コラム

 公開日: 2016-12-16  最終更新日: 2016-12-28

キュレーションサイトなどインターネットの情報は、発信元を良く確かめて

まとめただけ・・・では上質な情報とはならない

●最近、キュレーションサイトというネット上の情報をまとめたものが多くなり、一部で内容が不適切なものがあるとして社会問題になっています。

●インターネットは誰もが自由に情報を発信できるメリットがあります。しかし、ネットにあるというだけでは確かな情報とは言えません。

●キュレーターが、「努力してネットで収集した情報だ!」と主張しているともいわれます。しかし、収集努力は認めても内容はネットから集めただけのものですから内容自体を判断できない者がまとめただけでは情報の質が上がるどころか、逆に情報同士の整合性が取れず下がってしまうこともあるわけす。そういうものが台頭してきていることには大変違和感を感じてしまいます。


●ネットの情報は、いつ、誰が発信したものか、内容におかしいところはないのかなどをチェックする必要があります。

●そのような要素が欠落しているサイトやブログなどは信憑性が疑われますので、あくまでも参考程度にとどめておかなければなりません。

インターネットの情報はもはや 玉石混淆

●ところが、最近は企業名などを掲載していても、ステマ(※ステルスマーケティング ・・・広告と気付かれないようあたかもユーザーの評価のように業者が装ったブログやサイトなど)が拡大しています。広告なら広告とわかるようにすべきで、コンプライアンス面でも問題と考えます。
<以下のようなサイト記事は問題のある復旧ソフトのステマ。有名サイトであっても注意が必要>
http://ascii.jp/limit/group/ida/elem/000/001/409/1409461/

●これは、ネットのQ&Aサイトにも出没していて、質問者への回答で開口一番、サイトへ誘導し、怪しいソフトウェアを勧めるような内容のものも横行しています。無償のソフトであっても、そのようなソフトウェアは挙動がおかしかったり、削除できなくなるなどのトラブルも数多く発生していて、日本語表記でも外国製のソフトであることも多く、マルウェア同様のものまであります。


※回答がいきなりURLへの誘導で、回答内容が薄い場合は要注意

●特定のものを検索で調べようとすると検索上位の情報のほとんどが自作自演ブログやステマだらけという実態で、インターネットの情報はもはや玉石混淆のカオス状態となっているといっても良いでしょう。

●インターネットでの検索は、語句を入力すれば良いという時代から、確かな情報を選別する時代へと変わっています。

●それ自体がノウハウともなってきていて、検索能力の良し悪しがそのまま仕事などのスキル差になって現れてきています。

●先日講師をさせていただいたセミナーでも、検索能力によってセキュリティーリスクが左右されることをお話しましたが、この傾向は今後ますます大きくなりますので、常に意識を高く持っておく必要があります。

検索サイトの結果が安全だという錯覚

●良く、インターネットでは検索だけしか使わないからセキュリティー対策は必要ない・・・と言われる方がおられますがこれは逆です。Yahoo!で検索するから問題ない・・・ということのようでしたが、Yahoo!でもgoogleでも検索結果が、Yahoo!やgoogleが審査やチェックを綿密に行って大丈夫と判断したものだけが表示されているという勘違いがあるようなのです。

●検索サイトで表示された検索結果というものは、世界中のWebページからその語句を含むものを、検索サイトのアルゴリズムで並べ替えて表記しているに過ぎず、審査や内容チェックを行っているわけではありません。

●中には、ユーザーからの指摘で審査が行われるサイトもあるようですがそのようなものはごく一部に過ぎないのです。

●例を挙げると、NTTの電話帳には様々な人物や企業が掲載されていますが、NTTが事業内容や人物像を審査しているわけではないように、検索サイトも仕組みとしては電話帳同様なのです。

確かな情報なのかどう判断する?

●確かな情報を掲載しているページかどうかの目安としては、以下の部分のチェックが必要です。

○発信者は誰なのか(ハンドルネームや匿名は信頼性なし)
○専門的な実績があるか(情報が事実や経験に基づいたものかどうか)
○いつ発信されたものか(古い内容は参考にならない可能性がある)
○情報発信者へ問合せや返信が出来るようになっているか

●以上の内容を満たす情報ページは信頼性が高いといえるでしょう。
※マイベストプロは上記をすべてを満たしている優良サイトです。
(ステマではありません)

●情報化社会で便利になったとはいうものの、あふれる情報をどこまで安全、かつ有効に利用できるかはユーザーそれぞれの力量次第です。

●もし、ネットの情報でひどい目にあったという場合は、ネットの情報への過度な依存心が原因と捉えて、情報選別能力を磨き、自己研鑽に励みましょう。

この記事を書いたプロ

九州インターワークス [ホームページ]

システムエンジニア 古賀竜一

佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL:0942-84-1943

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
安全対策情報

東芝製ノートパソコンに搭載のバッテリーパックの交換・回収について(発火の恐れ) https://batterycheck.toshiba.com/BatteryUpdate/InformationJapan?region=TJPN&...

テクニカルリポート

○Windows7を継続して使用したいけれども、WindowsUpdateの不具合でPCが遅くなっているという場合の対処法について情報のご提供を行っています。コラム[おそいWi...

 
このプロの紹介記事
古賀竜一 こがりゅういち

10年後、20年後を見据え、IT社会の恩恵が受けられる拠点づくりをしたい(1/3)

「九州インターワークス」の古賀竜一さんは、PC講習から、PCの故障診断、修理、データ復旧、オーダーメイドPCの設計製作販売に至るまで、幅広い事業を展開するコンピューターサポートエンジニア。自らを“PCの救急救命士”と呼び、トラブルに見舞われ...

古賀竜一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ITの導入から運用管理・保守まで一貫した対応

会社名 : 九州インターワークス
住所 : 佐賀県鳥栖市蔵上3丁目155 C-101 [地図]
TEL : 0942-84-1943

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0942-84-1943

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

古賀竜一(こがりゅういち)

九州インターワークス

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
Windows10への無償アップグレードは今からでもできる!その可能な条件とは
イメージ

 Windows7の修復か、10へのアップグレードか ●先日のサポート依頼で、Windows7の調子が悪いので見てほしいとい...

[ Windows10の情報 ]

汎用USBメモリの歴史はここから始まった。USBメモリの原点、その現物はこれだ!
イメージ

 今や家電雑貨になったUSBメモリ ●簡単便利なUSBメモリ。今では容量も32GB、64GBは当たり前、価格も2~3千円程...

[ ITテクノロジー、イノベーション ]

ITインフラにも影響がある太陽フレア発生、影響を見える化したWeb情報
イメージ

 強力な太陽フレアがITに与える影響 ●先日、強力な太陽フレア発生が発生し、大量のプラズマ粒子が地球に到達し...

[ ITで今起きている問題と課題 ]

PCの異常な停止、終了の原因は熱伝導トラブルだった!放熱改善の事例
イメージ

 グラフィックスボートのトラブル ●先日のサポート事例です。パソコンが起動している際に突然画面がブラックア...

[ ITサポートの事例と実例 ]

Windows10なのにサポートが終了していた!? 10はバージョンを更新していく必要がある
イメージ

 バージョン1507はサポート終了 ●最近の天候不順で雷被害も多くなっていて、落雷によるパソコンの不調の相談も...

[ Windows10の情報 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ