杉山信二

すぎやましんじ

九州防災メンテナンス株式会社

[ 北九州市八幡西区 ]

コラム

 公開日: 2017-01-22 

弊社独自の石積み補強工法をご紹介いたします

弊社は自然石の石積みを内部から補強する石積接着補強工法(モルダム工法)を開発して平成27年に特許も取得しています。この工法はこれまで補強が難しかった自然石の石積みを安価で安全な状態にすることを可能にした工法であり、公共事業以外に大手住宅メーカー様も多く採用頂いている工法で、北九州市の防災アドバイザーを務める西日本工業大学の玉田文吾名誉教授がその有効性を認め、見解書を著している工法です。

これまで石積みの補修方法は、目地部にモルタルを塗り込んでいく補修方法が殆どでした。崩壊の危険性がない石積みでの補修としては、この方法で十分なのですが、亀裂や膨らみ等の変状がある石積みではその効果は非常に低いと考えるべきだと思います。





せり出し

写真のように石がせり出した状態であると石と石が噛み合わないため、地震などの外的要因によって崩壊に至ることも考えられます。






石積崩壊


石積崩壊


石積崩壊

古い石積みの上に増築された家屋等があるため、改修工事ができない現場が多くあります。その様な場合では、家屋を解体した後に施工することになるのですが、石積接着補強工法で補強することによって、遥かに安価で災害を防除することも可能です。







注入

弊社の石積接着補強工法は、石積みの内部に専用接着剤を注入して内部から補強することを実現し、更に水抜きを閉塞することなく設置することも可能にした理想的な工法です。







施工前


注入


施工後






施工方法は動画で是非ご確認ください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

この記事を書いたプロ

九州防災メンテナンス株式会社 [ホームページ]

杉山信二

福岡県北九州市八幡西区本城東3-13-5 [地図]
TEL:093-692-5348

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

16

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
杉山信二 すぎやましんじ

崩れてからでは遅い、石積みの防災対策(1/3)

 近年、ゲリラ豪雨や地震による土砂災害などとともに、住宅の石積み(石垣)の崩壊といったニュースを耳にします。特に高度成長期の建築ラッシュの時期に山の斜面に建てられた住宅は、石積みが老朽化して崩れやすくなっています。しかし、石積みの目地(石と...

杉山信二プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

特許を取得した石積みを補強するモルダム工法に強み

会社名 : 九州防災メンテナンス株式会社
住所 : 福岡県北九州市八幡西区本城東3-13-5 [地図]
TEL : 093-692-5348

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

093-692-5348

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

杉山信二(すぎやましんじ)

九州防災メンテナンス株式会社

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
石積み(石垣)は安全なのか
イメージ

 2016年4月14日21時26分より始まった熊本地震において、多くの家屋が倒壊してしまいました。これほどの大きな地震...

[ 自然石の石積み ]

砂岩の石積みの危険性について
イメージ

石積みに使用されている石も様々です。今回注目したいのは高度成長期に多く使用されたと言われる砂岩の石積み。北...

[ 自然石の石積み ]

加速度的に増える石積みの崩壊について
イメージ

「今まで崩れなかったから大丈夫」と言う言葉をよく耳にします。それは私が見てきた石積みの相談現場で他の方が言...

[ 石積接着補強工法 ]

石積み崩壊の原因と予防について考える
イメージ

北九州地区では、この梅雨時期に多くの石積みが崩壊しました。崩壊してしまうと復旧工事に大変な費用が...

[ 災害現場 ]

住宅やマンションの擁壁について
イメージ

地震や自然災害の多い近年、我が家は耐震構造なのか、地震には耐えられるのだろうか、など考えることはあると思い...

[ 擁壁 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ