コラム

 公開日: 2017-10-10  最終更新日: 2017-10-17

CanonのプリンターがWi-FiでもUSBでも印刷できなくなった!その意外な原因とは

Wi-Fi印刷には無線ルータが必要

●先日のサポート事例です。印刷が出来なくなったとの出張サポート依頼がありました。Canonの複合プリンタ、MGシリーズ、Wi-Fi内蔵プリンタでパソコンから印刷ができなくなったという依頼内容です。

●詳しく事情をお伺いしてみると、モバイルルータを解約して以降できなくなったとのこと。ルータがいなくなったわけですから、PCとプリンタ間でWi-Fi通信が出来なくなるため当然印刷ができなくなっています。

●印刷できなくなった理由はすぐに判明したのですが、再度Wi-Fiで印刷をできるようにするには無線LANルータの導入が必要になります。しかし、モバイルルータのネット回線はもう既に解約し、今後もネット回線の新規契約はしないという事ですから、そのために別途ルータを購入・設置するよりも、簡単で済むUSBで有線接続することにしました。



※一部プリンタでは端末からの無線ダイレクトプリントが可能な機種もあります。

USBケーブルでもプリンタが認識されない!

●USB接続なら確実だし、これで問題はすぐに解決・・・と思っていたのですが、最新のプリンタドライバをインストールで、ドライバの指示通りにUSBケーブルを接続してもなぜかPCがプリンタを認識しません。

●ITサポートではイレギュラーが付き物で、そうそう簡単には終わらせてくれないことも多々あります。今回はどうやらそのパターンのようです。

●接続部分が接触不良などを起こしているかもしれないと、接続ポートを清掃して接触不良を改善してみたり、PCのUSBポートを別のポートへ変えて試したりしましたが、一向に認識しません。ケーブルは新品のようでしたので問題ないはずです。

●このような場合、一度音落ち着いて視点を変えてみます。ソフトウェア的な障害の発生を疑ってみるのです。常駐タスクを見てみると、早速、ノートンインターネットセキュリティーがライセンス切れしているアイコン表示を発見。

●ノートン系のセキュリティーソフトは、これまでの経験でもライセンス切れなどの際にファイアウォールの問題が出やすいことがわかっています。そこで、ノートンをアンインストールしてみることにしました。

●再起動後、再度プリンタ設定を行うと、無事プリンタはUSBで認識され使用できるようになりました。プリンターのドライバ登録時にユーザーアクセス制御またはファイアウォールの不具合で弾かれて認識できなかったようです。

●最近のOSはデバイスドライバ類のインスートル時にセキュリティー監視が強化されているため、サードパーティ製のドライバなどは管理者権限でアクセス許可が必要になっています。そのためファイアウォールのダイアログ表示が出た際に許可設定を無視してしまうと、デバイスが認識されないなどの問題が出てきます。

サポートエンジニアならではの信頼性

●今回のように、ハードウェア的な問題とソフトウェア的な問題を迅速確実に切り分けて判断し、ITの問題解決が出来るということがサポートエンジニアの強みです。

●ITサポートエンジニアは、これからもっと必要となる存在になると思います。

●地域のITサポートを底上げする活動なども行っています。ただ今メンバー募集中です。ご興味がある方は是非お尋ねください。

地域ネット パソコン支援協会
http://www.kumin.ne.jp/kiw/psatop.htm
運営:九州インターワークス

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。コラム[おそいWi...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ITの導入から運用管理・保守まで一貫した対応

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
安全だと思われていたWPA2、ついに脆弱性が発見される!Wi-Fi利用者のほとんどに影響
イメージ

 Wi-Fi利用者のほぼすべてに影響 ●これまで最も安全だと言われていた無線LANの暗号化プロトコルであるWPA2。今...

[ ITで今起きている問題と課題 ]

格安SIMでスマホのコスト削減を実現できる!しかし、SIMフリースマホには3つのデメリットがある
イメージ

 スマホ代を安くするには ●毎月かかるスマホ料金。1台であればそう負担に感じることはないという方もおられる...

[ 知って得するITノウハウ ]

Windows10への無償アップグレードは今からでもできる!その可能な条件とは
イメージ

 Windows7の修復か、10へのアップグレードか ●先日のサポート依頼で、Windows7の調子が悪いので見てほしいとい...

[ Windows10の情報 ]

汎用USBメモリの歴史はここから始まった。USBメモリの原点、その現物はこれだ!
イメージ

 今や家電雑貨になったUSBメモリ ●簡単便利なUSBメモリ。今では容量も32GB、64GBは当たり前、価格も2~3千円程...

[ ITテクノロジー、イノベーション ]

ITインフラにも影響がある太陽フレア発生、影響を見える化したWeb情報
イメージ

 強力な太陽フレアがITに与える影響 ●先日、強力な太陽フレア発生が発生し、大量のプラズマ粒子が地球に到達し...

[ ITで今起きている問題と課題 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ