コラム

 公開日: 2014-05-21  最終更新日: 2015-12-10

カビ等を防ぐための着物の陰干しをやらないで済ます方法

なぜ着物を陰干ししないといけないのか?については以前のコラムでもご説明しました。


陰干し(虫干し)の目的は?

陰干し(虫干し)はいつやるの?


さて、ではいざ陰干ししようと思っても、なかなか重い腰が上がらないというのが実情でしょう。
確かにめんどくさいと言えばめんどくさいかもしれません。

陰干しは最低年一回、理想を言えば年二回やって頂けたら良いと思っています。

その時期は梅雨明け後の7月は必ず。
そしてできればもう一回は2月辺り。

これで半年おきに着物に新しい乾燥した空気を充てることができ、万が一ガビや気付かなかった食べこぼしなどのシミも早い段階で発見ができるという一石二鳥です。

お仕事や茶道などの習い事をされている方は、常に着物を着る機会があり、お手入れもマメに出されるため、陰干し自体をする必要性はほとんどないと思います。

しかし、普段着物を着る機会が無い方には、これがなかなかやろうと思っていてもやれていない方が多いようです。

だいたい数十年しまったままにされていて、いざ必要になったときにタンスから出してみるとカビが変色していて手遅れだったり、お手入れすれば何とか着られる場合でも、時間がなくてお手入れが間に合わないという判断になったりしています。

そして新たに購入するしかなかったり、高いレンタル料を払って間に合わせるしかなかったり。


そこで今日は、当店のお客様で何人かの方がこの陰干しの手間を上手く省いている方がいらっしゃいますので、その方がどうされているのかをご紹介します。

この方達は普段着物を着る機会はありません。
持ってある着物と言えば、それぞれですが、留袖・喪服・振袖・訪問着等の着物・子供の着物(一ツ身などのお宮参り用)です。

この中で突然必要になるパターンの着物は喪服ですね。

これらの着物をちょうど梅雨入り直前くらいにお手入れに出されます。
たいてい丸洗いのみ。

確かに検品してみますと、毎年着物を着ていなくてもこの梅雨入り前にお手入れに出されますので、シミらしいシミがない場合が多いです。
何かシミが上がってきていれば『しみ抜きして取っておいてね』といった感じです。

着物を着ていなくてもこの梅雨入り前に
『ちょっとカビ臭いのよね』とか『なんか湿気てる感じがするのよね』といった感じで持ち込まれます。

もうお分かりの方も多いと思いますが、この年一回の一番湿度の高い時期に当店にお手入れで出されるということは、仕上がり時期はもう梅雨が明けている。。。

つまり、梅雨の時期を当店でお手入れついでに保管して、ちょうど良い季節に仕上がった着物を受け取ってそのままタンスにしまうだけ。。。という技を使っていらっしゃるわけです。



       ↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑
       【当店の棚に保管されている仕上がった着物】

あるお客様から『私はほとんど陰干ししないでいいようにこの時期に出しているのよ』とお聞きしたときに、これは私も『なるほどぉ〜』と唸りましたね。

よくよく調べてみると、このお客様は確かにこの時期に必ずまとめてお手入れに出されていました。
さらによ〜く考えてみると、他にもそのような方が数名いらっしゃいました(*_*;

私が気付かなくてどーすんだって感じですが・・・(^^ゞ

この方法を取れば、年一回のお手入れをすることで陰干しもしなくて済みますし、早い段階でのカビやシミなどの発見もできますので、着物は長持ちしますし、いざという時にあわてなくて済みます。

年二回の陰干しをしておきたい方も、2月辺りに一回陰干しするだけの手間で済みます。


今、当店で手遅れ状態で持ち込まれる着物の種類で多いものは、先ほども申し上げました普段着る機会が少ない留袖・喪服・振袖・子供の着物(一ツ身などのお宮参り用)です。

特に一ツ身はだいたい30年くらいしまったままというパターンが多く、ほぼカビの変色に着物全体がヤラれてお手入れ不可能状態のものが多いですね。
買い直した方がお手入れ代よりも安くつくか、お手入れ不可能状態になっています。

振袖も購入時に高価な金額をお支払いになっていて、娘さんの成人式に着せてあげようとお考えの方が多いですが、しまったままだとかなりリスクがありますね。


このように、普段は着ることはほとんどないけれども、将来は着ることがあるという場合は、先ほどのお客様の事例のように賢くお手入れ時期のタイミングを合わせると、陰干しをするめんどくささ・労力無しに、さらに着物も長持ちさせることができるわけです。

……………………………………………………………………
着物(和服)のしみ抜き・丸洗い・洗い張り・仕立て等
きものお手入れ専門店 きもの処 大榮(だいえい)
代表者:末永 健
福岡県福岡市城南区樋井川1-23-22
TEL:092-864-7701
……………………………………………………………………

この記事を書いたプロ

きもの処 大榮(だいえい) [ホームページ]

伝統工芸 末永健

福岡県福岡市城南区樋井川1-23-22 [地図]
TEL:092-864-7701

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

6

こちらの関連するコラムもお読みください。

<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

福岡市早良区原  青木 紀子さましみ抜き、洗張、丸洗、仕立などいずれも丁寧に仕事をして頂き有難く思っています。又、少しまとまりましたら、お願い致したく存...

加工賃一覧

こちらでは着物のお手入れ加工賃の一部を抜粋して掲載しています。その他すべての加工賃はきもの処大榮のオフィシャルホームページでご覧になれます。以下のリンク...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
きもの処ー1

着る人の心のシミまでなくす職人仕事。(1/3)

都会の喧騒から少し離れた静かな場所に、和服のシミ抜き職人がいます。大正13年に福岡市・清川で創業し、現在3代目の看板を背負って立つ末永プロは、和服のシミ抜きだけでなく、色かけや洗い張り、丸洗いなど、着物をきれいに保つ達人です。「今は着物を着...

末永健プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

着物の手入れをする職人が直接相談受付し、ご希望をお伺いします

会社名 : きもの処 大榮(だいえい)
住所 : 福岡県福岡市城南区樋井川1-23-22 [地図]
TEL : 092-864-7701

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

092-864-7701

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

末永健(すえながけん)

きもの処 大榮(だいえい)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

振袖、長襦袢のお手入れをお願いし、お手入れ満足しました。

過日は子供の振袖、長襦袢のお手入れをお願いしお手入れに満...

匿名
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
「ビートたけしのTVタックル」で当店の洗い張りの様子の動画が紹介されました
イメージ

平成27年11月30日(月)の23:15〜の放送のTV朝日「ビートたけしのTVタックル」で当店で着物を洗い張りしている様子...

[ お知らせ ]

【動画】袷・単衣・夏物・留袖・男物長着などの着物の基本的なたたみ方

着物をたたむというのは、意外とできなかったり、めんどうだったりしますよね。今回は「今ひとつたたみ方がわ...

[ 着物のたたみ方 ]

【動画】振袖のたたみ方

今回はお約束どおり、振袖のたたみ方を動画でUPしました。振袖の場合、袖が長い分、その袖をどうあしらってた...

[ 着物のたたみ方 ]

【動画】長襦袢のたたみ方

今回は長襦袢のたたみ方を動画で解説します。着物はたためるけど、長襦袢のたたみ方がイマイチわからないとい...

[ 着物のたたみ方 ]

【動画】道行のたたみ方

今回は道行のたたみ方を解説していきます。道行と言われても、どんな着物なのかわからないという方もいらっし...

[ 着物のたたみ方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ