コラム

 公開日: 2014-03-22  最終更新日: 2015-12-10

大島紬のアンサンブルを湯通し

今日は『湯通し』というお手入れ方法をご紹介します。

この湯通しはおもに先染めの反物に必要な行程です。

例えば大島紬などがそうですね。
先染めとはなんぞや?と思われるでしょうから、まずはそこを説明しますね。

先染めとは絹糸の状態の時に染めると言えばわかりやすいと思います。
大島紬などは糸の段階で計算に計算尽くされて部分的に糸を染め、それを織っていってあのような柄を作っているんですね。

気が遠くなるような手間のかかる作業と緻密な計算や技術がかかるため、おしゃれ着でありながら高価であるのはそういう理由です。

反対に白い絹糸を織って白生地を作り、その白い生地を無地で染めたり柄を描いたりするのが後染めというわけです。

では、なぜ大島紬のような先染めの着物を仕立てる前に『湯通し』という作業が必要か・・・。

その理由は、先染めの反物などは染め織りの段階で残留している余分なノリや染料が付いているためです。
それらを落とすことで仕立ての際に針通りが良くなるだけでなく、生地の固さなども減少します。
ノリが余分に残留していると、ちょっと濡れただけで際ジミにもなりやすいですし、経年劣化によって生地の変色も懸念されるため、それらを仕立てる前に除去しておくためです。

また余分な色を落としておくことで、生地裏への移色も極力抑えられます。

それらを落としてしまうための行程なわけです。

方法はぬるま湯に数回通してそれらを取り除きます。
濡れてしまうので、ゆがみや縮みで生地がよれてしまいますので『湯のし』という蒸気と針の張りによって反物の幅をそろえるためのテンターという機械を使って反物の幅とよれを直し整えます。

名称が似ていてまぎらわしいですね(^^ゞ

この作業が『湯通し』というものです。

以下の写真がその『湯通し』の手順です。




ぬるま湯に生地をつけ込んでいきます。




全部つけ込んだ状態。
これをぬるま湯を入れ替えて数回繰り返すことで生地の余分なノリや染料を除去していきます。




脱水すると生地に『折れ』が生じてアイロンプレスでも直らなくなるので、脱水せずに干して乾燥させます。
この後に先ほどご説明したテンターという機械で生地を整える『湯のし』をして仕立てに取りかかられるというわけです。

……………………………………………………………………
着物(和服)のしみ抜き・丸洗い・洗い張り・仕立て等
きものお手入れ専門店 きもの処 大榮(だいえい)
代表者:末永 健
福岡県福岡市城南区樋井川1-23-22
TEL:092-864-7701
……………………………………………………………………

この記事を書いたプロ

きもの処 大榮(だいえい) [ホームページ]

伝統工芸 末永健

福岡県福岡市城南区樋井川1-23-22 [地図]
TEL:092-864-7701

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

1
<< 前のコラム 次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
お客様の声
イメージ

福岡市早良区原  青木 紀子さましみ抜き、洗張、丸洗、仕立などいずれも丁寧に仕事をして頂き有難く思っています。又、少しまとまりましたら、お願い致したく存...

加工賃一覧

こちらでは着物のお手入れ加工賃の一部を抜粋して掲載しています。その他すべての加工賃はきもの処大榮のオフィシャルホームページでご覧になれます。以下のリンク...

プロへのみんなの声

全ての評価・評判を見る>>

 
このプロの紹介記事
きもの処ー1

着る人の心のシミまでなくす職人仕事。(1/3)

都会の喧騒から少し離れた静かな場所に、和服のシミ抜き職人がいます。大正13年に福岡市・清川で創業し、現在3代目の看板を背負って立つ末永プロは、和服のシミ抜きだけでなく、色かけや洗い張り、丸洗いなど、着物をきれいに保つ達人です。「今は着物を着...

末永健プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

着物の手入れをする職人が直接相談受付し、ご希望をお伺いします

会社名 : きもの処 大榮(だいえい)
住所 : 福岡県福岡市城南区樋井川1-23-22 [地図]
TEL : 092-864-7701

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

092-864-7701

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

末永健(すえながけん)

きもの処 大榮(だいえい)

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
このプロへのみんなの声

振袖、長襦袢のお手入れをお願いし、お手入れ満足しました。

過日は子供の振袖、長襦袢のお手入れをお願いしお手入れに満...

匿名
  • 50代/女性 
  • 参考になった数(1

このプロへの声をもっと見る

プロのおすすめコラム
「ビートたけしのTVタックル」で当店の洗い張りの様子の動画が紹介されました
イメージ

平成27年11月30日(月)の23:15〜の放送のTV朝日「ビートたけしのTVタックル」で当店で着物を洗い張りしている様子...

[ お知らせ ]

【動画】袷・単衣・夏物・留袖・男物長着などの着物の基本的なたたみ方

着物をたたむというのは、意外とできなかったり、めんどうだったりしますよね。今回は「今ひとつたたみ方がわ...

[ 着物のたたみ方 ]

【動画】振袖のたたみ方

今回はお約束どおり、振袖のたたみ方を動画でUPしました。振袖の場合、袖が長い分、その袖をどうあしらってた...

[ 着物のたたみ方 ]

【動画】長襦袢のたたみ方

今回は長襦袢のたたみ方を動画で解説します。着物はたためるけど、長襦袢のたたみ方がイマイチわからないとい...

[ 着物のたたみ方 ]

【動画】道行のたたみ方

今回は道行のたたみ方を解説していきます。道行と言われても、どんな着物なのかわからないという方もいらっし...

[ 着物のたたみ方 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ