コラム

 公開日: 2018-04-06 

福岡市住宅設計・電磁波・スウェーデン基準・慢性疲労症候群一因の改善

一般的な住宅環境について


電化製品が増え一戸建て住宅の電気設備の様々な仕様も大きく変わり、便利な生活になりました。
電気の仕様量が増えており、電柱よりたくさんの電気を引き込んでいますが、電気が逃げない住宅の仕様になっており、対策が不十分です。

日本では、200Vの電化製品を使用する場合のみ、アース(電気を逃がす仕様)を取る事になっておりますが、100Vの電化製品はありません。

屋内配線から伝搬し、室内の壁面、床面に発生している電気、電磁波(電場)に対する対策もありません。


スウェーデン基準から考える


電柱から住宅に引き込まれ、分電盤(ブレーカー)で回路に分かれ、各部屋に電気を供給している屋内配線があります。
この屋内配線は、壁の中、床下、天井裏にあり、日常生活で意識する事は少ないと思いますが、電気を通すものゆえ、電磁波(電場)が発生しています。

具体的には、この線の表面から半径70cmまで、360度方向に電磁波(電場)が発生し、木材、プラスティック、布、土、etc、ありとあらゆる物質に伝搬しています。

室内の壁、床の表面を、測定すると、現在の木造住宅においては、数百V/mの数値が表示されます。

この数値が、人体に影響するか、明確な基準が日本にはありませんが、スウェーデンでは、25V/m という基準が設けられている事は事実です。

弊社では、その対策を行い、地面に流す仕組みを採用しており、25V/m以下の数値になる事を測定により、確認しています。(電磁波を軽減する住宅仕様の場合)

電気の使用量を減らす考えではなく、『電気を逃がさない住まい』から、『電気を逃がす住まい』に改善し、より自然の秩序に則った安全な家づくりをご提案いたします。

電磁波除去 福岡市



数字で見る電気設備の変化


電気のはなし 福岡市清武建設

【コンセントの数】
家電製品が豊富な現在、タコ足配線を避ける為に、コンセントが増えました。
◆昭和53年以前 16か所
◆現在      48か所

【照明の数】
家電製品が豊富な現在、タコ足配線を避ける為に、コンセントが増えました。
◆昭和53年以前 16か所
◆現在      42か所

【分電盤の回路数】
コンセント、照明が増え、必然的に、分電盤の回路数も増えました。
◆昭和53年以前 16か所
◆現在        42か所

【屋内配線の量】
現在の住宅では、壁の中、床下、天井裏に、屋内配線(電気配線)が1000M近くもあります。
◆昭和53年以前 150M
◆現在       950M

※昭和53年以前の住宅は、15棟の平均値
※現在の住宅は、平成15~23年の200棟の平均値


動画で見る電磁波対策の仕組み






電磁波が原因の一つと考えられる健康被害


 ① 「電磁波過敏症」 
電磁波に過敏な方は、微弱な電磁波を浴びただけでも、頭痛や吐き気などを感じるそうです。
スウェーデンやドイツ、デンマークなど、ヨーロッパ諸国では社会的に認知されつつあり、
健康保険の対象として治療が進められています。

 ② 「慢性疲労性症候群」 
パソコンや携帯電話の普及により、現代の慢性疲労性症候群患者の95%は、
電磁波過敏症によるものだという報告があります。

 ③ 「アトピー・アレルギー」
 電磁波は静電気も発生させ、静電気により、浮遊粉じん(微細なゴミ)が集まり、
皮膚が反応してしまう場合があります。

長年、家づくりを行ってきましたが、私達も含む、そのような取り組みは、行われていませんでした。
しかし、電磁波対策の方法を知り、家づくりの立場から、それらを排除出来る事をご提案いたします。

(株)清武建設 一級建築士事務所
  創業1968年
 
 福岡市東区箱崎7-2-14

(木工所:朝倉郡筑前町)

電話:0120-01-5040(火水GW盆正月定休)

◆清武建設 スタッフ案内 動画
https://www.kiyotake.co.jp

◆家づくりの歴史から考える
http://mbp-fukuoka.com/kiyotake/column/12291/

この記事を書いたプロ

株式会社清武建設(清武一級建築士事務所) [ホームページ]

一級建築士 清武修一

福岡県福岡市東区箱崎7丁目2-14 [地図]
TEL:092-201-8201

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

4

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
外観

清武建設を知ったのがあるホームページがきっかけでした。社長自ら設計し、建築主の視点でみて、私達の細かい要望にも丁寧に対応してくださいました。実際に住んでみて...

サービス・商品
福岡の住宅設計会社が作るスマートハウス

Smart House by Home Plan kiyotake福岡の住宅設計会社が作るスマートハウス詳しくは・・・http://kiyo.jpn.com/HEMS/HEMS%20kiyotake.html事務所案...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
清武さんー1

4人の建築士が一丸となって、注文住宅を低価格でデザイン(1/3)

「株式会社清武建設/清武一級建築士事務所」は、一級建築士で社長の清武修一さんと4人の一級、二級建築士だけの事務所。規模は小さいながらも、抜群のチームワークで施主のあらゆる要望に応えてきました。ときには、施主側のこだわりが強く、予算と折り合わ...

清武修一プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

「営業社員がいない」 (株)清武建設/清武一級建築士事務所

会社名 : 株式会社清武建設(清武一級建築士事務所)
住所 : 福岡県福岡市東区箱崎7丁目2-14 [地図]
TEL : 092-201-8201

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

092-201-8201

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

清武修一(きよたけしゅういち)

株式会社清武建設(清武一級建築士事務所)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

宗像市 HY 注文住宅完成

無垢の素材を使用してなるべくローコストで建てたいという我...

HY
  • 30代/男性 
  • 参考になった数(19

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
福岡市 家づくり相談窓口|家づくり相談カウンター福岡|家づくり原点
イメージ

 家づくりをおこなう私達の使命 社会ニーズ、ライフスタイルの変化に対応し、様々な施主の要望にお応えでき...

[ 福岡市すまいづくり相談 住宅ローン相談 ]

【 不動産に関する 「税」 無料 相談窓口 】 福岡市東区 
イメージ

 【 不動産に関する 「税」 無料相談窓口 : 福岡 】 《ご相談の対象》●相続税対策をご検討の方...

[ 福岡市すまいづくり相談 住宅ローン相談 ]

社屋案内 福岡市東区箱崎7-2-14  (株)清武建設(清武一級建築士事務所)  
イメージ

【社屋外観】(株)清武建設(清武一級建築士事務所) 福岡市東区箱崎7ー2ー14 Home Plan kiyotake ビ...

福岡市東区無垢材を使った家 H25年完成写真
kimulda

【福岡市東区無垢材を使った家 H25年完成写真】無垢材を使ったLDK 天井高さ2.7M(一部)無垢材を使ったLDK...

福岡の無垢材の香る住宅設計 福岡の注文住宅設計会社
higashikumatuzakiito1

【コンセプト】◎ナチュラル色にてコーディネート◎リビング天井高さ2.7Mにして開放性を高める◎木質間のあるデザ...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ