コラム

 公開日: 2014-07-24  最終更新日: 2015-07-16

【借金問題コラム】 自己破産で個人的な貸し借りを踏み倒してしまってよいのか

 多重債務状態に陥ってしまった相談者に対しては、自己破産・個人再生・債務整理(過払金取戻)・私的整理などの手続・手段を尽くして解決するわけですが、いくつか存在する借金整理の方法のうち、その相談者にとっては、やはり自己破産がふさわしいと思う事案はあります。

 他方で、自己破産で貸付金を踏み倒されてしまう債権者にとっては、返すことを約束して貸し付けているのに、破産免責によって返さなくてよくなる、というのは納得がいかないものだと思います。

 それでも、いわゆる高利貸しからの借入、自転車操業によって多重債務状態に陥ってしまった方であれば、ある意味高利貸しの食い物にされたがゆえに破産せざるを得なくなった→高い利息で貸した方も悪い(いずれ破綻することは想定済み)という理屈で、価値観として、債務者の経済的更生のための、破産免責制度は正当化されます。



 他方、高利貸しによる多重債務とは言えない事案で、むしろ個人的な貸し借りが大きな事案で、その個人的な貸し借りを踏み倒してしまおうという相談者に出くわすと、本当にその個人的な貸し借りを破産免責してしまってよいのか、あるいは弁護士に内緒でその債権者だけには今後支払い続けるのではないか(破産をする以上は、このような行為は禁止されています)、などと勘ぐったりすることもあります。

 破産免責という制度があるのは分かるけれども、相談者の方が非常に大変だったときに、いろいろと相談をして金銭的援助をして下さった債権者に対して、破産免責を得てしまうことが、道義的に許されるのか、ということです。

 相談者の方にとって最前の方法であるならば、破産免責を勧めることもあるでしょう。しかし、個人的な貸し借りの恨みは長く続くものなので、道義的な観点からは、何らかの対応(誠心誠意の謝罪など)を、破産者にはしてもらうよう促しています。



 逆に、債権者側から相談や依頼を受けて対応する場合には、「いろいろとやるべきことがあるんじゃないか。」、との思いが強くなってきますが、破産手続上債権者にできることは、限られているのも現実です(漫然と見届けざるを得ない、という訳でもありませんが)。



 破産を考えている方であれ、債務者が破産を申し立てられてしまった方であれ、何ができるのか、何が問題となるのか、適切なアドバイスのもとに納得の上で、手続を遂行する(債権者であれば随時監視する)べきでしょう。

■ 福岡・佐賀・武雄の弁護士 ■
交通事故、借金、離婚、相続、企業法務等のご相談は「桑原法律事務所」へ
【 桑原法律事務所HP 】 http://www.kuwahara-law.com/
【 離婚専門サイト 】はこちら

 

この記事を書いたプロ

弁護士法人桑原法律事務所 [ホームページ]

弁護士 桑原貴洋

福岡県福岡市博多区博多駅前二丁目20番1号 大博多ビル10階 [地図]
TEL:0954-20-1455

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
 
このプロの紹介記事
桑原貴洋 くわはらたかひろ

チームワークで全ての案件に対応し、最適な解決策を提案(1/3)

博多駅から徒歩5分の立地にある「弁護士法人 桑原法律事務所」は、1998年に、武雄温泉駅前に法律事務所を開業して以来、19年にわたって地域に密着した法律相談を行ってきました。2012年に佐賀オフィスを、2014年には博多駅前に福岡オフィスを...

桑原貴洋プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

チーム体制による、機動的かつ最適な法律サービスを提供します。

会社名 : 弁護士法人桑原法律事務所
住所 : 福岡県福岡市博多区博多駅前二丁目20番1号 大博多ビル10階 [地図]
TEL : 0954-20-1455

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

0954-20-1455

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

桑原貴洋(くわはらたかひろ)

弁護士法人桑原法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【弁護士コラム】平成28年・司法試験の合格者発表

平成28年9月6日,平成28年度の司法試験の合格者発表がありました。 法務省のページ http://www.moj....

離婚専門サイトがオープンしました

桑原法律事務所の離婚問題専門サイトがオープンしました。https://kuwahara-rikon.com/離婚にまつわる,...

[ お知らせ ]

【交通事故コラム】自動車保険について③(自賠責保険と任意保険)

交通事故の業務を行う中で,一方が任意保険未加入である案件が時折ありますので,自賠責保険と任意保険についてお...

[ 交通事故 ]

【交通事故コラム】自動車保険について②(弁護士費用特約)

弁護士費用(補償)特約について普及が進み,自動車保険で付帯可能であることが一般になっています。当該特約...

[ 交通事故 ]

【弁護士コラム】独自の発想で思考し,チャレンジを

弁護士の多くが,過去の裁判例を調べ,先例があれば,その先例を参考に,自らの請求や主張を組み立てる。 こ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ