プロフィール

得居裕江プロの一番の強み

風船でびっくり笑顔を作るお手伝いをいたします

風船、バルーンアートを子ども達、大人達の「びっくり笑顔」を作ることのできるコミュニケーションツールとして、様々なバルーンアートの事業を通じてご提案しています。

1993年、フリーランスの広告クリエーターとして、カルチャースクールでのPOP広告の講師、デザイン専門学校の非常勤講師、オリジナルデザインの看板制作などを始める。2000年、バルーンアートに出合い、アイキャッチ効果の高い風船を使った店舗装飾を行う。オリジナルのバルーン商品も手がけ、ネットショップで販売。バルーン教室の依頼も増え、ニーズの多様化とともに各種イベントを企画実施。中でも、風船を使ってのサイエンスショーは、子どもや大人に人気となる。
株式会社バルーンポップジャパン 代表取締役

  • 愛媛県しろかわ夢大賞発表会「バルーンアートがしたいな」
  • 24時間保育所ちびっこハウス プティット「保育士バルーンアート研修」
  • 福岡県内小学校「スーパー風船先生のとびっきり楽しい風船の授業」
  • なかまハーモニーホール「ワクワクバルーンワールド」
  • アクロス福岡 クラシックふぇすた 会場装飾
  • 岡垣サンリーアイ 文化祭 会場装飾 など
氏名 得居裕江(とくいひろえ)
屋号 バルーンポップ
事業内容 バルーンアート教室&出張講習
風船を使った体験参加型イベントの企画実施
風船を使った各種パーティー&イベント装飾
バルーンアート専門のネットショップ運営
名入れ風船(オリジナル印刷風船)制作
専門分野 スーパー風船先生のとびっきり楽しい風船の授業
風船を使った体験参加型イベントの企画実施
特徴 バルーンの専門家
○地球に優しいゴム風船を取扱う国際的バルーンネットワークQBN会員
○世界公認バルーンアーティスト認定資格CBA取得
○日本バルーン協会会員
 日本バルーン協会認定「バルーン業務安全管理エキスパート」
職種 バルーンアーティスト
住所 〒808-0136
福岡県北九州市若松区花野路3-7-2
電話 093-742-5406
営業時間 10:00~17:00
定休日 土日・祝日 ※イベントで出かけることが多い
ホームページ http://balloon-pop.co.jp
最近投稿されたコラムを読む
 
このプロの紹介記事
バルーンアーティストの得居裕江さん

バルーンアートの楽しさから、科学の不思議までを教える“スーパー風船先生”(1/3)

「風船はおまけでもらうもの。ポンポン叩いて遊ぶ子どもたちの遊びのツールと思っていませんか。いいえ、風船は子どもも大人も、皆をびっくり笑顔にしてくれるコミュニケーションツールです」こう語るのは、北九州市を中心に、バルーンアートや風船を使...

得居裕江プロに相談してみよう!

九州朝日放送 マイベストプロ

風船でびっくり笑顔を作るお手伝いをいたします

屋号 : バルーンポップ
住所 : 福岡県北九州市若松区花野路3-7-2 [地図]
TEL : 093-742-5406

プロへのお問い合わせ

マイベストプロを見たと言うとスムーズです

093-742-5406

勧誘を目的とした営業行為の上記電話番号によるお問合せはお断りしております。

得居裕江(とくいひろえ)

バルーンポップ

アクセスマップ

このプロにメールで問い合わせる
プロのおすすめコラム
バルーンでアーチを作る過程をご紹介
イメージ

風船を使ってアーチを作りたいけど、どうやって作るのですか?というお問い合わせをいただきます。なかな...

[ バルーンアートのお仕事より ]

バルーンがあるだけで、雰囲気が和らぎます
イメージ

研修セミナーの休憩コーナーに、バルーンをちょっとだけ置きました。数個あるだけでもずいぶん雰囲気が変わりま...

[ バルーンアートの使われ方 ]

風船配布に便利!紐と持ち手の重りが一体化した「どうぶつクリップ」
イメージ

ヘリウムガスを入れたぷかぷか浮かぶ風船。この風船配布は、販促集客に昔から効果的と大人気です。配布の際、...

[ 風船に使う便利グッズ ]

水色にもいろいろ
イメージ

弊社で取り扱っているQualatexのバルーンの中でいわゆる「水色」と呼ばれる色に、近いのも合わせると3カラーあ...

[ いろんなバルーン(風船) ]

風船のトンネルでワクワク感を高めます
イメージ

お客様からのお問い合わせて、「風船でアーケードみたいなものが作れますか」というのがありました。そういえば...

[ バルーンアートのお仕事より ]

コラム一覧を見る

スマホで見る

モバイルQRコード このプロの紹介ページはスマートフォンでもご覧いただけます。 バーコード読み取り機能で、左の二次元バーコードを読み取ってください。

ページの先頭へ