コラム

 公開日: 2014-05-22  最終更新日: 2015-12-19

専門家も恐れる、サポートの現場で遭遇する今のITセキュリティーの現状と実態

サポートの現場で一体何が起きているのか

●昨日は、ウイルスに感染したパソコンが持ち込まれてきました。
htaを利用してネット上から不正な画面を誘導すると言うものです。


※mshtaで不正な画面が誘導されてしまう。

●持ち込まれたパソコンにはセキュリティーソフトがちゃんと入っていますがこのタイプのウイルスには全く効き目がありません。これはどんなセキュリティーソフトも感知しないタイプですので厄介です。

●最近では、このようにセキュリティーソフトに感知されずに感染を引き起こす例が後を絶たず、事実上ウイルスは素通り状態になっています。

●下記記事は現在のサポートの現場で起きている実態をそのまま表しているとも言えます。
----------------
●「アンチウイルスソフトは死んだ」とノートンで有名なシマンテック幹部が告白、半分以上の攻撃を検知できず
http://gigazine.net/news/20140507-antivirus-software-is-dead/

●97%の企業がセキュリティ対策をしてもマルウェアに侵入されている
http://gigazine.net/news/20140521-97-percent-hacked/

セキュリティーソフトが入っているから大丈夫?

●ウイルスやアドウェア、危険なツールバーと同居したまま運用されているパソコンはサポート事例からもそう珍しくはなく、個人のPCの10台のうち約半数には何らかの怪しいものが入っているのが実情なんです。

●私たち専門家は、ウイルスの挙動を知っているため自身のパソコンがウイルスなどの感染を招くことはありません。しかし、一般の方はセキュリティーソフトだけが頼りとなりますので事態は深刻です。

●実際にユーザーの環境を良く見ると危険なツールバーが組み込まれていたりしていても気が付いていない。無料のセキュリティーソフト、ツールバー、Webストレージサービス、遠隔サポートシステムの中には安全性が疑われるものも多く、プロからすれば「これはちょっと・・・」と思うようなものもあるのが実態です。

●しかし、嬉々としてこれらを得意げに披露してくるユーザーをサポート先で見ますが、それについてアドバイスするというのも大変危険な状況になってきています。

●というのは、どんなに専門家やプロが指摘しても、無料であること、ユーザーのいネット評価(自作自演)、効果を謳う常套句や多機能(でも不安定)なネットサービスの見かけの便利さに依存性に陥っているからです。「こんなに便利な物を否定されても、にわかに信じられない」という洗脳に似た作用があります。

●ですから、「パソコンのパフォーマンスが低下しています、今すぐここをクリック」などと言われると、躊躇なく素直にクリックしてしまい不正なプログラムを食らったりするのです。


※Microsoftの表記があることで誘導されやすい。

メリットに見合ったリスク管理も必要

●このようなことは仕掛けているほうも悪いのですが、ユーザー側のリスク管理が出来ていないことも問題です。インターネットは広大で目の前のパソコンは既に全世界とつながっているということが理解できていますか?

●海外旅行に行く際には防犯の工夫などをしたり心構えを意識したりリスク管理をしますが、パソコンが自宅にあるからという油断がリスク管理の油断にもなっています。自宅PCはインターネットで全世界とつながっているという意識を深めてください。

●インターネットは便利ですがその便利さに比例したリスクも内在しています。どんなものにも絶対はありません。インターネットのメリットを享受するにはそのメリットに見合ったリスク管理も必要だということを理解しましよう。

●インターネットは使い方講座だけでなく危機管理を説明できる講座を受講しましよう。

九州インターワークス 注目のページ
「パソコンがおそい、固まる主な原因」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/osoi.htm
「パソコンの安定化対策」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/antei.htm
「パソコンとほこり」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/hokori.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

お知らせ
イメージ

当プロ(古賀 竜一)、または社名(あんしんパソコン相談室 九州インターワークス)の関係者であるとか、知り合いであるなどとかたって行われた第三者による違法また...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

的確な判断で現状復旧を優先するITトラブル解決の専門家

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
印刷ミスはなぜ起きる?印刷時の失敗、トラブルの根本原因を探る
イメージ

 誰にでもある印刷時のミス ●プリンタで印刷する際に失敗することは誰にでもよくあることです。私も印刷で失敗...

[ 専門家からの提言と考察 ]

JIJICOに記事が掲載されました。テーマはSNSなどの実名公開、顔出しとITリテラシーです
イメージ

JIJICOに、IT関連記事を寄稿いたしました。掲載された記事は以下の通りです。●「SNS等ネット上の実名公開・顔...

[ 情報発信・告知 ]

古いPCのWindows10でおそい操作感や表示動作を劇的に改善する簡単な方法
イメージ

 相次ぐアップデートで古いPCがおそくなった ●Windows10は約1年に一度のペースで大型更新を繰り返しています。...

[ Windows10の情報 ]

ITの専門家として取材に協力し、新聞記事に掲載されました
イメージ

 IT機器とストレスのついて取材協力 ●今日、4月22日の読売新聞全国版、「くらし」のページでIT眼症についての...

[ 情報発信・告知 ]

楽天市場からの偽の注文情報メールはただのフィッシングメールではなかった!
イメージ

 フィッシングに気づく前に不安に陥れる ●先日は、楽天カードからの偽のフィッシングメールが来たことを話題に...

[ セキュリティー対策、個人情報管理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ