コラム

 公開日: 2016-12-02  最終更新日: 2016-12-16

老後資金対策としての終身保険の活用方法は?

“経済的幸福度”に貢献する・確定拠出年金相談ねっと認定FP
ファイナンシャルプランナーの 末次祐治です

保険は保障である



生命保険の契約では、定期保険、養老保険、終身保険が基本になり、いくらの保険金額(以下、高度障害保険金を含む)にするかの設定と保障期間をいつまでにするかの期間設定の、縦と横の設定から始まります。また、掛け捨て型にするか貯蓄型にするか、両方の組み合わせで組むのかは契約者や受取人のご意向によって変わってきます。
保険の最大の役割は「経済的なリスクの補てん」ですから、何かあった時にお金が払われる
という特性上、まず保険商品自体つまり保障の価格(保険料)をまず押さえて欲しいものです。
自動車保険や火災保険に例えた方がわかりやすいかもしれません。


何か事故があったときに経済的な補てんをしてくれる権利を毎月(毎年)保険料で買っているということになるのです。

ですから、保険商品はまずは「保障を買う」ということが大前提にあります。
例えば、死亡保障入院したときの医療保障、ガンになった際のガン保障が中心です。






保険種類によって貯蓄性がある



養老保険、終身保険は、掛け捨て型ではなく、貯蓄性があり保険料を払えばお金が貯まっていくタイプの保険です。
学資保険や円建の終身保険またUSドル建の外貨建終身保険など様々なタイプがあります。
この貯蓄性の保険の原点は「養老保険」です。
保険金額の設定と保険期間の設定を決めて無事保険期間が満了になったら(満期になったら)保険金額を
満期金としてお返しします。という死亡保障と満期金が同額の保険です。
生死混合保険といわれたりします。

この養老保険の保険期間を長くしたものが終身保険です。保険会社によって設定は変わりますが107歳(108歳)の
養老保険のことを終身保険といっているのです。

「107歳まで生きたら死亡保障と同じ満期金を受け取ってください」という保険です。
ただ一般的には、107歳まで生きる人は少ないため、「一生涯の保障という意味で
終身保険と置き換えてもいい」ということで終身保険というのが普通です。
また、107歳まで保険料払うのは現実的ではないので、60歳や65歳まで保険料を払って保障は一生涯というタイプが
多いのです。終身保険で107歳まで生きれば、ほぼ保険金額と同じ解約返戻金になります。

中長期の資産形成



このような特性から終身保険は保障を得ながら将来の老後資金準備する考えで掛けている方もいらっしゃると思います。
たしかに、商品の予定利率が3~5%が高い商品の場合は選択肢の一つにはなり得ますが、
現在は、マイナス金利の影響で特に円建の終身保険は、予定利率がかなり低いので保険料は高く、
積立効果が薄れ魅力がありません。ほとんどの保険会社も商品を売り止めしたり、制限を掛けてきています。
今後どうなるかはわかりませんが、今の時期は契約する側からみたら、保険で資産形成するには不利な状態であるということをご理解してほしいと思います。
また、資産形成目的の場合は、あくまでも払込期間(満期)まで払い続けたらというのが
条件としてありますので、「単に掛け捨てがもったいない」、「払った分以上に戻ってきますから」という理由で、
終身保険を選択するのはある意味もったいないと言えます。




他の方法も考えてみる



終身保険で資産形成する方法は、毎月、保障という買い物をしていく中で強制的に保険料を払っていくという半ば強制的にという積立の方法としては効果は高いですが、老後の資産形成という目的がある方らならもっと別な金融商品や手段をしって効果があるかどうか検討することも大事になってきます。
同じ保険商品なら変額保険やまた投資信託や確定拠出型年金も有効な手段になるかと思います。

色々な選択肢があるなか、自分にとって最適なものを買うためには、色々な方法や手段(商品)があることをまずは知ってもらうことがより大事になってくると思います。その選択肢の中で自分が納得いく方法(商品)を選択していただきたいものです。



末次祐治


☆彡※☆彡※☆彡※☆彡※☆彡※☆彡※☆彡※☆彡※

~確定拠出年金(DC)相談ねっと 認定FP~

個人・法人問わず全国からの相談を 「なるほど回答」 で

わかりやすくお伝えしています

https://wiselife.biz/fp/ysuetsugu/

~末次 ゆうじ フェイスブックページ~

コラム・執筆・セミナーなど価値ある情報と

息抜きにプライベートなことも発信しています

https://www.facebook.com/profile.php?id=100010126183323


~個人型確定拠出年金セミナー~
2部構成のセミナーです。参加は無料です。

(福岡開催)
http://www.kokuchpro.com/event/1090661bc148e7f31fec5bb37aa53427/

http://www.kokuchpro.com/event/e032f2e6bd7b30022cb1a587b18ccf0b/91913/

この記事を書いたプロ

くるみ企画 [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 末次祐治

福岡県筑紫野市二日市北2-18-5-901 FP事務所 くるみ企画 [地図]
TEL:090-3074-6972

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
ライフプランの見直しを力強くサポートしてくれるファイナンシャルプランナー・末次祐治さん

お客様の経済的幸福度に貢献するファイナンシャルプランナー(1/3)

 ファイナンシャルプランナーとは最近よく耳にする職業ですが、具体的に何をする職業なのでしょうか?「お客様のライフプランを見直して、保険だったり住宅ローンだったり年金だったりといったお金に関する問題解決をお手伝いしています」と言うのは福岡で...

末次祐治プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

人生の夢実現をお金の面で力強くサポート

事務所名 : くるみ企画
住所 : 福岡県筑紫野市二日市北2-18-5-901 FP事務所 くるみ企画 [地図]
TEL : 090-3074-6972

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

090-3074-6972

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

末次祐治(すえつぐゆうじ)

くるみ企画

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
効率的な保障の考え方・選び方
イメージ

 保険商品にも変化が 日本銀行が2016年2月16日にマイナス金利を導入してから1年が過ぎ、保険商品にも様々な...

[ 生命保険 ]

お子様の教育資金(学資保険)は、商品選びよりもいくら貯めるかが重要!
イメージ

お子様の教育資金といえば学資保険に代表される保険商品で準備しているご家庭が多いと思われますが、マイナス金利...

[ 教育資金 ]

電子書籍版 【FPMAG】 発売のお知らせ
イメージ

“経済的幸福度”に貢献する・確定拠出年金相談ねっと認定FPファイナンシャル・プランナーの 末次祐治です。...

[ お知らせ・情報提供 ]

「保険の見直し」で無駄を省いて老後の資産形成で最強の「確定拠出年金」を始めよう!
イメージ

“経済的幸福度”に貢献する・確定拠出年金相談ねっと認定FPファイナンシャルプランナーの 末次祐治です。 ...

[ 年金・老後資金 ]

公務員のためのイデコ(個人型確定拠出年金)の始め方・入門編
イメージ

“経済的幸福度”に貢献する・確定拠出年金相談ねっと認定FPファイナンシャルプランナーの 末次祐治です。◆...

[ イデコ(個人型確定拠出年金) ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ