コラム

 公開日: 2016-06-28 

無料のライフプランで住宅購入を決めることが危険な理由

ファイナンシャルプランナーの久保逸郎です。

先週末に住宅購入の検討をされているお客様とライフプランの打ち合わせをしていて、「工務店で作ってもらったライフプランと違って驚きました。そのまま契約をしなくてよかった。本当に相談にきてよかったです!」と言われました。
その方は工務店の営業に紹介された保険会社所属の営業の方にライフプランを作ってもらって、年収の約9倍にもなる住宅購入プランを「全く問題ありません」と後押しされていたそうです。

お客様のほうが不安になって私のところに相談に来られたそうですが、一緒にライフプランを作ってみたところ、老後資金はもちろん、教育資金の準備も不十分であることがわかりました。

住宅販売関係者が作るライフプランは購入を後押しするためのもの

この違いが出てきた理由は明確で、工務店で作成してもらったライフプランのほうは定年まで収入がどんどん右肩上がりで増えていく一方で、インフレや消費税増税などは全く考慮されていないため支出はほとんど増えません。
それほど貯蓄習慣がしっかり付いているわけでもないのに、毎月の収入から固定支出を差し引いて残った分は全て貯蓄に回る形で、旅行や冠婚葬祭など固定的支出以外の出費等は全く考慮されていませんでした。

自動車保険は計算されているものの、クルマの購入代金は計算に入っていない。
(車両本体は結構大きな支出のはずですが)

家族旅行などの費用は一切考慮せず、冠婚葬祭などの突然の出費も一切ない。
食費や水道光熱費・保険料などの最低限の支出を差し引いて残った分は、全て貯蓄に回すことができる。
それなら住宅にたくさんお金を使ってもたぶん大丈夫でしょう。

でも現実問題として、そのような生活は無理ですよね?



最近は同じようなケースの相談が増えつつあります。
そもそも工務店や住宅展示場などにいるファイナンシャルプランナーなど(保険営業のことが多い)の場合、生命保険の顧客獲得のために住宅購入希望者のライフプラン作成の手伝いをしていることがほとんどです。
だから簡単な質問項目でライフプランが作れる保険会社のソフトウェアを使うことが多いですし、大抵は無料でライフプランを作ってくれます。

工務店などからは顧客紹介の代わりに住宅販売のお手伝いを求められますから、客観的に住宅購入のアドバイスを行っているわけではありません。
たとえ予算的に相当無理のある住宅購入プランだったとしても、そのような立場ではなかなか「予算を下げましょう」などとは言えないことは自明の理です。

タダほど高いものはない

私自身もファイナンシャルプランナーとして独立したばかりの頃は、有名な住宅展示場のセンターハウスでセミナーや相談をしていたことがあります。
マンション販売業者の相談会などで呼んでいただいていたこともあります。

しかし、ある時ハウスメーカーの部長さんと講演の打ち合わせをしている時に「久保さん、年金や老後資金の話はしないでください。老後の話をすると家を買わなくなるか、予算が下がってしまいますから」と言われました。
今となっては講演の時のいい話のネタにはなっていますが、その時は笑えませんでした。





その講演の話は即座に断って、それからは客観的に住宅購入アドバイスを求めている方のお手伝いだけを行うようになりました。
相談者と何回も打ち合わせながらライフプランを考えて、住宅購入プランを練りますから手間もかかります。
建築士の紹介や、腕のいい工務店などの紹介などを行うこともあります。
また、銀行などに一緒に足を運ぶこともあります。
そのため無料で行うことはできません。
それでもきちんと考えたいという方が、私のところに相談にきていただいています。

家というのは人生で一番高い買い物の一つです。
失敗してしまうとその後の人生で大きなハンデを背負ってしまうことになりますから、慎重に考える必要があります。

一定の労力と専門性が必要になるライフプラン作成などを、どこまでも無料で行なっているファイナンシャルプランナーは生命保険などの金融商品を勧誘することが目的になっていることが当たり前ですから、客観性を求めることは無理があります。

「タダほど高いものはない」
皆さんも子どもの頃から習ったと思いますが、改めてこの言葉を思い出して、客観的にアドバイスをしてくれる相手を探してもらいたいですね。

============================================
【メールマガジン】
お客様の生活に役立つさまざまなマネー情報や、最新の投資環境(マーケット)の情報、
セミナー開催のお知らせなどをお届けしています。
ご登録はこちらから。
http://www.fp-office.com/mailmagazine.html

【フェイスブックページ】
FPオフィス クライアントサイドのフェイスブックページで
コラム執筆・メディア情報・講演予定などの最新情報をお届けしています。
https://www.facebook.com/fpoffice.clientside/?ref=hl

ライフプランと資産運用&資産管理のことはFPオフィス クライアントサイドへ
http://www.fp-office.com/

高校中退者などに対して、自分自身の経験に基づいたキャリアアドバイスを書いています。
ブログ【高校不要論】高校中退経験者が語る本音
http://www.not-giveup.com/

ファイナンシャルプランナー
ドロップアウト専門キャリアアドバイザー
久保 逸郎

〒810-0073 福岡市中央区舞鶴1-8-26 グランパーク天神C棟1028
TEL:092-716-3487
FAX:092-716-3488
ikubo@msg.biglobe.ne.jp
============================================

この記事を書いたプロ

FPオフィス クライアントサイド [ホームページ]

ファイナンシャルプランナー 久保逸郎

福岡県福岡市中央区舞鶴1-8-26 グランパーク天神C棟1028 [地図]
TEL:092-716-3487

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
高校中退者のキャリア支援
イメージ

「自分からなかなか動けないなら、人の力を借りるというのも一つの方法だ。躊躇している自分の背中を押してくれる人がいればいいのだ。たくさんはいらない、ひとり...

 
このプロの紹介記事
FPオフィスー1

ライフプランをベースに、保険の見直しや資産運用をトータルにアドバイス(1/3)

「FPオフィス クライアントサイド」の久保逸郎さんは、企業に属さず、中立公正な立場でお金に関するアドバイスを行う独立系FP(ファイナンシャルプランナー)。大手リース会社と外資系生命保険会社を経て2003年に独立。九州でいち早く約40社の生損...

久保逸郎プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

ライフプランと資産運用&資産管理の専門家

会社名 : FPオフィス クライアントサイド
住所 : 福岡県福岡市中央区舞鶴1-8-26 グランパーク天神C棟1028 [地図]
TEL : 092-716-3487

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

092-716-3487

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

久保逸郎(くぼいつろう)

FPオフィス クライアントサイド

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
【注目の専門家マネー部門で第1位獲得】お金持ちが保険ショップに行かない理由
イメージ

ファイナンシャルプランナーの久保逸郎です。今週28日に『無料のライフプランで住宅購入を決めることが危険な...

[ お知らせ ]

団体信用生命保険の代わりに民間生命保険を使う際の注意点~相続放棄に至った事例~
イメージ

ファイナンシャルプランナーの久保逸郎です。昨日は大分で銀行の研修でしたが、最高気温が35度位あったようで...

[ 住宅購入・住宅ローン ]

ライフプランに合わせて住宅ローンを選ぶ
イメージ

ファイナンシャルプランナーの久保逸郎です。最近は住宅ローンに関する相談をお受けする機会が多くなってきて...

[ 住宅購入・住宅ローン ]

90歳まで安心のライフプラン

ファイナンシャルプランナーの久保逸郎です。本日はホームページの更新作業を行いました。昨秋からシステム...

[ 資産運用&資産管理 ]

外貨建て保険への加入は、日本との金利差が3%以上開くまで待とう
イメージ

ファイナンシャルプランナーの久保逸郎です。現在発売中の『Financial Adviser』の外貨建て保険の特集に原稿を...

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ