コラム

 公開日: 2017-10-21  最終更新日: 2017-10-30

休眠会社・休眠一般法人の整理作業(みなし解散)

平成29年度の休眠会社・休眠一般法人の整理作業(みなし解散)

平成29年10月12日に、下記のような「法務大臣の公告」がなされ、管轄登記所から休眠会社や休眠一般法人に対して通知書が発送されました。

法務大臣の広告(平成29年10月12日)

・最後の登記をしてから12年を経過している株式会社、又は最後の登記をしてから5年を経過している一般社団法人若しくは一般財団法人は、事業を廃止していないときは、「まだ事業を廃止していない」旨の届出を管轄登記所にする必要がある
・公告の日から2か月以内に(平成29年12月12日(火)までに)「まだ事業を廃止していない」旨の届出がなく、また、登記の申請もなされないときは、平成29年12月13日付けで解散したものとみなされる

休眠会社・休眠一般法人の整理作業

平成26年以降毎年、全国の法務局では休眠会社・休眠一般法人の整理作業を行っています。
休眠会社・休眠一般法人について、「法務大臣による公告」および「登記所からの通知」がなされます。
この広告から2か月以内に「事業を廃止していない旨の届出」または「役員変更などの登記」をしないと、「みなし解散の登記」がなされてしまいます。
この一連の作業が、「休眠会社・休眠一般法人の整理作業」と呼ばれるものです。

登記官による解散の登記

法務大臣による公告の日から2か月以内に、
①「まだ事業を廃止していない」旨の届出、または、②役員変更等の登記の申請をしない場合、休眠会社や休眠一般法人は、法務大臣による公告から2か月の期間満了時に解散したものとみなされます。
その結果、解散したものとみなされた休眠会社や休眠一般法人について、登記官が職権で解散の登記をすることになります。

休眠会社・休眠一般法人

①最後の登記から12年を経過している株式会社→休眠会社
(会社法第472条 株式会社のみなし解散)
 ※特例有限会社は含まれません。
②最後の登記から5年を経過している一般社団法人または一般財団法人
 →休眠一般社団法人、休眠一般財団法人
 (一般社団法人および一般財団法人に関する法律第149条・203条 休眠一般社団法人・一般休眠財団法人のみなし解散)
 ※公益社団法人または公益財団法人を含みます。
併せて「休眠一般法人」といいます。

「まだ事業を廃止していない」旨の届出について

登記所からの通知を利用して、所定事項を記載し、登記所に提出済の代表者印を押印し提出すれば、とりあえず1年間は「みなし解散の登記」を回避できます。
通知書を無くされた場合は、下記の事項を記載して、管轄の登記所に提出していください。
<届出書に記載すべき事項>
 ①商号、本店ならびに代表者の氏名および住所(休眠会社)
  名称、主たる事務所ならびに代表者の氏名および住所(一般休眠法人)
  ※登記所に届出済みの代表者印を押印
 ②代理人によって届出をするときは、その氏名および住所
 ③まだ事業を廃止していない旨
 ④届出の年月日
 ⑤登記所の表示
 ※不備がある場合、適式な届出として認められないことがあります。
  当サイトを参考にしてご自身で届出る場合は、自己責任でお願いします。

相続手続きのご相談は福岡市南区の司法書士アワーズ事務所へ

福岡で遺言・相続についてお悩みの方、信頼・安心できる相続手続きのサポート先をお探しの方は、福岡市南区の司法書士・行政書士アワーズ事務所までご相談ください。

初回相談は無料です。お気軽にご連絡ください。

出張相談は、福岡市南区、福岡市中央区、福岡市博多区、福岡市城南区、福岡市早良区、福岡市東区、福岡市西区ほか、応相談です。

この記事を書いたプロ

司法書士・行政書士 アワーズ事務所 [ホームページ]

司法書士 井川卓

福岡県福岡市南区高宮4-15-27-403号 [地図]
TEL:0800-777-3773

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
相続・遺言のご相談

こんなことでお悩みではありませんか? □相続手続に不慣れで、何から手を付けて良いのか・・・ □突然で心の整理がつかず、葬儀・法要のことで精いっぱい・・・...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
司法書士と行政書士の二つの資格を生かした相続問題解決のプロ 井川卓さん

司法書士と行政書士。二つの資格でオールインワンの法務サポート(1/3)

 遺産相続について考えたことがありますか? よほどの資産家でもない限り、普段から具体的に遺産相続を考えることはなかなかないと思います。しかし、人の死は突然やってくるもの。平成25年のデータでは、相続税の課税件数割合(年間課税件数/年間死亡者...

井川卓プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

司法書士と行政書士の資格をもち、ワンストップで相続問題を解決

事務所名 : 司法書士・行政書士 アワーズ事務所
住所 : 福岡県福岡市南区高宮4-15-27-403号 [地図]
TEL : 0800-777-3773

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0800-777-3773

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

井川卓(いかわたかし)

司法書士・行政書士 アワーズ事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

進捗をメール報告くれて安心、終了後に出てきた質問に素早く対応してくれ好印象

1. ご依頼前、どんなことにお悩みでしたか?       ...

T・K
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
遺産分割調停の「相続人のパターン別添付書類」

 遺産分割調停に必要な一般的な書類 ⑴申立書⑵添付書類  ①被相続人の出生から死亡までの連続した戸籍(除...

[ 相続手続き ]

休眠会社等の整理作業が行われる理由と正しい対処方法

 休眠会社・休眠一般法人の整理作業(みなし解散)の概要 平成26年以降毎年、全国の法務局では休眠会社・休...

[ 法人登記 ]

不動産(土地・建物)を買うときの注意点(不動産の基礎知識7)

 土地・建物を買うときの注意点 例えば、マイホームを買うときに、あなたはどんなことに注意していますか?...

[ 不動産の基礎知識 ]

不動産鑑定評価の基準と手順、鑑定評価によって求める価格の種類(不動産の基礎知識6)

 不動産鑑定評価基準 土地の取引価格の指標となる公的評価額は、不動産鑑定評価をもとにしています。では、...

[ 不動産の基礎知識 ]

なぜ不動産鑑定評価が必要なのか?(不動産の基礎知識5)

 なぜ不動産鑑定評価が必要なのか? 公的土地評価額のうち、公示地価と基準地標準価格については、不動産鑑定...

[ 不動産の基礎知識 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ