杉山信二

すぎやましんじ

九州防災メンテナンス株式会社

[ 北九州市八幡西区 ]

コラム

 公開日: 2015-10-27 

住宅やマンションの擁壁について

地震や自然災害の多い近年、我が家は耐震構造なのか、地震には耐えられるのだろうか、など考えることはあると思いますが、意外と気にされていないのが擁壁です。
通常であるならば、建築確認申請を行っているため、健全な工作物が作られているはずですが、中には酷い施工を行っている物件も見受けられます。




擁壁

写真の擁壁は、既設の現場打ち擁壁の上に増し打ちしている擁壁です。写真でも分かる様に水抜きが殆どありません。




擁壁

この写真では、既に大きな変状がある状態で上部に増し打ちしていることが確認できます。
擁壁は高さによってその構造が異なるため、高さの低い構造の擁壁に増し打ちをした場合、底盤や壁面の厚さ、鉄筋量などが不足する事となるため、さらなる盛土によって、その土圧に耐えられなくなり、擁壁が倒壊してしまうことも考えられるのです。





擁壁

擁壁

擁壁


ここで重要なことは、たとえ悪質な施工を行っていても施工業者から引き渡されて10年が経過してしまうと住民に管理責任が発生するため、補強や作り替えを施工業者が行ってくれなくなる可能性が高くなるのです。
このように酷い施工を行っている場合は少ないとは思いますが、擁壁も気にされてみると良いかもしれません。


防災ブログ
https://bizmail.itp.ne.jp/blg/kdpm

この記事を書いたプロ

九州防災メンテナンス株式会社 [ホームページ]

杉山信二

福岡県北九州市八幡西区本城東3-13-5 [地図]
TEL:093-692-5348

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
杉山信二 すぎやましんじ

崩れてからでは遅い、石積みの防災対策(1/3)

 近年、ゲリラ豪雨や地震による土砂災害などとともに、住宅の石積み(石垣)の崩壊といったニュースを耳にします。特に高度成長期の建築ラッシュの時期に山の斜面に建てられた住宅は、石積みが老朽化して崩れやすくなっています。しかし、石積みの目地(石と...

杉山信二プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

特許を取得した石積みを補強するモルダム工法に強み

会社名 : 九州防災メンテナンス株式会社
住所 : 福岡県北九州市八幡西区本城東3-13-5 [地図]
TEL : 093-692-5348

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

093-692-5348

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉山信二(すぎやましんじ)

九州防災メンテナンス株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
石積み(石垣)は安全なのか
イメージ

 2016年4月14日21時26分より始まった熊本地震において、多くの家屋が倒壊してしまいました。これほどの大きな地震...

[ 自然石の石積み ]

砂岩の石積みの危険性について
イメージ

石積みに使用されている石も様々です。今回注目したいのは高度成長期に多く使用されたと言われる砂岩の石積み。北...

[ 自然石の石積み ]

石積み崩壊の原因と予防について考える
イメージ

北九州地区では、この梅雨時期に多くの石積みが崩壊しました。崩壊してしまうと復旧工事に大変な費用が...

[ 災害現場 ]

怖いのは大雨の後です
イメージ

台風の多い季節を統計でみると6月から10月が多く発生しているようであり、特に9月前後に日本列島を通過する台風が...

[ 自然石の石積み ]

コラム一覧を見る

コラムのテーマ一覧
スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ