは到底言えません。お金を出せは良いものは誰でも買えます。しかし、車と同じで100%の能力を引き出せるかどうかは、それを使う人の考え方次第です。

●以上のようにパソコンが"できる"ということの本当の意味を理解すれば、他のどんなことよりも最短で上達に近づくことができますので、ご参考いただければと思います。

パソコンが上達する講習会-----参加者募集中
九州インターワークス
http://www.kumin.ne.jp/kiw/learning.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。コラム[おそいWi...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ITの導入から運用管理・保守まで一貫した対応

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
格安SIMでスマホのコスト削減を実現できる!しかし、SIMフリースマホには3つのデメリットがある
イメージ

 スマホ代を安くするには ●毎月かかるスマホの料金。1台であればそう負担に感じることはない方もいるかもしれ...

[ 知って得するITノウハウ ]

Windows10への無償アップグレードは今からでもできる!その可能な条件とは
イメージ

 Windows7の修復か、10へのアップグレードか ●先日のサポート依頼で、Windows7の調子が悪いので見てほしいとい...

[ Windows10の情報 ]

汎用USBメモリの歴史はここから始まった。USBメモリの原点、その現物はこれだ!
イメージ

 今や家電雑貨になったUSBメモリ ●簡単便利なUSBメモリ。今では容量も32GB、64GBは当たり前、価格も2~3千円程...

[ ITテクノロジー、イノベーション ]

ITインフラにも影響がある太陽フレア発生、影響を見える化したWeb情報
イメージ

 強力な太陽フレアがITに与える影響 ●先日、強力な太陽フレア発生が発生し、大量のプラズマ粒子が地球に到達し...

[ ITで今起きている問題と課題 ]

PCの異常な停止、終了の原因は熱伝導トラブルだった!放熱改善の事例
イメージ

 グラフィックスボートのトラブル ●先日のサポート事例です。パソコンが起動している際に突然画面がブラックア...

[ ITサポートの事例と実例 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ