コラム

 公開日: 2014-02-23  最終更新日: 2016-10-19

スマホの充電端子の焼損や本体の発熱に注意

参考記事:
国民生活センター、スマホの充電端子の焼損や本体の発熱に注意
http://www.kokusen.go.jp/news/data/n-20140220_1.html

2009~2013年度(2013年12月31日までの登録分)の間に、「スマートフォンの充電端子の焼損や本体の発熱等」に関する相談が1032件寄せられています。そのうち、やけどした、やけどしそうになったなど危害・危険情報は268件含まれています。相談件数、危害・危険情報いずれの年度別件数も増加傾向にあります。
----------------------------------------------------------------------
最近、携帯電話はすっかりスマホに変わってしまい、いわゆるガラケーは肩身の狭い思いをしています。以前、携帯電話を替えるときスマホに決めていたのですが、ふと店員さんに「バッテリーって、どのくらい持ちますか?」と聞いてみたところ「いろいろと操作していると1日は持ちませんね」と言われました。仕事柄出張サポートが多く、1日中外にいることもありますので1日持ってくれないと困ります。

充電用アダプタがあればスマホでも出張先で充電できないことはないのですが店員さん曰く利用頻度によっては何度も充電しないといけないらしいということで、タブレットも別に持っていることもあってガラケーにしました。ガラケーの場合、充電を忘れても次の日くらいは持ちますので安心できます。


ということで今でも私の携帯はこのガラケーです。開くとスタトレのコミュニケータの音がするように設定。

スマホやタブレットなどほとんどの通信機器には「リチウム電池」が使用されています。リチウムは希少金属なのですが今では産業に欠かせないほど浸透していて、ハイブリッドカーや航空機のバックアップバッテリーとしても使用されています。リチウムは希少と言うだけでなく性質として発熱や発火しやすい危険物としても認識されています。先のボーイング787型機でバッテリーが燃えたのもこのリチウム電池です。リチウム電池は製造時に不純物が混入すると発熱発火しやすくなるということで高度な生産精度が要求されるものです。

しかし、製品の欠陥などで起こるばかりではありません。これはリチウム電池に限らず機器類全般で共通することですが手荒な使い方でも発熱などの危険な事態を招くことがあります。

たとえば
①落とす
②濡らす
③引っ張る
④放置する
⑤酷使する
などによって機械は様々な問題を引き起こしてしまいます。

①落とす

当然落とせば壊れる、割れるなどしますが、問題なのは外観に余り影響が無いような場合でも内部に深刻なダメージが起きていて油断してしまうことです。。落とすことで内部にヒビやクラックが生じて端子や基盤に損傷があると、ショートや誤作動の原因になります。

②濡らす

これは一発で短絡を起こしショートしますので問題なのは当然なんですが、忘れていけないのが結露や汗などで思いもよらない"水ぬれ"があることです。寒いところから暖かいところにいきなり機器を持ち込むと結露します。また、汗をかいた状態でポケットに入れていると機器内に水分が侵入することがあります。

③引っ張る

機器に接続されているケーブルなどを無理に引っ張ったり根元を持たずにケーブルを直接引っ張って抜いたりすると、内部配線などが切れたり損傷したりして機器の誤作動や接触不良を招きます。その場合も機器に深刻なダメージが起きてしまうことがあります。


※根元を持って抜くのが正解。

④放置する

使わなくなった電池駆動の機器類は長い期間放置すると電池が不活性化します。そのような状態の電池へいきなり充電すると、負荷がかかり触れないくらい電池が熱くなることがあります。そんな経験がある方も多いと思います。電池機器は定期的に充電と放電を繰り返した方が長持ちします。また放置すると接続端子が酸化し、接触不良が起きやすくなります。接触不良も機器類の誤動作や故障の原因となります。

⑤酷使する

これは放置とは逆で長時間にわたってフル稼働で酷使すれば当然電池にも負担がかかります。完全に放電したあと、すぐに充電してまた酷使する・・・という使い方をすると電池にも過大な負荷がかかり、スマホは触れないくらい熱くなることもあります。そのような使い方では電池自体の寿命も短くなってしまいます。接続端子も抜き差しを頻繁に行い酷使することで摩耗して接触不良を引き起こします。

以上のようなことを使用者が気を付けることでスマホやタブレット、ノートパソコンのバッテリーは長持ちし、あんしん安全に使用することができます。


※愛用のプレーヤ

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。●トラブル防止の為...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ハードウェアに強く、短時間で的確な対応とアドバイスを提供

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マウスカーソルが勝手に動く、飛ぶ!何が起きているの? その原因と対応方法
イメージ

●先日の実際のサポート事例です。ノートパソコンで文章入力中にたびたびマウスカーソルがあちこち飛んだり動いたり...

[ 事例 ]

マイベストプロ福岡・佐賀セミナーでITセキュリティーの講師をさせていただきました
イメージ

 事業者のためのITセキュリティー講座 ●先日開催されたマイベストプロ福岡・佐賀セミナーで講師として「事業者...

[ 話題 ]

Windows10へ更新後、リカバリできない、リカバリに失敗する場合の原因と解決法とは
イメージ

 最近の機種は、今までの知識や復旧方法が使えない ●Windows8以降のOS搭載機では、BIOSがUEFI化されたものが大...

[ 事例 ]

機械がすぐに壊れてしまう、機械が言うことを聞かない原因と意外な事実
イメージ

 何かの仕業なのか? ●昔「グレムリン」という映画がありました。機械にいたずらをする西洋に伝わる妖精をヒン...

[ 情報 ]

ネットで利用請求画面表示が出て消えない、どうしたらいいのかその対処法
イメージ

 Web利用に詳しくない人を怖がらせ、従わせる手法 ●インターネットでいろんなページを閲覧中に、人の興味を引...

[ 情報 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ