コラム

 公開日: 2014-04-29  最終更新日: 2015-12-23

サポート事例:Windows XP から7へ内部ハードウェア共にアップグレードした事例

既存PCをWindows7へアップグレード


●Windows XPからの切替依頼がいまだに続いていて、新規への入替の他にも今回事例のように既存PCを7へアップグレードしたいという依頼もたくさん寄せられています。

●しかし、既存PCは基本的にXP時代の性能のものですので7で快適動作させるにはハードウェア的な内部の性能もアップグレードする必要があります。

●その条件はメモリが2GB以上搭載できること、CPUがIntel Core以上の物にすることなどが最低限の要件となります。

●その条件で切替が出来るのはVistaが出たころのXPモデルの最終型くらいからになります。あまり古いPCは7を導入しても性能的に無理が出ますのでお勧めできません。特にグラフィックスに問題が出やすいです。

既存CPUを次世代のCore2Duoへ換装


●今回のアップグレードでは既存メモリ1GB、CPUはPentium4 プレスコットコア3.2GHzですが、チップセットがIntel965Gですのでマザー交換なしで次世代のCore2Duoへ換装可能です。

●メーカー製PCですが、法人モデルですのでパーツの互換性は高く、CPU換装は可能です。


今回アップグレードするPC。CPUとメモリを換装して性能向上を図ります。

●最大のメリットは、プレスコットコアからIntelCoreへの移行で消費電力、発熱とも激減する事です。
それでいて、性能は数倍にアップします。最も劇的な効果が期待されるパターンの一つです。

●基盤側CPUソケットには775本の金メッキされたピンが整然と配置されていて、これがCPU本体の裏面にある775箇所の純金端子と接触することで導通し機能します。


基盤側ソケット。775本の金コーティングされたピンで構成された超精密な部分。
ここにCPUを装着します。

●基盤側のこの構造はとんでもなく精密に作られているそうで話によると日本のメーカーしか造れない
ということらしいです。

●現在最新のCPUでは1150箇所もの端子を持っています。


CPU裏側の端子。これも775箇所が金コーティングされていて接触不良を防ぎます。
中心付近の集合体はチップコンデンサ。

経験と技術を活かすことで低コストで効率的な 環境移行が可能


●この換装では、ただソケットサイズが同じ、形が同じ・・ということだけで換装が可能なのではなく、搭載チップセットのCPU対応調査によって965GであればFSB1333のCore2Duo E8500が対応している事をデータシートから読み取る必要があり、さらに、マザーボード側のBIOSと換装CPUのステッピングがマッチするかなどを調査する必要があります。
その上で必要なBIOS更新・設定などを行うことも出てきます。


CPUを慎重にソケットに装着。ヒートシンクも装着します。

●このようにして無事にXP機が7へアップグレード出来ました。費用はこれでも新品構成よりも40%程度安い価格で完成します。経験と技術を活かすことで低コストで効率的な環境移行が可能です。

●なかなか悩んで踏み切れないパソコン環境の移行ですが、「思い切る」ということも悩みを解消する一つの有効な対処法です。その思い切りを十分受け止めることが出来る、良きアドバイザを見つけることも改善成功の秘訣です。

九州インターワークス 注目の記事 
「パソコンの安定化対策」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/antei.htm
「パソコンが遅い!固まる!主な原因」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/osoi.htm
「パソコンとほこり」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/hokori.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

お知らせ
イメージ

当プロ(古賀 竜一)、または社名(あんしんパソコン相談室 九州インターワークス)の関係者であるとか、知り合いであるなどとかたって行われた第三者による違法また...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

的確な判断で現状復旧を優先するITトラブル解決の専門家

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
JIJICOに寄稿しました。今回のテーマはITセキュリティーとリテラシー
イメージ

 ITセキュリティーとリテラシーとの関係 JIJICO 2018年6月10日セキュリティーソフトは必要?ITリテラシーを...

[ 情報発信・告知 ]

パワーポイントビューワー2010のダウンロードが終了。その後の対応策を考えてみる
イメージ

 Microsoft公式ページでは提供終了 ●Officeがインストールされていないパソコンでは、ワード、エクセル、パ...

[ 知って得するITノウハウ ]

商品評価サイトに専門家による分析記事で監修協力した内容が掲載されました
イメージ

●月刊誌「家電批評」のWeb版ともいえる「360.life 」に私が監修、協力させていただいた記事が掲載されました。家電...

[ 情報発信・告知 ]

印刷ミスはなぜ起きる?印刷時の失敗、トラブルの根本原因を探る
イメージ

 誰にでもある印刷時のミス ●プリンタで印刷する際に失敗することは誰にでもよくあることです。私も印刷で失敗...

[ 専門家からの提言と考察 ]

JIJICOに記事が掲載されました。テーマはSNSなどの実名公開、顔出しとITリテラシーです
イメージ

JIJICOに、IT関連記事を寄稿いたしました。掲載された記事は以下の通りです。●「SNS等ネット上の実名公開・顔...

[ 情報発信・告知 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ