コラム

 公開日: 2017-09-06 

不可解な「敷地通行料」について ~マンションの敷地を通行するのは有料なの?~

あるマンションにおいて、管理費、修繕積立金、駐車場使用料の他に「敷地通行料」という名目の費用が計上されているという情報を耳にしました。この「敷地通行料」とは、分譲駐車場を所有している区分所有者だけが負担し、分譲駐車場から公道へ出るにはマンションの敷地を通行するので、その敷地を通行する為の対価であると分譲主の販売担当者から説明されたとの事でした。
マンションの敷地は、当該マンションの区分所有者共有の土地です。言い換えれば、区分所有者一人一人が持分〇分の〇という形で所有しているのです。分譲駐車場の所有者が当該マンションの区分所有者であるならば、自分の持分がある土地を通行する為に「敷地通行料」を支払っていることになります。つまり、所有する土地は、当然として無償で自由に通行できるはずなのに、「敷地通行料」としてお金を支払うというのは、実に理不尽なことなのです。分譲主が、なぜ、このような「敷地通行料」を設定したのか意味不明です。
分譲主の販売担当者が「分譲駐車場から公道へ出る為にはマンションの敷地を通行するので、その敷地を通行する為の対価を支払わなければならなのです。」と「敷地通行料」の支払い義務の根拠を説明していたとしたら、「宅地建物取引業法」の重要事項説明違反(虚偽説明)に抵触している可能性があります。宅地建物取引士なら「自分の土地」を通行するのに「お金」を払う根拠はないことは、当たり前のように理解しているはずです。九州地方整備局建政部宅地建物取引業係(TEL092-471-6331)又は福岡県庁建築指導課宅建業係(TEL092-643-3719)へお尋ねしてみてはいかがでしょうか。自分の持分のない他人の所有地を通行する場合には「通行料」なるものを請求されたとしても抗弁はできませんが、自己が持分を所有する土地の通行であるならば、無償で通行できるのが当たり前だと思います。
新築マンション販売において、ごく一部の分譲主がこの「分譲駐車場」の販売を行っております。つまり、敷地の一部を切り売りして、少しでも、一般消費者からお金を吸い上げようとしているようです。あまり、好ましい販売方法とは思えないです。また、分譲駐車場について、判例(最二小判平成10年10月30日)においても、「私法上の効力を否定するものではないが、好ましいものではない」。と判示し、最高裁の考えは分譲駐車場販売について消極的のように思えます。

この記事を書いたプロ

マンション管理トータルサポート [ホームページ]

マンション管理士 清野隆

福岡県北九州市小倉南区志井6丁目15番10号 [地図]
TEL:093-967-3996

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
マンション管理トータルサポート代表の清野隆様

快適なマンションライフが続くよう、各種ハウツーをアドバイス。(1/3)

 「分譲マンションで、快適に暮らし続けていただくためのお手伝いをさせていただきたい」そう語るのは、マンション管理トータルサポート代表の清野隆さん。豊富な知識と経験を持つ、国家資格のマンション管理士として、ファミリータイプのマンションを中心に...

清野隆プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

快適なマンションライフの継続を、多方面から迅速にサポート

会社名 : マンション管理トータルサポート
住所 : 福岡県北九州市小倉南区志井6丁目15番10号 [地図]
TEL : 093-967-3996

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

093-967-3996

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

清野隆(せいのたかし)

マンション管理トータルサポート

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
マンション共用部分の日常点検

マンション共用部分の日常点検は、建物内、敷地内を巡回します。安全を確認できれば屋上も行った方が望ましいです...

管理不全マンション増加中

「管理不全マンション」という言葉には、定義というものは存在しませんが、管理の状態が著しく悪いマンションとい...

内縁関係にある配偶者の居住する権利の保護 ~権利の濫用はこれを許さず~

私は、月に一度、ホームロイヤークラブという弁護士による暮らしの法律勉強会に参加しています。先月のお題が、内...

実務における有資格者と無資格者の違い ~単なる経験値よりも知識の正確さ~

私は、不動産会社に約11年、マンション管理会社に約7年在籍していました。この2つの業界とも仕事するにあたり...

マンション共用部分の損害保険について ~管理の状況によっては加入可能?保険料割引?~

マンションは、共用部分(廊下、階段、エレベーター等)と専有部分(各住戸)で構成されています。専有部分につい...

コラム一覧を見る

人気のコラムTOP5
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ