コラム

 公開日: 2017-03-20  最終更新日: 2017-03-21

標準利率改定でも慌てて保険に入らないほうがよい

来月(2017年4月)から生命保険の標準利率が現在の1%から0.25%に引き下げられる影響で、多くの生命保険商品で保険料が値上がりするため、保険の提案を受ける方が増えているようです。
私のところにもお客様からの問い合わせが増えています。

貯蓄性のある生命保険の中には2割以上の大幅な値上げとなるケースもあるため、なんとか今月中に加入をしておきたいという気持ちはわかります。

超低金利ですでに魅力のある貯蓄性保険はない

しかし、よく考えていただきたいのは、昨年1月末に日本銀行がマイナス金利の導入して以降、運用難からほとんどの貯蓄性保険が販売を停止しているということです。

保険会社の販売戦略の関係などから一部の貯蓄性保険は残っているものの、加入するメリットがあると言えるような魅力のある商品はすでに残っていません。
そのため保障が不足していて、どうしても今すぐに保険に加入をしなければいけないような場合を除いて、標準利率改定で保険料が上がるからといって、慌てて保険に加入をする必要はないと思います。

もしも保障が足りていない場合でも、超低金利時代の生命保険の活用方法は「保険は掛け捨て」「資産形成手段として保険は使わない」ことが基本になります。
これは保険の大半が加入時の条件(予定利率など)がずっと固定されてしまうため、金利水準が低い時期には加入をしないほうがよいためです。

しかも掛け捨てタイプで競争力のある保険の多くは、春以降も保険料は変わらない予定になっています。
そのため慌てて加入をする必要はありません。






販売側の事情で勧めているケースも

それに超低金利で運用難になっている保険会社各社は、この標準利率改定を機会に販売に際して支払う報酬(代理店手数料など)を引き下げる方向で動いていることを知っておきましょう。

今慌てて保険を勧めているのは、顧客のことを考えてというよりも、ひょっとしたら販売側の事情かもしれませんよ。

今回の標準利率改定をセールストークとして使っている担当者もいるようです。



来年以降「標準生命表」の改定も見込まれているので、長寿化の進行とともにさらに死亡保険の保険料が下がることも予想されます。
「保険料が上がるから」と慌てて加入するのではなく、ライフプランの実現に必要なものかどうかをしっかりと考えて、冷静に加入をしたほうがいいかどうかについての判断をしてください。

「急いては事を仕損じる」っていいますよね?




============================================
【メールマガジン】
お客様の生活に役立つさまざまなマネー情報や、最新の投資環境(マーケット)の情報、
セミナー開催のお知らせなどをお届けしています。
ご登録はこちらから。
http://www.fp-office.com/mailmagazine.html

【フェイスブックページ】
FPオフィス クライアントサイドのフェイスブックページで
コラム執筆・メディア情報・講演予定などの最新情報をお届けしています。
https://www.facebook.com/fpoffice.clientside/?ref=hl

ライフプランと資産運用&資産管理のことはFPオフィス クライアントサイドへ
http://www.fp-office.com/

高校中退者などに対して、自分自身の経験に基づいたキャリアアドバイスを書いています。
ブログ【高校不要論】高校中退経験者が語る本音
http://www.not-giveup.com/

ファイナンシャルプランナー
ドロップアウト専門アドバイザー
久保 逸郎

〒810-0073 福岡市中央区舞鶴1-8-26 グランパーク天神C棟1028
TEL:092-716-3487
FAX:092-716-3488
ikubo@msg.biglobe.ne.jp
============================================

【月10件まで初回相談無料】但し、事前予約制。残りの枠はこちらでご確認ください
【自宅にいながらオンラインでFPに相談】 詳細はFPオフィス クライアントサイドのホームページで

この記事を書いたプロ

FPオフィス クライアントサイド [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 久保逸郎

福岡県福岡市中央区舞鶴1-8-26 グランパーク天神C棟1028 [地図]
TEL:092-716-3487

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
高校中退者のキャリア支援
イメージ

「自分からなかなか動けないなら、人の力を借りるというのも一つの方法だ。躊躇している自分の背中を押してくれる人がいればいいのだ。たくさんはいらない、ひとり...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
FPオフィスー1

ライフプランをベースに、保険の見直しや資産運用をトータルにアドバイス(1/3)

「FPオフィス クライアントサイド」の久保逸郎さんは、企業に属さず、中立公正な立場でお金に関するアドバイスを行う独立系FP(ファイナンシャルプランナー)。大手リース会社と外資系生命保険会社を経て2003年に独立。九州でいち早く約40社の生損...

久保逸郎プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ライフプランと資産運用&資産管理の専門家

会社名 : FPオフィス クライアントサイド
住所 : 福岡県福岡市中央区舞鶴1-8-26 グランパーク天神C棟1028 [地図]
TEL : 092-716-3487

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

092-716-3487

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

久保逸郎(くぼいつろう)

FPオフィス クライアントサイド

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

「いつも広い視野で話が聞けるのでおもしろいです。」

2017年2月4日(土)開催の勉強会に参加していただいた方々か...

R・K様
  • 60代以上/女性 
  • 参考になった数(0

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
15年目の抱負 ~90歳まで安心のライフプラン~
イメージ

あけましておめでとうございます。ファイナンシャルプランナー(FP)の久保逸郎です。金融業界は年末ギリギ...

[ ライフプラン ]

【注目の専門家マネー部門で第1位獲得】お金持ちが保険ショップに行かない理由
イメージ

ファイナンシャルプランナーの久保逸郎です。今週28日に『無料のライフプランで住宅購入を決めることが危険な...

[ お知らせ ]

ライフプランに合わせて住宅ローンを選ぶ
イメージ

ファイナンシャルプランナーの久保逸郎です。最近は住宅ローンに関する相談をお受けする機会が多くなってきて...

[ 住宅購入・住宅ローン ]

無料のライフプランで住宅購入を決めることが危険な理由
イメージ

ファイナンシャルプランナーの久保逸郎です。先週末に住宅購入の検討をされているお客様とライフプランの打ち...

[ 住宅購入・住宅ローン ]

90歳まで安心のライフプラン

ファイナンシャルプランナーの久保逸郎です。本日はホームページの更新作業を行いました。昨秋からシステム...

[ 資産運用&資産管理 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ