コラム

 公開日: 2014-04-18  最終更新日: 2015-10-31

現場で遭遇するパソコンの寿命 【第2回 個人向けデスクトップPC編】

【第2回 個人向けデスクトップPC編】

デスクトップPCの構成要素


※デスクトップPCについて誤解が多いようですので、先に説明をさせていただきます。デスクトップPCの画面、いわゆる液晶ディスプレーは通常であれば映す専用の機械であり、この中にはデータは存在しません。横に置いてある箱型のケースが重要で、ここにHDDやCPUなどが入っていて、データもそこにあります。例外は一体型PCで、画面だけでパソコンになっている(横にケースが無いタイプ)ものはすべての構成パーツが液晶画面の裏側にあり、データもそこにあります。

最近ではこの区別がわからない方が多いようです。修理の際に画面だけ持参してくる方がおられることから、かなりの方がデスクトップPCの構成要素が理解されていないという実態があります。

一体型デスクトップPC



※一体型デスクトップPC-- すべてが画面内に内蔵されている

●このジャンルで寿命が最も短い傾向にあるのが「一体型」です。要するに画面と本体が一体になっているタイプの物。余計な箱(本体)が横に必要でないので、薄くて省スペースかつスリムで「見栄え」は良いのですが、その薄い筐体の中に液晶パネル、CPU、メモリ、HDDなど構成部品が密集していて放熱に問題が出やすく、パーツのスリム化やデスクトップでありながらモバイル用パーツで構成されていることもあり、寿命が短い傾向にあります。

●薄型化から来るデメリットで要するにデスクトップなんだけど、構成パーツがノート用であることも珍しくはなく、処理速度も遅い傾向にあります。電源もノートPCと同じACアダプタであったりして処理速度が今一つ遅いという傾向につながっています。

●ですからCore i5やCore i7の高性能タイプと思って購入しても、モバイル用であったりしますので通常のデスクトップタイプよりパフォーマンスが明らかに落ちます。

●修理の際は、モデル専用のパーツ構成なのでメーカーの修理部品保有年数(6~7年)を超えてしまうと修理が不可能になってしまいます。

スリム型デスクトップPC


※スリム型デスクトップPC-- サイドに薄型の本体を伴うタイプ

●スリム型のセパレート方式(本体別)のモデルは通常のタワー型より薄くて見栄えが良く、設置スペースが確保しにくい場所でも選択肢が広がるため日本での需要は最も多いタイプです。本体ケースは内部構成パーツで隙間がない位になるため、放熱の問題とスリム化設計の問題(妥協が多い)が出やすく普通のタワー型と比べると耐久性は若干低い傾向にあります。

●電源ユニットが高容量化出来にくいため消費電力が大きい高性能な仕様構成にしにくく、どちらかというとミドルレンジからバリューモデルの採用が多いようです。しかし、セパレートであることによって一体式モデルよりも遥かにリスクは低くなります。

タワー型デスクトップPC


※タワー型デスクトップPC-- サイドに大きいタワー型の本体を伴うタイプ

●一番耐久性があるのは筐体は大きいですが従来型のタワー型パソコンです。内部空間に余裕があり放熱しやすく、また基板設計も無理や妥協をしなくて済みますので、処理スピードも速くなります。パーツ規格もノート用などを使う必要性はなくフル規格で構成できますので処理速度は段違い。修理の際は汎用品で十分対応が可能になりますので低価格で短時間の修理が可能です。

●海外では、日本のように設置スペースの問題があまりありませんのでデスクトップPCはこのタワー型が主流です。

次回は 【第3回 法人向けノートPC編】 です。

九州インターワークス 注目の記事 
「パソコンの安定化対策」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/antei.htm
「パソコンが遅い!固まる!主な原因」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/osoi.htm
「パソコンとほこり」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/hokori.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。●トラブル防止の為...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ハードウェアに強く、短時間で的確な対応とアドバイスを提供

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マウスカーソルが勝手に動く、飛ぶ!何が起きているの? その原因と対応方法
イメージ

●先日の実際のサポート事例です。ノートパソコンで文章入力中にたびたびマウスカーソルがあちこち飛んだり動いたり...

[ 事例 ]

マイベストプロ福岡・佐賀セミナーでITセキュリティーの講師をさせていただきました
イメージ

 事業者のためのITセキュリティー講座 ●先日開催されたマイベストプロ福岡・佐賀セミナーで講師として「事業者...

[ 話題 ]

Windows10へ更新後、リカバリできない、リカバリに失敗する場合の原因と解決法とは
イメージ

 最近の機種は、今までの知識や復旧方法が使えない ●Windows8以降のOS搭載機では、BIOSがUEFI化されたものが大...

[ 事例 ]

機械がすぐに壊れてしまう、機械が言うことを聞かない原因と意外な事実
イメージ

 何かの仕業なのか? ●昔「グレムリン」という映画がありました。機械にいたずらをする西洋に伝わる妖精をヒン...

[ 情報 ]

ネットで利用請求画面表示が出て消えない、どうしたらいいのかその対処法
イメージ

 Web利用に詳しくない人を怖がらせ、従わせる手法 ●インターネットでいろんなページを閲覧中に、人の興味を引...

[ 情報 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ