コラム

 公開日: 2016-10-22 

住空間デザイナーnaomi ~ わたしのいえ ~ 『 Y 』 yen(¥)

『Y』




~yen (¥)の 巻き ~





(※こちらで「けぴろぐ」での金額は、2011年消費税5パーセント時代の内容となっております。)



マイホーム計画、夢ばっかしかたってはいられない。

避けては通れない、 『 お金 』 について。







今回は、まず最初に、

土地が決まった後の 予算計画 について

当時書いている コチラ↓ をごらんくださいませ!!

http://ameblo.jp/kpkp3931/day-20091009.html






結論から言いまして、掲げていたトータル予算、


2800万円


に、おさまりました。



もとい!!!



おさめました。




最初の計画では、やりたい放題やってみて、

見積ってみたら、案の定 おーばー。



それから優先順位で

泣く泣く削っていったって感じ・・・

(覚悟していたとはいえ、悲しい作業。)




1番に削られてったのは、

カーポート でござった。



「将来つけたらいいさ~」

って。



未だについとらん。



将来っていつだ!?









A&N邸、基本情報として、


土地の広さ = 約50.0坪

家の床面積 = 約33.4坪

家の施工延面積 = 約41.5坪


ございます。




内訳は~


●本体工事+付帯工事 に 2410マン

(家本体とか、照明器具とか、造作家具とか、ブラインドとか、エアコンとか、

1棟まるごとエコ暖房とか、セントラル浄水器とか etc・・・)


●敷地にかかった費用 に 110マン 

(杭工事とか、植裁伐採とか、引込み工事とか etc・・・)


●外構工事 に 160マン 

(駐車スペースとか、屋上緑化とか、木格子とか、家庭菜園とか etc・・・)


●諸経費 に 100マン 

(地盤調査とか、登記費用とか、上棟費用とか、印紙代とか etc・・・)




ちなみに、A&N邸で、


コストかかったな~ 出費ってトコロは、


キッチン、階段、屋上緑化



この 3点。



この コストをかけた 3点 についての

率直のカンソウは、また後日 詳しく・・・







『お金』 といえば、

マイホーム計画の中で、トータル費用も重要なんやけど、


毎月支払う 光熱費


これもとっても重要!!!




毎月銀行から落とされていく 住宅ローン と同じように

光熱費 も支払っていくわけだから、


毎月の ローンの支払い+光熱費 が、

マイホームにかかっている費用って感じるとよね。



光熱費は 住宅ローン が終わっても

生活を続けていく以上 続いてくわけやしね。




ちょっくら ケチンボ根性 のあるワタクシですが、

どうせ毎月同じ金額を払うのだとしたら、


光熱費よりも家のローンの支払いにお金をかけて、

より快適で良い家の方がいいわっ!

って、ワタシはそう思っとる。




オール電化 にすることで、だいぶ光熱費が下がる。


しかも、前回お話した、

省エネ トップランナー基準。


次世代省エネ基準よりも

年間 約7万円 お安くなるっていうデータもあるんだってさー。

(by 金融公庫さん)




ちなみに、A&N邸の光熱費(電気代)、

毎月記録しとるんやけど、


毎月の平均が ¥9,329円 也



ただし、これってこれまでの記録やけん、

2人家族で、昼間家にほとんどいないくてーの時のお話。




産休時の夏は ガッツリ 昼間も家にいて、

1日中 音楽かけながら~ の生活で、

(しかも、プレステ経由のため、TVまでつけなきゃいかん汗)


約3000円UP。



妊婦中は エアコンつけんかったんやけど、

産後に お世話になったのが 大きな原因でしょうな。

(赤ちゃん抱いてたら、さすがに暑かった・・・)




冬は、おそらくそこまでは上がらないはず。

1棟まるごとエコ暖房は、深夜やしね。




なので、

来年は平均 ¥11,000円 くらいかなー?

と、予想。


あまいかいな???




暑さ、寒さ に我慢しないで、年中快適に暮らせて

この 光熱費 だったら、安いのではないか!?

と、ワタシは思っとるのですが、


いかがでしょうか??





太陽光発電をつけてあるOBオーナーサマからの情報では、

年間で、売電の方が上回っているよーっていう報告も。


うらやましぃぃ~っっ



いつかは、我が家の屋根にも乗っけてやるぅーーー






あとは、住宅ローン。

借り入れ先、借り方によって、

様々で、条件があったり優遇があったり、いろいろなので、

ここは慎重に考えねばならぬとこ。






たとえば、同じ、3000万円 借りて、家建てたとして、

選び方次第によって、

金利で5000万になったり6000万になったり・・・

(ゾゾゾー)


もし、1%金利が上がってしまったら、

700万円も差が出てくるって話も聞いたことがある。

(ゾゾソゾ゙ー)





これは 大げさな表現かもしれんけど、

家自体にかかった費用は同じなのにね。

借入方だけで 差 が出るのは、本当のコトっちゃん。




こんなんなってしまった日にゃーもう、

カーポートどころのハナシじゃなかですばい。


減額案 を必死に考えるよりも

ローンのこと考えなくっちゃ!!

って思うよね・・・




ケンプラには、せっかく ローンアドバイザーおりますんで、

オーナーサマ方、お打合せの時に、

気になることがあったら、おたずねくださいね。






・・・っということで、

マイホーム計画には欠かせない、

「お金」についての お話。




家以外に、どのような費用がかかるのか、

どのような 予算組 をして、何を優先していくのか、

毎月の支払いは、おいくらくらいになるのか・・・


など、マイホーム計画を スタートする前に

しっかり検討せねばならん、重要ポイントでした!!

この記事を書いたプロ

建築プランナー株式会社 一級建築士事務所 [ホームページ]

建築家 naomi

福岡県福岡市南区和田4-3-3 [地図]
TEL:092-512-3931

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
naomi なおみ

一生に一度の家だからこそ、デザインも性能も妥協しない家づくり(1/3)

naomiさん自身が2年前に設計デザインした自宅は決して条件の良い敷地ではないのですが、それを補う抜群の景観を活かした場所にあります。天井高3.4mの2階リビングは自然光がふんだんに入り、室内にいても彼方の山が見渡せるほど。屋上テラスに出れ...

naomiプロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ご家族に ピッタリな住まいをオーダーメイドでおつくりします!

会社名 : 建築プランナー株式会社 一級建築士事務所
住所 : 福岡県福岡市南区和田4-3-3 [地図]
TEL : 092-512-3931

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

092-512-3931

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

naomi(なおみ)

建築プランナー株式会社 一級建築士事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

住めば住むほど自分達のための家だなぁと実感。

結婚前から2人でモデルハウスをまわっては、理想のマイホーム...

Y
  • 男性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
住空間デザイナーnaomi ~ わたしのいえ ~ 『 Z 』 zutto(ずっと)

『Z』~zutto (ずっと)の 巻き ~とうとう最終回!!うれしーような、さみしーような・・...

[ 家づくり A TO Z ]

住空間デザイナーnaomi ~ わたしのいえ ~ 『 X 』 Xmas(クリスマス)
イメージ

『Ⅹ__』~Xmas(クリスマス)の 巻き ~X。エックス エックス エックス・・・ ...

[ 家づくり A TO Z ]

住空間デザイナーnaomi ~ わたしのいえ ~ 『 W 』 window(窓)
イメージ

『W』~window (窓)の 巻き ~今日は 『窓』窓について語りだせば、奥が深...

[ 家づくり A TO Z ]

住空間デザイナーnaomi ~ わたしのいえ ~ 『 V 』view(玄関)
イメージ

『V』~view (眺め)の 巻き ~ 土地(敷地)って、人の カオ と一緒で、二つとして同じ...

[ 家づくり A TO Z ]

住空間デザイナーnaomi ~ わたしのいえ ~ 『 U 』 utillity(ユーティリティ)
イメージ

『U』~utility(ユーティリティ)の 巻き ~我が家は リビング が 2F。2Fリビ...

[ 家づくり A TO Z ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ