コラム

 公開日: 2014-04-16  最終更新日: 2015-10-31

現場で遭遇するパソコンの寿命【第1回 個人向けノートPC編】

第1回 個人向けノートPC編


●今回カテゴリ分けしているパソコンの中でも一番寿命が短いのが個人向けノートPCです。個人向けは、販売台数を伸ばすために耐久性よりもデザイン、機能の数や最新技術などを搭載することで顧客の注意を引く必要があります。

●そのため、メーカー間で開発間もない新しい機能などを早々に搭載し、一種の「競争」になります。しかし新しい技術は市場での検証が充分に行われていないために、思わぬ不具合やトラブルを起こしやすいというリスクも内包しています。

●また更に、コスト競争というものにも巻き込まれやすくライバル会社よりも低価格で販売するため設計段階でいろいろと妥協や犠牲になっている部分も出てきます。

●こういうことが重なって、全体的に寿命が短い傾向がありこれはサポートの現場でも持ち込まれてくる故障・不具合内容など様々な事例でも判明します。



●構成パーツの寿命が極端に短いものもあり、光学ドライブなどは故障しがちで短命です。またデザインを優先させるために薄く造られたボディーの耐久性は低く、強度も弱いので持ち運んで使用していると、剛性不足からくる歪で内部構造や基盤に影響が出やすいようです。さらに薄いほど熱が逃げにくくなり放熱に問題が出てダメージとなり、故障しやすい機種もあります。

●コネクタ類(差し込み口)の強度や耐久性はさらに低く、抜き差しを繰り返すうちに本体側受け口がダメになることが多いようで、USBコネクタや電源コネクタをダメにしてしまった方も多いと思います。扱いが雑というのもあるようですが単に作りが脆いというのもあります。





●また、バッテリーは2~3年程で完全に機能を失うものが多く、それ以後はACアダプタが必ず必要になります。

●HDDですが、普通に使っていれば5年はもつと思います。しかし、動画編集や録画などで頻繁に使う、夏に冷房のない部屋で酷使するなどすると1年でもHDDは死んでしまうこともあります。特にノートPCのHDDは小型化から来るマイナス面では一番条件が悪く、デスクトップ用の物より故障しやすい傾向にあるようです。



●HDDの寿命を縮める行為はまだあります。振動や衝撃です。起動中に本体を移動させたり、持ち歩いたり、卓上に静かに置いたつもりでもHDDにとってはかなりの衝撃になります。移動させる時は必ずパソコンを終了させましょう。

●それから意外に多いのは液晶モニタの故障。これは「バックライト」という部分が寿命を迎えることでも起きます。現在では長寿命のLED方式がほとんどですが以前は蛍光管を使ったものがほとんどで寿命が短かったり、個体差で故障が早かったりします。

●バックライトが壊れると画面が薄暗くなったようになり、起動しているのはわかるけど、暗くて見えないという症状が出ます。バックライトを交換すれば直りますが、液晶そのものや出力回路側に問題があって交換しても直らないなどということもあります。

●メモリ、CPUはほとんど寿命が来ることはありませんが、メモリは個体差でエラーが出たりして故障してしまうものがあります。これは交換だけで直ります。



●以上のようなことから個人向けノートPCは10年を経ずして故障に至り、寿命を迎えるものが多いのです。現在販売されているノートPCは、メーカーや機種によっては2~3年、通常は5~7年くらいで何かのトラブルが起き始めると思っておいた方が良いでしょう。8年以上残るものはそう多くはないようです。もし10年持てば非常にラッキーだと思って良いでしょう。

●しかし、機械的に長持ちしてもOSの終了問題は次々やってきます。XPだけではなくVistaも7もやがてはサポートが終了するのです。その場合はソフトウェア的に寿命を迎えてしまいます。

次回は 【第二回 個人向けデスクトップPC編】 です。

九州インターワークス 注目の記事 
「パソコンの安定化対策」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/antei.htm
「パソコンが遅い!固まる!主な原因」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/osoi.htm
「パソコンとほこり」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/hokori.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。コラム[おそいWi...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ハードウェアに強く、短時間で的確な対応とアドバイスを提供

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
Microsoftになりすましたフィッシングメールに注意 リンク先をクリックしてはいけません
イメージ

 文面は稚拙ですが注意が必要 ●MicrosoftのOffice認証に問題があるかのような以下のような内容のメールが出回...

[ 時事 ]

家庭または会社のPC端末を複数で共用して使う場合やっておくべき3つのこと
イメージ

 理想は一人一台 ●本来ならばパソコンなどの端末は「パーソナルコンピュータ」というその名が示すとおり個人一...

[ 情報 ]

ITサポートの現場からエンジニアが見た、聞いた、体験した今年2016年の3大ITニュース

 1.Windows10 無償アップグレード期間終了 ●Windows10の無償アップグレード期間が7月に終了しました。しかし...

[ 時事 ]

年末はパソコン・周辺機器も大掃除。電子機器の清掃、3つの注意点とは
イメージ

 電子機器の掃除は慎重に ●パソコンや周辺機器もトラブル防止のために1年に1回は大掃除したほうが良いのは言う...

[ 情報 ]

キュレーションサイトなどインターネットの情報は、発信元を良く確かめて
イメージ

 まとめただけ・・・では上質な情報とはならない ●最近、キュレーションサイトというネット上の情報をまとめた...

[ 時事 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ