コラム

 公開日: 2018-07-08  最終更新日: 2018-07-10

水没したパソコンからHDDは救えるか?データが助かるためにはどうしたらいいのか

パソコンはダメになっても、データは助かる場合がある

●夏場は災害だけでなく、窓を開けたままにして雨が降り込んだり、ジュースや麦茶を盛大にパソコンにぶちまけてしまうなど、様々な原因でパソコンが水没してしまうことがあると思います。

●水没したパソコンのほとんどは基盤が傷んで全損となってしまうわけですが、パソコンはあきらめがついても、データはあきらめきれないときがありますよね。そんな場合、HDDのデータはどうなってしまうのでしょうか?

●これまでのサポート事例などでは、水没パソコンからでもHDDのデータ復旧ができた事例が実際にあります。ですから、完全に水に浸かったパソコンでもデータはあきらめずに専門家へ相談することをお勧めします。

●しかしなぜ、水没したパソコンは基盤がダメになるようなダメージを負うのに、HDDからはデータが取り出せる場合があるのでしょうか?

●それは幸運な3つの要因が関係した場合です。

HDDデータが水没から助かる3つの幸運

1.ノート型PCの場合:HDDのマウント方法
HDDはパソコン内にマウンタという物で固定されています。そのマウンタに直接装着する場合もありますが、機種によってはシールド性のあるアルミを樹脂ではさんだカバーで覆われていることがあります。それによってHDDと水との接触が限定的になって、動作に影響のない状態を維持できている場合があります。

2.ノート型PCの場合:HDDの筐体内での位置や配置部分の形状
パソコン本体でHDDが格納されている位置や、HDDが収まっている部分が密閉に近かったり、水分が入りにくい構造だったりした場合も、水没による影響が少なくなりますので、データが助かる見込みは大きくなります。

3.幸運が味方した場合(ノート型PC、デスクトップPC)
上記のようなHDDの格納状況に該当せず、HDDが完全に水没してしまったらデータが助かる見込みは非常に厳しくなります。通常のHDDは大気開放型のため、空気抜きのための開口部があります。水没すると、その開口部から水が浸入してHDD内部に入り込み、データ復旧を不可能にしてしまいます。


    ※HDDの通気口。大気に解放されている。

しかし、何らかの要因で、そこから水が浸入できないことがあります。おそらく、開口部にあるフィルタの形状や材質、固さなどが作用していると思います。また、水圧がほとんどかからない状況下にあったかもしれません。ユーザーにとっては最後のラッキーな要因と言えます。そのような理由で、完全に水没したHDDからでもデータは復旧できることがあるわけです。

しかし、このように幸運が味方したのに、水没後の対応が遅れたり間違えたりすると幸運を自ら手放してしまうことになります。幸運を手放さないためにはどのようなことが必要なのでしょうか

せっかくの幸運を自分からダメにしてしまわないためには

●水没パソコンからのデータを復旧可能にするには、次のような対応が必要です。

1.素早い初期対応と、早急な本体からのHDD抜き取り
2.徹底した乾燥(基盤をはずして分解)※素人は非推奨
3.専門家による診断と復旧

●水没したHDDは、基盤を分離して本体との間の水分を除去し、基盤の損傷を防ぐ必要があります。水分が付着した基盤をそのままにしていると錆びますので、回路の端子やパターンに損傷が生じます。一刻も早い分離、乾燥が必要です。


        ※基盤はすぐに本体から外して乾燥させる

●間違っても、動作確認のためと言って通電してはいけません。外観は乾燥しているように見えても、基盤をそのままにしていた場合、水分が隙間に残っていることがあり、ショートしてしまいます。

本当に大切なデータは専門家に任せましょう

●デリケートなHDDは、家電製品とは全く異なる超精密機器です。自身で取り扱う場合は完全に自己責任です。良くある間違いに、まず自分でやって、そして出来なかったら専門家へ・・・という判断があります。

●余程の経験があれば別でも、自分でいじくり回して余計におかしくなったHDDをどうしようもなくなって、挙句の果てに専門家に見せたところで手遅れになってしまうだけです。本当に大切なデータならば、そのような判断は禁物です。

●一億総活躍社会ですから、自分でも何かやって活躍したいというのはわかりますが、一度もやったことがないようなことをやろうとするのは無謀でしかなく、リスクが大きくなるだけです。

●あんしんできる専門家を発見することも、違う意味でスキルの一つになります。良い専門家を見極める能力もその人の見る目ですから、私と出会った方は相当見る目があると言って良いかもしれませんね。

九州インターワークス
「サポート・サービス内容」
http://www.kumin.ne.jp/kiw/naiyou.htm

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコン用 ACアダプター(電源装置)の一部製品に発煙・発火の恐れ。無償交換を実施。2018年6月22日、東芝クライアントソリューションはノートPC用AC...

お知らせ
イメージ

当プロ(古賀 竜一)、または社名(あんしんパソコン相談室 九州インターワークス)の関係者であるとか、知り合いであるなどとかたって行われた第三者による違法また...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

的確な判断で現状復旧を優先するITトラブル解決の専門家

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
JIJICOに記事を寄稿しました。今回のテーマは地震など災害時の情報チェック
イメージ

JIJICOに寄稿しました。テーマは地震など災害時の情報チェックに役立つスマホアプリ、Webサービスを活用しよ...

[ 情報発信・告知 ]

JIJICOに寄稿しました。今回のテーマはITセキュリティーとリテラシー
イメージ

 ITセキュリティーとリテラシーとの関係 JIJICO 2018年6月10日セキュリティーソフトは必要?ITリテラシーを...

[ 情報発信・告知 ]

パワーポイントビューワー2010のダウンロードが終了。その後の対応策を考えてみる
イメージ

 Microsoft公式ページでは提供終了 ●Officeがインストールされていないパソコンでは、ワード、エクセル、パ...

[ 知って得するITノウハウ ]

商品評価サイトに専門家による分析記事で監修協力した内容が掲載されました
イメージ

●月刊誌「家電批評」のWeb版ともいえる「360.life 」に私が監修、協力させていただいた記事が掲載されました。家電...

[ 情報発信・告知 ]

印刷ミスはなぜ起きる?印刷時の失敗、トラブルの根本原因を探る
イメージ

 誰にでもある印刷時のミス ●プリンタで印刷する際に失敗することは誰にでもよくあることです。私も印刷で失敗...

[ 専門家からの提言と考察 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ