コラム

 公開日: 2014-07-07  最終更新日: 2015-12-19

パソコン関連でコストを落とす努力が単なるディスカウントだけだった結果、裏目に出た例

オークションで落札、その結果・・・

●最近、立て続けにサポート事例でも起きている事ですがパソコン関連のことで、なるべく費用をかけまいとして逆に無駄な努力や損失を被る事例が相次いでいます。

●ネットオークションで、「わけあり品」なのに他の入札者と競って熱くなり高額で落札したノートパソコンが、電源が入らないどころかマザーボードが壊れたものが届き、「どうにかなりませんか?」という相談が先日ありました。

●"わけあり"の意味が「起動しない」ということだったのを承知で落札しているだけに、これは同情の余地がありません。

●ご本人は「まさか、本当に壊れていて起動しないなんて思っていませんでした・・・」と言われていましたが、オークションで熱くなって落札したと言ってもこれは余りに軽率な判断ですね。



●また、別の方の相談で同じくオークションでノートパソコンを落札したけれども、ネットにつながらない・・ということで相談があったのですが・・・

●話を聞くと、リカバリで5~6年前の購入時に戻しただけの全く整備されていないパソコンを落札した模様。これではネットにつながらないのは当然です。しかし当の本人はそんなことになっているとは夢にも思っていないご様子。

●出品者が「ネットもすぐに使える状態です」と言っていたらしいですが、そんなことを信じていては余りに人が良すぎます。SPやIE、もろもろの更新と各種ソフトを最新の環境にしないといけないのですが、自分で出来ない・・・とのことで、このままでは改善に更に費用が必要な状態です。安く落札してラッキーと思ったのが、そうではなかったという結果に・・・。

●出品者の評価は良かったんですよ! と一応自分なりの目利きをわかって欲しいようでしたが、それだけでは判断材料としては弱すぎです。「専門家に見せたらすぐには使えない状態だと言われた」と出品者に相談して、返品するか整備してもらうかしてください・・と伝えました。

●良いものを安く落札できた・・と賢く振る舞ったつもりが逆の結果になった事例でした。



コスト回避の裏に潜む「リスク」を無視しない

●上の二つの例は、自分では上手く立ち回ってパソコンを安く入手できたと思っていたつもりが、逆に無駄なコストや損失が発生した実際の事例ですが、パソコン関係でコストをかけまいとする余りに逆にもっと労力やお金がかかったり、損失を被ったりする例はいまだになくなりません。

●コストをかけずに上手くやるということはそれなりの情報や知識が必要です。しかし、専門的分野はそう甘くなく、ひとつ上手くいっても次が上手くいくかどうかはわかりません。

●最初に上手くいっても次が上手くいく保証はどこにもないのです。良く、自作パソコンや現状渡しの中古PCを購入して1~2台目は問題が無くても3台目で泣きを見る例は非常に多いのです。その場合、返品手続きや買換えなどで手間がかかるだけでなく、中には知識不足でリカバリディスクが付属していない物を落札してしまい、コストを抑えるつもりが判断のミスで使えないものを購入して、無駄なコストを発生させてしまうこともあります。



●安く済ませようという動機だけで自作や現状渡しの中古パソコンに手を出す場合は、リスクも想定しておく覚悟が必要。それが出来ないのなら、自作をしたり、中古の購入はしないことです。

●それなりの覚悟や勉強代を厭わないという向上心やチャレンジ精神があるのならば、スキルアップにつながるから良いのですが、単にコスト面だけが目的ならば痛い目に遭うことも想定しておかなければなりません。

●そのようなことが我慢できなかったり、嫌でリスク回避したいならばやはり冒険は慎むべきです。

自分の限界を知っておくことが最良のリスク回避法

●また別の相談では、パソコンとタブレットが接続できないということで電気屋さんやプロバイダにかけ込んで診てもらっても解決せず、夜も眠れず1週間悩んだ末、依頼を決心したという相談がありましたが、ほんの数分の診断で解決。

●それまでの苦労は何だったのか?始めからここに来ればよかった・・・とため息。意外とそういうものなんです。1週間も悩むのであれば持込診断1,500円は決して高くないと思います。

●スキルを磨くのが目的でない場合なら変に欲の皮を突っ張らず、素直に、コストは掛けるところにちゃんと掛けることで、無駄な努力や損失を回避できる事もあります。

●専門家に頼まなくても出来るのではないか? 専門家に頼る程の事ではないのではないか?といつも頭をよぎるかもしれませんが、深みにハマってからではダメージも大きいので、自分の限界を超えていると思う場合は更なるリスクを招く前に、素直に、専門家などに相談することが一番の「リスク回避法」です。

●パソコンでやってはいけない3禁は
 ①独断や憶測(知ったかぶり)
 ②固執や頑固(ひとりよがり)
 ③安直や軽視(軽率、いい加減)

です。

九州インターワークス 注目のページ
「パソコンがおそい、固まる主な原因」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/osoi.htm
「パソコンの安定化対策」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/antei.htm
「パソコンとほこり」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/hokori.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。●トラブル防止の為...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ハードウェアに強く、短時間で的確な対応とアドバイスを提供

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マウスカーソルが勝手に動く、飛ぶ!何が起きているの? その原因と対応方法
イメージ

●先日の実際のサポート事例です。ノートパソコンで文章入力中にたびたびマウスカーソルがあちこち飛んだり動いたり...

[ 事例 ]

マイベストプロ福岡・佐賀セミナーでITセキュリティーの講師をさせていただきました
イメージ

 事業者のためのITセキュリティー講座 ●先日開催されたマイベストプロ福岡・佐賀セミナーで講師として「事業者...

[ 話題 ]

Windows10へ更新後、リカバリできない、リカバリに失敗する場合の原因と解決法とは
イメージ

 最近の機種は、今までの知識や復旧方法が使えない ●Windows8以降のOS搭載機では、BIOSがUEFI化されたものが大...

[ 事例 ]

機械がすぐに壊れてしまう、機械が言うことを聞かない原因と意外な事実
イメージ

 何かの仕業なのか? ●昔「グレムリン」という映画がありました。機械にいたずらをする西洋に伝わる妖精をヒン...

[ 情報 ]

ネットで利用請求画面表示が出て消えない、どうしたらいいのかその対処法
イメージ

 Web利用に詳しくない人を怖がらせ、従わせる手法 ●インターネットでいろんなページを閲覧中に、人の興味を引...

[ 情報 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ