コラム

2016-08-05

憲法改正の手続について,時事問題コラムに記事が掲載されました

憲法改正のための国民投票までの手続や
その問題点について,時事問題コラムjijicoに記事が掲載されました。

http://jijico.mbp-japan.com/2016/08/04/articles20892.html

参院選挙の結果,改憲勢力は,国会発議に必要な3分の2を獲得しました。
改憲が現実味を帯びてきましたが,何が問題になるのでしょうか。

憲法96条は,憲法の改正につき,国会で衆参各議院の総議員の3分の2以上の賛成を経た後(憲法改正の発議),国民投票によって過半数の賛成を必要とすると定めています。
その具体的な手続については,憲法改正国民投票法に定められています(平成22年5月18日施行,一部改正平成26年6月20日)。

憲法改正国民投票とはどのように行われるのか

憲法改正国民投票の主な流れを見ていきましょう。
①国会議員(衆議院は100人以上,参議院は50人以上の賛成が必要。国会法68条の2)により,憲法改正案の原案が提案されます。憲法改正案は,「内容において関連する事項」ごとに区分されることになっています。
②衆参各議院においてそれぞれ憲法審査会で審査された後,本会議に付されます。
③両院それぞれの本会議にて,3分の2以上の賛成で可決した場合,
国会が「憲法改正の発議」を行った,つまり,国民に提案したものとされます。
④国民投票は,③の憲法改正の発議をした日から起算して60日から180日以内に行われます。具体的な期日は,国会で議決されます。
⑤憲法改正案の内容について国民への情報提供として,国民投票広報協議会が設置されます(各議院の議員から10人ずつ選任)。
⑥憲法改正案に対し,賛成又は反対の投票をするよう勧誘する「国民投票運動」については,公務員・教育者に対する運動規制のほか,組織的多数人買収・利益誘導罪(罰則あり)などの規制が設けられています。
⑦国民投票は,憲法改正案ごとに一人一票となります。
⑧賛成投票の数が投票総数(無効票を除く)の2分の1を超えた場合に,憲法改正が国民によって承認されたことになります。最低投票率の規定はありません。

国民投票の問題点とあるべき形とは?

以下に国民投票を実施する段階で発生が予測される問題とあるべき形を紹介しておきます。

・憲法改正案は,「内容において関連する事項」に区分されているとしても,その基準はあいまいで,国民の意思が正確に反映されない虞があるとされています。
各項ごとの個別投票方式を原則とすべきです。

・国民投票運動への規制についても,法律の規定が不明確で,不必要に広範であるなど,自由な表現活動(表現の自由)を萎縮させる効果が危惧されています。
表現の自由が最も尊重されるべき場面であり,削除されるべきです。

・憲法改正の発議後,国民投票日までの期間が,国民が正確な情報を得て,よく考えて投票するには,短すぎるとの批判もあります。
イギリスのEU離脱の是非を問う国民投票の際も,投票の後になって「こんなはずではなかった」「情報が間違っていた」「再投票して欲しい」という声が聞かれたといわれています。
最短でも1年間に延長すべきです。

・最低投票率の規定がないことも,投票権者のほんの一部の賛成により,憲法改正が行われる事態も招きかねません。
例えば,投票率が40%の場合,投票権者の20%くらいの賛成で憲法改正が行われることになってしまいます。
最低投票率の規定を設けるべきです。

この記事を書いたプロ

あおぞら法律事務所 [ホームページ]

弁護士 中村伸子

福岡県福岡市中央区大名2丁目7番11号 斎藤ビル3階 [地図]
TEL:092-721-1425

  • 問い合わせ

このコラムを読んでよかったと思ったら、クリックしてください。

「よかった」ボタンをクリックして、あなたがいいと思ったコラムを評価しましょう。

0

こちらの関連するコラムもお読みください。

次のコラム >>
最近投稿されたコラムを読む
セミナー・イベント
費用について

初回は30分5,400円(消費税込み)です。多重債務相談は,初回30分に限り無料です。その他の相談におきましても,法テラスのシステムを利用して,相談料を立て替える...

相談・打合せのお時間

ご相談や打合せのお時間は,ご予約頂ければ,お客様のご都合に合わせて,平日夜間や土日なども可能です。まずは,当事務所まで,ご予約ください。092-721-1425

 
このプロの紹介記事
中村弁護士ー1

未来に禍根を残さず、依頼人と相手方の双方が満足できる解決法を模索(1/3)

「あおぞら法律事務所」は、福岡市地下鉄・天神駅から徒歩約3分。西鉄グランドホテル向かいのビル3階にあり、1989年に開設された実績のある法律事務所です。現在、5名のベテラン弁護士が在籍しており、中村伸子弁護士もそのひとり(他に若手の弁護士も...

中村伸子プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

離婚、遺産分割など家族に関わる事件に専門的に取り組んでいます

事務所名 : あおぞら法律事務所
住所 : 福岡県福岡市中央区大名2丁目7番11号 斎藤ビル3階 [地図]
TEL : 092-721-1425

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

092-721-1425

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

中村伸子(なかむらのぶこ)

あおぞら法律事務所

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
秘密を守る/女性弁護士による法律相談

弁護士は,相談者・依頼者から,ご自身にとって不利益な秘密も含めてさまざまな秘密を打ち明けてもらうことにより...

[ 法律相談 ]

離婚と住宅ローンの連帯保証人/女性弁護士による法律相談・福岡

「自宅マンションの住宅ローンは,夫が主たる債務者となって,私が連帯保証人になっています。離婚したら,私たち...

[ 離婚・財産分与 ]

DVと離婚原因/女性弁護士による法律相談

本日は,福岡県弁護士会でのDV被害者の方のための法律相談の研修に行ってまいりました。DV事案を数多く手がける女...

[ DV・離婚・男女関係 ]

離婚のとき親権の決め手になるのは/女性弁護士による法律相談・福岡

Aさんのご質問「離婚することになりました。子どもとは,絶対に離れたくありません。私はパート勤務で,公務員...

[ 離婚・親権 ]

離婚時年金分割

特に熟年離婚において,年金はどうなるの?年金分割って聞いたことあるけど。。。という,ご相談を受けることが...

[ 離婚・年金分割 ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ