杉山信二

すぎやましんじ

九州防災メンテナンス株式会社

[ 北九州市八幡西区 ]

コラム

 公開日: 2018-02-03 

お問い合わせによる調査及び対応状況

当社では、役所や建設コンサルタント、ハウスメーカーや土木業者など様々な方からのお問合せをほぼ毎日頂いております。

その中で今回は、役所や法人様でなく個人様のお問い合わせによる業務の内容を一部を抜粋してご紹介をいたします。



1.戸畑区在住 H様

現場確認日:1月26日
<ご依頼内容及び現場の状況>
 老朽化した玉石積みが不安とのことでの調査依頼でした。現地を確認すると目地モルタルには顕著な劣化が確認されるものの、膨らみやせり出し等、また、不等沈下的な亀裂も確認できませんでした。
 水抜き穴が無いことは気になりましたが、土砂の流出跡もなく、現段階では特に問題ないものと判断して、「現段階では危険な状況ではないことから緊急的な工事は必要ありませんが、モルタルの劣化が顕著であるため、直ぐにではなくとも補修は後々行った方が良いと思います」とお伝え致しました。
 玉石を使った石積みは、比較的地山がしっかりした箇所の浸食防止等に使う場合が多いことなどから、現場状況を確認した上で総合的に判断した結果です。
<対応>
 御依頼者さまの指示があった場合は、測量を行って御見積書の作成となります。
 (見積りのご依頼がない場合はこのままであり、こちらから連絡することはありません)



2.門司区在住 N様

現場確認日:1月27日
<ご依頼内容及び現場の状況>
 張出しスラブの老朽化による爆裂と石積みの亀裂の相談です。張出しスラブは当初の施工が悪い様であり、鉄筋のかぶりが非常に薄い箇所が多くありました。Coの中性化の進行に伴い、その部分の鉄筋が腐食して爆裂した状況です。
 比較的しっかりしたスラブですが、下の住人とのトラブルの原因となるため、何らかの対策を施したいとのことでした。
 自然石の石積は、角部に亀裂が発生していました。築造した箇所の地形的な問題から水が集まり易い場所であり、亀裂はほんの少しの横移動によるズレと部分的な沈下による動きが原因と考えられました。
 爆裂によるスラブの剥離落下も落下物が薄く小さなものと考えられ、常時その下を人が通る場所ではないことなどから「緊急性はないため、ゆっくりと検討しては如何でしょうか」と伝えています。
<お見積り>
 御依頼者さまの御意向により、張出しスラブの撤去と石積みの注入補修、張出しスラブと石積みの注入補修の2種類を2月2日に提出しました。



3.八幡西区在住 N様

現場確認日:2月2日
<ご依頼内容及び現場の状況>
 間知ブロック積擁壁とCBブロック(2段)の複合土留め壁の上部に張出しスラブを載せたもので、亀裂や部分的な滑落があって心配だという内容でした。
 間知ブロック積擁壁は布積みであり、全体的に膨らみが確認されました。亀裂部から内部を確認すると、練積み用にCoもしくは「たたき」を使用しているようですが、その量は非常に少なく、ただ積み上げるために最小限の量を使ったと言うものであるため、練積みとしての強度は全く無いと言える状況でした。また、間知ブロックとCBブロックの接合部分には土砂が入り込んでいる箇所も確認できることなどから、かなり適当に造られていることが想像できました。
 張出しスラブと家屋の接合部付近には亀裂が見当たりませんでした。家屋の基礎部は地盤改良を施したと言うことですが、土留め壁の強度が無い状況の上に築造されたため、張出しスラブと家屋の一部の荷重が土留め壁に負荷を掛けているものと思います。
 緊急性はありませんが、ゆっくりと変状も拡大しているようなので、何らかの対策を講じる必要はあると思います。
<対応>
 御依頼者さまの御意向により、後日再度調査及び測量を行い、工法を立案して報告する予定です。



4.八幡西区在住 O様

現場確認日:2月2日
<ご依頼内容及び現場の状況>
 砂岩の石積みと雨水の排水の不具合が心配と言う内容の見積り依頼でした。
 石積みは高さも低く、砂岩の不安要素である風化の進行具合も顕著ではないことから、現段階では補修や補強は考えなくても特に問題はないとお伝えしました。
 しかしながら、風化が進行することは確実であるため、配管の不具合箇所と合わせて補修の御見積をお願いしたいとの事です。
<対応>
 御依頼者さまの御意向により、後日測量を行い、御見積書を作成する予定です。






このように現地調査やお見積りを行うのですが、ほぼ100%ご依頼のお問い合わせを頂いた場合のみであり、当社からの訪問営業や工事の催促を行うことは一切ありません。

特別な調査報告書が必要な場合を除きますが、基本的に北九州市及びその近郊(福岡県・佐賀県は殆ど対応可能です)であれば、調査からお見積りまでは全て無料ですので、お気軽にご連絡くださいますようお願い致します。



※工事は順番待ちの状況ですので梅雨前に工事を完了させたいとお考えの方はお早めにご連絡頂けますようお願い致します

この記事を書いたプロ

九州防災メンテナンス株式会社 [ホームページ]

杉山信二

福岡県北九州市八幡西区本城東3-13-5 [地図]
TEL:093-692-5348

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

2

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
杉山信二 すぎやましんじ

崩れてからでは遅い、石積みの防災対策(1/3)

 近年、ゲリラ豪雨や地震による土砂災害などとともに、住宅の石積み(石垣)の崩壊といったニュースを耳にします。特に高度成長期の建築ラッシュの時期に山の斜面に建てられた住宅は、石積みが老朽化して崩れやすくなっています。しかし、石積みの目地(石と...

杉山信二プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

特許を取得した石積みを補強するモルダム工法に強み

会社名 : 九州防災メンテナンス株式会社
住所 : 福岡県北九州市八幡西区本城東3-13-5 [地図]
TEL : 093-692-5348

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

093-692-5348

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉山信二(すぎやましんじ)

九州防災メンテナンス株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
崖相談の手順について
イメージ

<現地調査・お見積り・アドバイス等は無料です>当社では、北九州市内及びその近郊での現地調査、お見積り、ア...

[ 崖相談 ]

石積み(石垣)は安全なのか
イメージ

 2016年4月14日21時26分より始まった熊本地震において、多くの家屋が倒壊してしまいました。これほどの大きな地震...

[ 自然石の石積み ]

砂岩の石積みの危険性について
イメージ

石積みに使用されている石も様々です。今回注目したいのは高度成長期に多く使用されたと言われる砂岩の石積み。北...

[ 自然石の石積み ]

石積接着補強工事の全国対応に向けて
イメージ

 近年の記録的な集中豪雨や今後予想される大地震を懸念して、擁壁の補強工事が必要であると考える人が急増してい...

[ 石積接着補強工法 ]

加速度的に増える石積みの崩壊について
イメージ

「今まで崩れなかったから大丈夫」と言う言葉をよく耳にします。それは私が見てきた石積みの相談現場で他の方が言...

[ 石積接着補強工法 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ